たびこふれ

ラオスで一番人気の観光地ルアンパバーンは何度訪れてもまた行きたくなる街並み

記事投稿日:2019/09/21最終更新日:2019/09/21

Views:

日本から直行便はありませんが、首都ビエンチャンを経由しなくてもハノイやバンコクから1時間半ほどで行くことができる北部の街ルアンパバーン

飛行機からルアンパバーンを見下ろせばわかるように、メコン川とカン川に囲まれた小さな街で、寺院などの伝統的な建物とフランス統治下時代に建てられたコロニアルスタイルの建物の街並みが、1995年にラオスで初めてユネスコの文化遺産に登録されました。

今回はルアンパバーンの魅力をご紹介します。

目次

何度も訪れたくなる魅力とは?

lao1908_02.JPG

私は、仕事や休暇で10回以上訪れたことがありますが、何度訪れてもまた行きたいと思うのは、趣ある寺院や街並みが美しさはもちろんのこと、車やバイクが少なく静かで、マイペースに歩いて回れること。

ラオスで一番有名な観光地ではありますが、お店が多過ぎず、レストランやカフェ、お買い物ができるショップが程よくあるので、街歩きやショッピングが楽しめます。

また、博物館や文化的なものを書き残した書物が少ないラオスですが、ルアンパバーンは、ラオスの文化を大切にし、伝えようとしている貴重な場所です。

ここに暮らす人たちも、ルアンパバーンのことをとても大切に想っているのが感じられます。元々は、首都が置かれたいた場所だということもあり、なんだか京都に似ていますね。

オススメの過ごし方

lao1908_003.JPG

私は、観光地らしい場所をたくさん巡るより、昼間の暑い時間帯は、ホテルのプールやスパでのんびり過ごし、午前中や夕方の涼しい時間に街歩きを楽しむのが好きです。

ホテルやゲストハウスも数が多く、安宿から高級ホテルまでさまざまなので、休暇の時はそんな過ごし方ができる、ちょっといいホテルを予約します。日本では、なかなか泊まることができないスイートでも、とってもリーズナブルに泊まれるんです。

ほとんどの宿は、宿泊料が部屋単位の料金なので、人数が多ければお得です。

lao1908_04.JPG

また、メコン川の遊覧や、ランチ・ディナークルーズもあり、メコン川を渡ってみるのも楽しいです。

寺院

lao1908_05.JPG

街を歩くと、この小さな場所にたくさんの寺院がぎゅっと集まっていることに驚きます。

ルアンパバーンにある寺院は、派手な装飾が施された寺院というよりも、個性ある古い寺院が多いです。仏教のことがよくわからなくても、メインストリート沿いにあるWat Sensoukharam(ワット・セーンスカラム)の赤に金色のステンシル画や、Wat Xiengthong(ワット・シェントーン)のモザイク壁画を観て回るだけでも、十分楽しめます。

lao1908_06.JPG

寺院建築も他の地域と違って屋根の反りが特徴的だったり、装飾も美しいので、散策ついでにふらり立ち寄ってみるといいですよ。

lao1908_07.jpg

また、ルアンパバーンといえば、早朝の托鉢(たくはつ)。寺院がたくさんある分、托鉢のための僧侶の列が長く続き、日が昇る前の薄暗い静けさの中で、古い建物をバックに托鉢が行われます。早起きして寺院近くに行けば、見ることができます。

ラオスといえば、織物

lao1908_08.JPG

市街地の外れにあるOck Pop Tok(オーク・ポップ・トック)のLiving Craft Centreでは、染織り体験や籠編み体験ができます。

その中でも、日本の草木染めにはない、南国ならではの鮮やかな草木染め体験は、手軽に自分だけのお土産物を作ることができてオススメです。

lao1908_09.jpg

クラフトや暮らしについて学べる「Traditional Arts Ethnology Centre(TACE)」は、北部を中心とした少数民族のことが学べる博物館で、それぞれの民族衣装や暮らしについての展示を丁寧なキャプションと共に紹介していて、小さいながらにラオスで一番しっかりと展示している場所。必見ですよ。

lao1908_10.JPG

街中には、ラオスの織物を使ったさまざまなクラフトショップもあります。

ルアンパバーン近郊では、コットン織物が多く作られていて、ビエンチャンよりもたくさんあるので、ぜひお気に入りものもを見つけたら、ルアンパバーンで購入を。

Ock Pop tok

Traditional Arts Ethnology Centre(TACE)

北部の料理

lao1908_11.JPG

ルアンパバーンに行ったら、いつも楽しみにしているのがラオス北部の料理。

肉味噌の入った麺料理「カオ・ソーイ」、川苔の「カイペーン」、煮込み料理の「オー・ラム」など、北部料理をお試しください。

lao1908_12.JPG

私は、メインストリート沿いにある「Coconuts Garden(ココナッツ・ガーデン)」がお気に入り。

メニューも豊富でどれもおいしく、外国人にも食べやすいように辛さ控えめなのも嬉しいです。

Coconut Garden

lao1908_13.JPG

また、メコン川沿いにある「Saffron Coffee(サフロン・コーヒー)」は、ルアンパバーン近郊の村で栽培しているコーヒー豆を使った珍しいコーヒーが楽しめます。

街歩きに疲れたら、ぜひ立ち寄って欲しいです。

Saffron Coffee

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hyma
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/21最終更新日:2019/09/21

Views:

ラオスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.