たびこふれ

オランダの白アスパラガス「White Gold」を求めて旅をする

記事投稿日:2019/09/03最終更新日:2019/09/03

Views:

オランダで自慢できる食材は何?と聞かれると、ほとんどのオランダ人は「白アスパラガス(White Aspragus)」と応えます。日本では野菜売り場に並ぶアスパラガスの9割ほどが「緑」でもあり、連想されやすいのはグリーンアスパラガスではないでしょうか?

日本でも少量ではありますが「ホワイトアスパラガス」は生産されていますが、缶詰用が多く、年中購入できるものとして取り扱いが行われております。日本の食卓では「ホワイトアスパラガス」=高価な食材というのが一般的な感覚かもしれません。

ここオランダでは、「アスパラガス」の生産量の約7割近くが「ホワイト」かつ「生食用」として生産されており、日光を浴びて育つグリーンアスパラガスに対して、「黄金のホワイト(White Gold)」と称される美しい色を保つため、土を盛り、日光が当たらないように土の上に黒いシートをかけて栽培されます。

今回はそんなオランダの白アスパラガスを紹介します。

目次

「White Gold」は食卓の王様

Aspara1907_002.jpg

ホワイトアスパラガスを一口噛むと、フワリと優しい匂いが立ち込めます。そして次に続くは、茎の先に残る多少の苦みを感じさせつつも、ほのかな甘みを持つ栄養たっぷりの溢れんばかりのジューシーなテイストです。日頃の喧騒の中で疲れた身体が、新鮮なアスパラガスで浄化されていく感覚が体感できます。

オランダでは、春から初夏にかけてテレビや新聞紙上にて「アスパラガス収穫」や「ホワイトアスパラガスのレシピ公開」といったニュースがよく流れています。特に「ホワイトアスパラガス」の熱狂的なファンが多いのが、お隣のドイツ、ベルギー、フランスなどの国々です。

オランダでは、2019年春から初夏にかけては1,800万キロ以上が生産され、質の高いホワイトアスパラガスの生産国として、隣国ドイツから、最高の逸品を求めて、オランダ南部の農家直営マーケットに足を運ぶ人々も多くいると聞いております。正にオランダの「White Gold」は食卓の王様といっても過言ではないのです。

リンブルグ州はWhite Goldのメッカ

Aspara1907_003.jpg

オランダ南部、フェンロー(Venlo)からマーストリヒト(Maastricht)までの地域(リンブルグ州)には丘陵地帯が広がり、白アスパラガスの一大生産地となっています。アスパラガスの育て方から調理法まで体験できる施設も点在し、昔からの伝統で4月の第2木曜日からホワイトアスパラガスの収穫が始まります。

まだまだ観光で日本から「アスパラガス掘り」を体験に来るようなツアーは少ないですが、ここオランダ在住の日本人は、観光バスをチャーターしてアスパラガスの生育の歴史や、農業体験、出荷工場見学などを地元の生産者の協力でさせていただき、採れたての白アスパラ料理を堪能しています。まさに!生産地で食べる「White Gold」の白アスパラガスの料理は新鮮で良き思い出となると聞いております。

体験してみたい「アスパラガス・サイクリングルート」

Aspara1907_004.jpg

リンブルグ州には、見学を受け入れているアスパラガス生産農家があることはお伝えしましたが、美味しいアスパラガス料理を提供するレストランをつなぐ「アスパラガス・ルート」と言われるサイクリングルートがあります。

このサイクリングルートのひとつはArcenを出発し、GrubbenvorstとLottumを通り、途中で昔ながらの農家を改築したオランダ・アスパラガス&マッシュルーム・ミュージアム(Museum de Locht/Broekhuizerdijk 16D Melderslo)を通ります。Grubbenvorstにあるレストラン「In de Witte Dame(オランダ語で白い貴婦人)」はアスパラガス料理でも有名であり、Martens Asperges B.V.では掘りたてのアスパラ料理も堪能でき、又、ショッピングも楽しめます。

ここリンブルグ州では春から初夏にかけて白アスパラ以外にもいちご、トウモロコシなどの新鮮な食材を購入することが出来ますので、機会をみつけて訪問し、アスパラ掘りなど体験されてみてはいかがでしょうか?

アスパラガスの調理方法

Aspara1907_005.jpg

オランダでの主な食べ方は、フレミッシュ式(Asperges op zijn Vlaam)と呼ばれる食べ方。ゆで卵をそぼろにしたものをホワイトアスパラガスに散らし、レモンバターソースをかけ、ゆでたハムを添えます。

また、それをもっとクリーミーに仕立てたのがオランダ式(Hollandaise)も人気。これらのアレンジはオランダ以外の近隣諸国でもこのように呼ばれます。

ホワイトアスパラガスをメインディッシュとして食べる他に、ホワイトアスパラガスのポタージュスープもあります。これがまたホワイトアスパラの甘みがほのかに香り、クリームのまろやかさと相まってなんとも言えず美味なのです。日本からの旅行者にお薦めなのがアスパラガスのスープです。パウダー状のカップスープから缶詰、レトルトまで幅広くスーパーマーケットでどこでも手に入ります。オランダの春の味を日本の友人や家族に伝えられるお土産として喜ばれております。

Aspara1907_006.jpg

お役立ち情報

ホワイトアスパラガスの季節

  • 期間:5月から6月中旬(その年の気候により変動ありますが最終は6月10日前後です)

アスパラガス料理を提供するレストラン

  • オランダ各地のレストラン
  • 値段:15ユーロから35ユーロ
プロフィール画像
この記事を書いた人
佐藤純治
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/03最終更新日:2019/09/03

Views:

オランダのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.