たびこふれ

旅の記念に!運試しに!気軽に楽しめる台湾ロトに挑戦

記事投稿日:2019/09/12最終更新日:2019/09/12

Views:

街のあちこちで見かける「台湾彩券」や「公益彩券」の看板。実はこれ、台湾で人気を集める宝くじのスタンドなのです。当選金額が高額なものから、少額ながら当たる確率の高いものまで種類はいろいろ。気軽に楽しめる台湾ロトで、夢を買う方法をご紹介します。

目次

台湾ロトとは?街でよく見るこの看板が目印

台湾ロトの歴史は、日本ほど長くはありません。ギャンブルが禁止されている台湾で、政府公認となって以降、街のあちこちに販売所が設置され、すっかり市民権を得るようになりました。販売は社会的弱者によって行われ、利益は社会福祉や慈善活動にまわるので、宝くじを買うことは、社会貢献にも繋がります。そう考えると、ギャンブルをしているという意識はなくなりそうですね。

Taiwan08-2.JPG

運試しに挑戦してみたい!という方は、「台湾彩券」や「公益彩券」と看板を掲げる販売所へ行って購入してみましょう。ここで購入できるのは、ロト式とスクラッチ式の2種類。それぞれ、いろいろな種類がありますが、最もポピュラーなのは、ロト式の「威力彩」と「大樂透」です。もちろん、旅行者も購入することができますが、18歳未満は買うことができませんのでご注意を。

Taiwan08-3.JPG

ロト式の「威力彩」を買ってみる

それでは、さっそく販売所にて宝くじを買ってみます。今回は「威力彩」に挑戦してみることにしました。なぜなら、当選金額が8億元と高く、お金に目が眩んだからです。

Taiwan08-4.JPG

ルールは、簡単。

「威力彩」の用紙を取り、1~38まで数字が並ぶ第一區の中から6つ、1~8まで数字が並ぶ第二區から1つを選んで塗りつぶします。ひと口100元で、1枚の用紙で、5口分まで購入することができます。

「快選」を選ぶと、パソコンがランダムに番号を選んでくれます。全部お任せというのもOKですが、例えば3つ選んで残りを「快選」で選んでもらうというのも可能です。「作廢」は無効という意味なので、書き損じた時に塗ります。

Taiwan08-5.JPG

記入が終わったら、受付に出してレシートをもらいます。縁起のいい赤い袋に入れてもらって夢を買ったら、あとは発表を待つのみ。

「威力彩」の発表は、毎週月曜と木曜の8時半ごろから、テレビ番組で見ることができますが、公式サイトや翌日の新聞、または売り場にて確認することもできます。

Taiwan08-6.JPG

もう一方の「大樂透」の遊び方も、ほとんど同じです。こちらはひと口50元で、第一と第二の区分けはありません。下の方に「多期投注」というのがあり、これに印をつけると選んだ回数分、同じ数字で抽選に参加することができます。

当選したらどうしよう!

「威力彩」の場合、1等に相当する頭奨から、10等に相当する普奨まで、当選人数で金額をシェアするシステムになっています。当選者がいない場合は、キャリーオーバーに。

換金場所と方法は、2,000元未満と2,000元以上で異なります。3か月以内に換金しましょう。

  • 2,000元未満の場合

売り場もしくは、中國信託商業銀行、または指定の銀行窓口にて換金できます。

  • 2,000元以上の場合

中國信託商業銀行、または指定の銀行窓口にて、パスポートなどの身分証明書の提示が必要となります。また税率20%の税金が当選金額にかかります。

「威力彩」を買ってから、そわそわしながら、あたったら何を買おうか...考えつつ開票のその時を待っていたのですが、開票はあっという間。私が買った2口のロトは、1つの数字しか当たっておらず、現実を目の当たりにする結果となりました。

スクラッチ式の宝くじを買ってみる

ロト式の宝くじの他に、スクラッチ式の宝くじも種類が豊富です。安いものは100元から購入でき、その場で当たりはずれがわかります。

私が購入したのは、当選率50%と高いこちら。

大きいちまきと小さいちまきの部分を削り、いくつか金額が出てくる中で、一番高かった金額が当選金額になるというシステムです。

Taiwan08-7.JPG

初挑戦となる今回は、100元のものを買ってみました。そして結果は...というと、100元GET!!つまり、プラスマイナス0ということでした。そうすると、また挑戦したくなり、病みつきになるのもよく分かります。

Taiwan08-8.JPG

台湾ではレシートも宝くじに!?

旅行者も気軽に楽しめる宝くじですが、台湾では普段お店などで発行されるレシートにも、宝くじとしての機能が付いています。台湾のレシートには、長くて色付きの「収銀機統一發票」とQRコード付きの「電子發票證明聯」の2種類があります。どちらにも、上の方に「〇月~〇月」という発行期間と、アルファベット+数字の暗号が記載されています。

当選番号の発表は、2か月ごとに区切られる発行期間の翌25日に行われ、公式サイトや翌日の新聞にて確認することができます。一等にあたる特別奬は、なんと1,000万元にもなるので、たかがレシートと馬鹿にできません。台湾に長く滞在する場合はしっかりと保管しておくことをおすすめします。

Taiwan08-9.JPG

台湾で一攫千金!?なんて、考えるだけでも楽しい宝くじ。ぜひ、運試しに挑戦してみてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ロータス
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/09/12最終更新日:2019/09/12

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.