たびこふれ

【メキシコのスピリッツ】テキーラだけじゃない!メスカルツアーで見たもの・感じた伝統への想い

記事投稿日:2019/09/23最終更新日:2019/09/23

Views:

メキシコのお酒といえば何が思い浮かぶでしょうか?

日本で有名なのは、ビールのコロナもしくは、パーティーで飲むテキーラかと思います。しかし、メキシコにはもっとディープなお酒があるのをご存知でしょうか。

以前の記事"メキシコ文化がぎゅっと詰まったオアハカのユニークな伝統料理とお酒"でも少し紹介しましたが、私が2ヶ月ほど滞在しているオアハカには、メスカルと呼ばれるお酒があります。

今回、メスカルをディープに知れるメスカルマスターが主催するツアーに参加させてもらったので、その時の模様とともに、メスカルの魅力をお伝えします。

目次

はじめに、メスカルとは?

メスカルと一言で言っても、種類は様々。基本的なメスカルの定義は、アガベと呼ばれるリュウゼツランという植物から作られる強いお酒です。

メキシコを旅していると、このアガベがそこら中に生えていて、サボテンと同じようにメキシコ独特の風景を作っています。風景の写真を撮っていても、面白い部分の1つです。

もともと、アガベから取れるアルコール度数の少ないお酒を飲んでいた先住民族たちが、スペイン人が来た後に蒸留の仕方を学び、そこからメスカルが作られ始めたそうです。

mxc1908-02.jpg
<アガベをオーブンで焼いた後。大きな鉈で、小さく切り刻んでいきます>

メスカルとテキーラの違いは?

では、メスカルとテキーラの違いは何でしょうか?

もともとテキーラはメスカルの1種で、メスカルはテキーラの母と呼ばれています。
そして、テキーラは1つの種類のブルーアガベからしか作られないのに対し、メスカルは様々な種類のアガベから作られます。

他にもいろいろな違いがありますが、ここで書き出すとめちゃくちゃ長くなってしまいますので、今回は割愛します。

mxc1908-03.jpg
<私の滞在しているホステルのオーナーが作っているメスカル!オアハカでしか手に入りません。バッタのおつまみと一緒に撮影してみました。深みがあって、とても美味しいメスカルです>

オアハカのメスカル生産地マタトランへ

mxc1908-04.jpg

さて、オアハカを歩いているとメスカレリアと呼ばれるメスカルを得るお店が多数存在しています。

大体のお店で試飲をさせてもらえるし、どこのレストランやバーに入っても大体置いてあるのがこのメスカル。それくらい有名で一般的なのです。

そして今回訪れた、オアハカのダウンタウンから車で1時間ほどの場所にあるマタトランという場所は、メスカルの工場が集まるエリアです。

メスカルマスターのアントニオが主催するツアーに参加して、いくつかの工場をまわり、作業工程や見たこともないメスカルを作るための装置などを見ることができました。

伝統的な作り方

mxc1908-05.jpg

メスカル工場を見せてもらっている間に特に印象的だったのは、馬が石でできた大きなタイヤを引いて、メスカルの原料となるアガベをつぶしていた光景が見られたところです!

機械化が進む今、こうして今でも昔ながらの製法を守って手作りで作られているのはとても感動的でした。

テキーラはほとんど機械で作られている工業製品ですが、メスカルはほとんどが手作りと言う話も聞ました。だから、テキーラは大量に安価な値段で、世界に出回っているのですね。

メスカル飲み比べ・飲み方

mxc1908-06.jpg

いくつか工場をまわった後で、メスカルの試飲もさせてくれました。

アガベの種類や、製造工程によっても全然香りが違うのが面白い部分で、中には芋虫のようなアガベにくっつく虫を入れたようなものまでありました。

メスカルの飲み方は、基本的にはストレートで飲みます。

テキーラのようにショットで一気に飲むわけではなく、少しずつ味を味わいながら飲んでいきます。教えてもらったのは、初めに匂いを嗅いで、その後で舌の下に入れて、その後でゆっくりと舌の上で味を確かめます。

「メスカルを飲むときは、キスをするように。」という有名な言葉もあるくらいです。ラテンらしくロマンチックですね。

そして、写真のような表が渡されて、そのメスカルの味を語り合います。

ここまでのことが出来るのも、今回ツアーのガイドをしてくれたアントニオが、メスカルマスターの資格も持っているほど、メスカルへの愛が凄いから。

アントニオは個人でツアーを開催していて、普通のツアーでは行けないような場所にまで連れて行ってくれました。

最後に

mxc1908-07.jpg

毎年7月には、ゲラゲッツァと呼ばれるメキシコで最大のお祭りもありました。

そのお祭りの中でメスカルフェアも開催され、大きな建物の中でたくさんのメスカルブランドが並べられていました。

最近は日本でもメキシコブームらしいですが、ぜひ一度メキシコに足を運んで、現地の情熱を感じに来てください!

プロフィール画像
この記事を書いた人
Ai Nishino
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/23最終更新日:2019/09/23

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.