たびこふれ

【新潟】山古志の闘牛は勝敗をつけない闘い

記事投稿日:2019/09/07最終更新日:2019/09/12

Views:

目次

山古志(やまこし)の闘牛

新潟県長岡市の山古志(やまこし)地区には国の重要無形民俗文化財に指定されている闘牛が今も開催されています。現地では「闘牛」と呼ばず「牛の角突き」と呼んでいます。僕は毎年8月の長岡まつり大花火大会観賞の際に、この牛の角突きも観ています。

『牛の角突きは、新潟県(長岡市山古志地域と小千谷市東山地域)で、脈々と受け継がれてきた闘牛です。古くは神事として、江戸時代、滝沢馬琴(曲亭馬琴)が書いた『南総里見八犬伝』にも記されているように、非常に古い歴史があります。また、国内では新潟を含む6地域(沖縄、鹿児島県徳之島、愛媛県宇和島、島根県隠岐の島、岩手県久慈)の9市町で闘牛が行われています。』【パンフレットより引用】

DSC04973.JPG

山古志闘牛場をご案内

山古志闘牛場には駐車場が完備されています。料金は無料です。

DSC04967.JPG

山古志闘牛場へのアプローチに闘牛に関する説明があります。

DSC04969.JPG

この坂を上がれば闘牛場です。

DSC04968.JPG

2004年10月に発生した中越地震の際は、この山古志も大きな被害が出ました。

DSC04971.JPG

来るたびに、このメッセージを見て胸が熱くなります。

『帰ろう 大好きな山古志村に帰ろう 時間がどんなにかかっても帰ろう 皆んなで力を合わせて帰ろう がんばれ!!』

※当時は長岡市ではなく、山古志村でした。

DSC04972.JPG

坂を上がりきると入場券売り場のテントがあります。入場料は一人2,000円(高校生以上)です。こちらで当日の取組表をいただきます。さらに進むと取組前の牛たちがその時を待っています。

DSC04974.JPG

牛は1トンを超えます。

DSC04979.JPG

こうやってみると迫力がありますね。

DSC04978.JPG

ポニーもいました。子供たちのアイドル的な存在です。

DSC04977.JPG

地元・山古志では大切な習俗でもあります。

DSC04975.JPG

記念碑には酒がお供えされていました。

DSC04980.JPG

山古志闘牛場

周囲に観客席が配置されています。一部2階席もあります。席は自由席ですが、夏場は熱中症に要注意です。

DSC05013.JPG

DSC05014.JPG

DSC05015.JPG

闘牛ではない牛の戦い

『牛の角突きの最大の特徴は「引き分け」を原則としている点です。これは家族の一員として大切に飼育している牛を勝敗が決するまで闘わせることにより、大きなダメージ(肉体的・精神的)を負う前に引き分けにし、牛を傷つけることを極力避けるようにしているからです。』【パンフレットより引用】

DSC05016.JPG

牛の角突きの技

『かけ:自分の角で相手の角を掛ける技で、角突きの一番基本の技です。ここから持ち上げたりねじったりして攻めていきます。また、牛は自分の角の形を良く知っているもので、上から相撲の小手投げのように角を使う牛もいます。』【パンフレットより引用】

DSC04981.JPG

『まくりあい:お互いが相手を横から攻め込もうとして、首の奪い合いをすることです。まくりきった牛が横から攻めていきます。非常に動きが早く、牛がこんなにも早く動けるかと感じてもらえる技です。』【パンフレットより引用】

DSC04983.JPG

『首をあずける」相手の押し込みを首の柔らかさと全体重で受ける技です。相手のスタミナを奪うための戦術として使う牛もいます。受けているだけではなく、首を返して押し込みを狙うこともあります。』【パンフレットより引用】

DSC04982.JPG

取組の一番を画像にて紹介します!

牛が勢子(せこ)に先導され入場してきました。

DSC04988.JPG

角を付け合せ、ロープを外され闘いが始まります。

DSC04989.JPG

勢子たちの掛け声に奮起して牛が前へと進みます。

DSC04990.JPG

お互いに技を掛け合いながら相手の出方を伺っています。

DSC04991.JPG

ゴツンと頭がぶりかりました!

DSC04992.JPG

時折ゴツンと鈍い音が会場に響き渡ります。

DSC04993.JPG

さぁ勝負と前に出ます。

DSC04994.JPG

お互いに一歩も引きません。

DSC04995.JPG

勢子が近寄り、声を掛けます!

DSC04996.JPG

首を右に左に振りながら前に進もうとします。

DSC04997.JPG

お互いに踏ん張ってさらに前に進もうとします。

DSC04998.JPG

牛も人も駆け引きが続きます。

DSC04999.JPG

さぁ、ここでストップ。牛を引き離しにかかります。

DSC05000.JPG

足にロープを掛け、勢子が引き離します。それでも牛は前に出ようとします。牛の最大の弱点である鼻に手とロープを突っ込むとようやく牛はおとなしくなります。

DSC05001.JPG

取組のラストを動画で紹介します!

最初の取組は若くて経験の浅い牛。ラストはベテランの牛による角突きになりますので、見ごたえがあります。動画は、勢子がマイクで実況しているのが録音されているので、とても分かりやすいです。
ぜひ最後までご覧ください!

会場の天井にも注目してください!

奥の屋根付き席の天井をご覧ください。

DSC04985.JPG

山古志の人々の思い、そして支える人たちの希望が木版で貼り付けられています。

DSC04986.JPG

DSC04987.JPG

DSC04984.JPG

山古志 牛の角突きの詳細

  • 場所:新潟県長岡市山古志南平乙986(山古志闘牛場にて)

DSC05005.JPG

  • 開催期間:毎年3月頃から11月頃まで年15回前後開催しています。
    詳細は下記ブログにて。※雨天決行

DSC05012.JPG

  • 開場:10時
  • 開始:13時
  • 終了:16時頃
  • 料金:2,000円(高校生以上)
  • 駐車場:有り(無料)
  • 山古志 牛の角突きブログ:http://tsunotsuki.main.jp/

山古志は日本の原風景が広がっています!

説明不要!日本の原風景がここにはあります!

DSC04806.JPG

DSC04819.JPG

DSC04813.JPG

この牛の角突き...実は長岡まつり大花火大会にも関連しています

フェニックス号という牛がいたり、長岡まつり大花火大会の日にも山古志では牛の角突きが開催されているからです。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/07最終更新日:2019/09/12

Views:

新潟のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.