たびこふれ

スペイン第3の都市バレンシアの旧市街でおさえたい6つの観光スポット

記事投稿日:2019/09/27最終更新日:2019/09/27

Views:

スペイン第3の都市バレンシアは、マドリーやバルセロナに比べるとグッと規模が小さくこじんまりしている上、治安もよく、とても過ごしやすい町です。日本人ツーリストにとっては主要観光地ではないので、寄るとしても1~2日の方が多いかもしれません。

今回はバレンシアに来たらおさえておきたい中心部にある6つの観光スポットをご紹介します。

目次

1. キリストの最後の晩餐で使われた聖杯を有する大聖堂

バレンシアの大聖堂は、13世紀に建築が始まったが、その後も改修に改修を重ねて今に至ります。そのため、全部で3つある出入口もロマネスク様式、ゴシック様式、そしてレイーナ広場に面して現在使われているバロック様式とそれぞれ違うことが特徴として挙げられます。入場料にはオーディオガイド代金が含まれていて、嬉しいことに日本語があるのでじっくりと解説を聞きながら見学ができます。見どころとしてオススメなのは、キリストの最後の晩餐で使われた聖杯です。キリストの聖遺物は世界中にあれこれとあるものの、これはバチカンのお墨付き。必見ですね。

Photo1.jpg
<大聖堂の宝である聖杯は二重のガラスでしっかり守られています>

またバレンシア生まれの聖人フランシスコ・デ・ボルハの礼拝堂には、あのゴヤが聖人のエピソードを描いた絵画が2点飾られていますのでお見逃しなく。

Photo2.jpg
<両脇に飾られているのがゴヤの作品といわれています>

2. バレンシア市民の厚い信仰を集めるデサンパラードスの聖母聖堂

大聖堂に隣接し、聖母広場に面したサーモンピンクの建物は、バレンシア市民にもっとも愛される聖母デサンパラードの聖堂です。

Photo3.jpg

小さな聖堂ですが天井画がすばらしく、見応えがあります。バレンシアの守護聖母ということもあり1日に何度もミサが行われているので、最中は参列者の邪魔にならないようにご注意ください。

Photo4.jpg

3. 陶器と貴族の暮らしの両方を楽しめる陶器博物館

中世から陶器産業が盛んだったバレンシアには、国立陶器美術館があります。大理石にすばらしい彫刻がほどこされたチュリゲラ様式の入り口にまず目を見張ることでしょう。ここは、もともとはドス・アグアス公爵のお屋敷だったのです。3階が陶器博物館になっており、時代による陶器の変遷を見ることができます。順路の最後の20世紀コーナーには、ピカソの作品も飾られています。

Photo5.jpg
<ピカソの陶器作品も展示されています>

18~19世紀にお金持ちの家にあったという、陶器をふんだんに使用したバレンシア風キッチンは見ものです。

Photo6.jpg

そして2階では、当時の貴族の住まいを再現しています。数々の調度品や装飾に目を奪われること間違いありません。一粒で二度おいしい美術館です。

Photo7.jpg

国立陶器美術館:http://www.culturaydeporte.gob.es/mnceramica/home.html

4. 欧州でも有数の規模を誇る中央市場

築約100年のバレンシアモデルニズムの中央市場は、床面積8,000m2の広さを誇ります。一歩足を踏み入れると、そこは食の宝庫!!生ハムやチーズ、果物、ナッツなど量り売りなので、味見程度に少量でも買えることが嬉しい。近年観光かも進みましたが、まだまだ地元の人が大勢買い物に来る市場です。2時を過ぎるとほとんどのお店が閉まるので、行くならお昼ご飯前に。

Photo8.jpg

市場内には、バレンシアのミシュランシェフ、リカルド・カマレナがプロデュースしたバルがあり大人気です。

Photo9.jpg
<並ばずに座れたらラッキーなセントラル・バル>

バレンシア中央市場:https://www.mercadocentralvalencia.es/

5. 世界遺産に登録されたラ・ロンハ

1996年に世界遺産に登録されたラ・ロンハは15世紀後半につくられた商取引所で、重厚なゴシック様式の建物です。入場してすぐのオレンジの中庭、海の領事の間、塔、そして柱のサロンなどがあります。サロンの天井の高さは約16mで、椰子の木のような螺旋状の柱が並ぶ様子が圧巻です。

Photo10.jpg

ラ・ロンハ:https://www.visitvalencia.com/que-hacer-valencia/cultura-valenciana/monumentos-en-valencia/lonja-seda

6. 天井画が美しい小さな教会

長い修復期間を経て数年前に生まれ変わったサン・ニコラス教会は、バレンシアの新たな観光スポットです。小さな教会なのですが、天井画はため息が出るほどの美しさ!!今では訪れる人が絶えません。入口がわかりにくいのですが、Calle Caballero(カバジェロ通り)に面しています。

Photo11.jpg

サン・ニコラス教会:http://www.sannicolasvalencia.com/

最後に

いかがでしたでしょうか。どこも中心部にあるので朝早くに中央市場からスタートすれば、1日で全部まわることも不可能ではありません(もっとも距離があるのはサン・ニコラス教会と陶器美術館間ですが、徒歩10分以下。大聖堂と聖母聖堂は隣同士、中央市場とラ・ロンハはお向かいです)。もちろん本音を言えば、ビーチにパエリアを食べに行ったり芸術科学都市まで足を延ばしたり、もっとのんびりじっくりとバレンシアを楽しんで頂きたいところ。

スペイン旅行の際にはぜひバレンシアをご訪問くださいね。

【写真提供】
バレンシア市観光局 ©TVCB, Valencia. Todos los derechos reservados. www.visitvalencia.com

プロフィール画像
この記事を書いた人
田川敬子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/27最終更新日:2019/09/27

Views:

スペインのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.