たびこふれ

温泉ソムリエ菅井が薦める宮城県、豪快!滝つぼの露天風呂、鬼首温泉郷、吹上温泉峯雲閣

記事投稿日:2019/09/29最終更新日:2021/03/15

Views:

宮城県、東の横綱と称される鳴子温泉。9つの泉質が一同に集まるまさに温泉のワンダーランド。その鳴子より北に12キロ、間欠泉のすぐそばにある、滝つぼの露天風呂が名物の峯雲閣へ。

目次

まずは鳴子温泉駅へ

まず東北新幹線の古川駅よりローカル線に乗り、鳴子温泉駅へ。

鳴子温泉駅

駅前には足湯があり、温泉のマップが目を引く。奥の細道、湯けむりライン!いい響き!

鳴子温泉郷マップ

鬼首までは車で30分ほど。近くには15メートルは吹き上がる間欠泉があります。

宮城 間欠泉の案内板

そして坂を下ると峯雲閣の看板が!すでに温泉の湯けむりが立っている。

いざ!峯雲閣へ

宮城 峯雲閣の案内板

着いた!峯雲閣。緑の中の素朴な佇まい。

宮城 峯雲閣

宿の入り口はとても重圧感があり、500年前の館を改造したものだそうです。

宮城 峯雲閣

10部屋ほどしかなく、秘湯にふさわい静けさです。

宮城 峯雲閣

それでは内湯と露天風呂へ!

こちらが帳場。廊下とほぼ同化している。改築をした面影が頷ける。

宮城 峯雲閣の廊下

いよいよ温泉へ。男女入り口が隣同士で、内湯、洗い場を経て、外に混浴の露天風呂、その先に滝つぼの野湯があるいう作りになっている。

宮城 峯雲閣の温泉入り口

こちらが内湯。大きなガラス越しに、混浴の露天風呂。その奥に滝つぼの露天風呂も望める。

宮城 峯雲閣の内湯

いざ露天風呂へ。階段を数段下ると混浴の露天風呂がある。

宮城 峯雲閣 露天風呂入り口

かなり広い、温度もちょうどいい。右側に自然石があり、左側は温泉の川です。

宮城 峯雲閣 露天風呂

いよいよ名物の滝つぼの露天風呂へ。
訪れた8月は、湯温43℃。熱いぬるい場所がありますが、基本は熱かったです。

宮城 峯雲閣 滝つぼの露天風呂

毎年5月~10月が適温との事です。
自然の事なので宿に温度を聞いてみるのもありですね。

宮城 峯雲閣 滝つぼの露天風呂

入り口は浅いですが、滝つぼ付近まで行くとしっかり深さがあり、座れば肩まで浸かれます。

宮城 峯雲閣 滝つぼの露天風呂

私は当然ながら入りました!
雨が降ったり、小雨でも長く続くと湯温はマイルドになるそうです!雨が恋しい温度!

宮城 峯雲閣 滝つぼの露天風呂

滝つぼより座って宿側を望む。まさに緑の中の露天風呂。

宮城 峯雲閣 露天風呂

日が暮れた滝つぼ露天風呂。滝の勢いは衰えることを知りません。

宮城 峯雲閣 滝つぼの露天風呂

分析表。源泉が82.8℃。これは雨の恵がほしいところですね。

宮城 峯雲閣 温泉成分分析表

良い温泉には良い食事

この日の夕食。鯉のあらいと、鮎の塩焼き、牛の陶板焼きが目を引きました。

宮城 峯雲閣の夕食

こちら高原ラガー、鳴子の風!そう鳴子はこけしが有名です。

宮城 峯雲閣 鳴子の風ビール

朝食です。素朴な感じ。やはり温泉たまごはありがたい!

宮城 峯雲閣の朝食

平面図。泊まった部屋はマーカーで塗ってある竹の間でした。

浴場まで5歩くらいで行きます!

宮城 峯雲閣の平面図

お部屋からは庭園が眺められ、虫の音色が響いていました。

宮城 峯雲閣 部屋からの眺め

最後にこちらがフロント横の飲みものコーナー!外からは取れず、宿の方にお願いします。

宮城 峯雲閣の フロント横の飲み物コーナー

滝の音、虫の音を聞きながら、自然にしたる、森の中の静な1軒宿でした。

吹上温泉(鬼首温泉)峯雲閣

  • 住所:〒989-6941 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上16
  • 電話番号:0229-86-2243
  • 日帰り入浴:500円/10:00~13:00
  • お風呂:男女別内湯 混浴露天風呂 混浴の滝の温泉(5月~10月)

泉質について

  • お湯の色:無色透明
  • 泉質:ナトリウム-塩化物泉

>>鳴子温泉郷観光協会サイト「鬼首温泉」の情報はこちらから

※当記事は2019年9月に執筆したものです。ご利用される際には、最新情報の確認をお願いします。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
菅井 圭司(すがいけいじ)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/09/29最終更新日:2021/03/15

Views:

宮城のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.