たびこふれ

カナダ・トロントで毎年恒例!Cabbagetownのフェスティバルに行ってきました。

記事投稿日:2019/10/12最終更新日:2019/10/12

Views:

9月に入ると一気に朝晩が冷え込むようになり、上着が手放せなくなってきました。日中はとても爽やかで気持ちが良い季節なのですが、気温の低下と共に夏が終わってしまうのかと思うと、まだまだ物足りない感じがします。

今回の記事では、2019年9月7〜8日に開催されたイベント「Cabbagetown Festival」に足を運んできたので、その様子をご紹介します。

目次

Cabbagetownとは?

まず始めに、Cabbagetownって何?というところからご紹介しますね。Cabbagetownは、トロント都心部の一部の名称です。

この地図で赤線に囲まれているところがCabbagetownです。都心部の北東に位置していて、地下鉄の駅はないもののレストランやお店が多く、古いビクトリアン調の佇まいの家が立ち並んでいるエリアです。

このエリアには、Riverdale Farmというこぢんまりとした農場があるのも有名です。毎日入場無料で一般開放されているので、何度か足を運んだことがあります。その名前は、1840年代に移民してきた貧しいマケドニア人・アイルランド人が前庭でキャベツを自家栽培していたことから由来していると言われています。

現在はその面影はないものの、今現在もCabbagetownという愛称で親しまれ続けています。

Cabbagetownのフェスティバルとは?

CAN201909_01.jpeg

トロントで行われるイベントは、道路を封鎖して行われるストリートフェスティバルが多く、Cabbagetownのフェスティバルもそのうちの1つです。でも、今回初めて訪れてみて、ここのは他とは違いユニークだなと感じました。なぜなら、主催者の異なる3つのイベントが、ストリート・公園で一斉に行われていたからです。

「Cabbagetown Festival」というストリートフェスティバル、「Cabbagetown Art & Crafts」という公園で行われたイベント、そしてその周辺住民が自宅の前庭を使ってガレージセール(いわゆるバザー)をするイベントが同じ日時に開催されていました。Cabbagetownのどこを見ても人だかり!お店が並ぶメインの通りはもちろん、閑静な住宅街までたくさんの人で賑わっていました。食べ物はもちろん、お土産になりそうな食品、衣類、骨董品などを買える場所、ダンススクールが無料レッスンを行っていたり、特設ステージでは生バンド演奏があったりと、誰でも楽しめるイベントでした。

見たもの・食べたもの

実際に見たもの・食べたものをご紹介しますね。

CAN201909_02.jpeg

CAN201909_19.jpeg

トロント在住の日本人で知らない人はいない、Gushiさんの唐揚げ。テリヤキ味を頼んだのですが、甘ったるすぎず、程よいにんにく風味が絶妙でした。もちろん揚げたてさっくさくです!考えただけで口が潤ってきてしまうほど、やみつきでした。

CAN201909_03.jpeg

CAN201909_04.jpeg

トロント在住カナダ人で知らない人はいない、超有名なTiny Tomのミニドーナツは、フェスティバルにほぼ欠かさず出店しているので、フェスティバルといえばTiny Tomのドーナツ!と連想する人も多いです。

オーダーが入るたびに揚げてくれるので、こちらも出来たてほくほくが食べられます。たっぷりすぎるほどかかったシナモンシュガーは、甘いですが揚げたてなので美味しいです!

CAN201909_06-thumb-700xauto-132564.jpeg

レストランやカフェの前にパティオ席が特設されており、外でお酒を楽しむ人たちが目立ちました。ご存知の方も多いかもしれませんが、カナダではパティオや家の庭以外では、外でお酒が飲めません。

CAN201909_08.jpeg

ハワイアンバーベキューのお店が出店していました。ハンバーガーやサンドイッチが大好きなカナダ人。このお店を含め、お肉をパンにはさんだものを販売しているベンダーが多かったです。食べ歩きしやすいし、お腹に溜まるしで好まれているのでしょう。

CAN201909_10-thumb-700xauto-132568.jpeg

あまりの行列だったので私は並びませんでしたが、マクドナルドも出店していました。なんとコーヒー、ラテ、モカ、ココアなどを無料で提供していましたよ。

CAN201909_11.jpeg

あまり身体には良くなさそうですが、子供を中心に大人気のアイススムージーはブルーベリー、わたあめ、いちご、バナナ、チェリーから好きなものを好きなだけ混ぜることができます。混ぜすぎるとわけのわからない味になるので、2種類くらいに留めておいたほうがよさそうです。

CAN201909_12.jpeg

家の庭や公園の横などの芝生のスペースで、バザーをしている光景がそこら中で見受けられました。

CAN201909_14-thumb-700xauto-132574.jpeg

Art & Craftsイベントでは、様々なユニークな作品・商品が所狭しと売られていました。これはショベルの鉄部分を、蝶やトンボの形に切った芸術作品です。

CAN201909_15.jpeg

オシャレな衣料品も置いてありました。子供服が抜群に可愛かったです!

CAN201909_16-thumb-700xauto-132578.jpeg

日本でおなじみの風鈴。まさかここトロントで見かけるとは思いもしませんでした。

CAN201909_17-thumb-700xauto-132580.jpeg

地元のアーティストたちが集合するArt & Crafts展は、毎回大賑わいです。

最後に

今回の記事では、先日行ったイベント「Cabbagetown Festival」についてご紹介しました。夏から秋にかけては、トロントではイベントが目白押しです!ぜひ1度、興味があったら足を運んでみてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
もも
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/10/12最終更新日:2019/10/12

Views:

カナダのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.