たびこふれ

ロサンゼルスでアメリカ南部の料理を味わうならココ!本格的 "ルイジアナ(クレオール)料理"の店

記事投稿日:2019/05/21最終更新日:2019/05/21

Views:

私自身、アメリカ国内さまざまなところに旅行をするなか、自分が住むロサンゼルスに次いで特に気に入っているのはルイジアナ州のニューオリンズです。その好きな理由は、食事の美味しさ。好みは人によって違うと思うのですが、私が大好きな料理のひとつがケイジャン料理だからです。

目次

ニューオーリンズとケイジャン料理

アメリカ南部ルイジアナ州のニューオリンズは、アメリカの中でも独特の文化を持った都市のひとつ。もともとフランス領だったことから、少し他州とは違った文化が芽生え、それが引き継がれているのだそうです。そしてその独特な文化の中でも、お料理は重要な一部。「ケイジャン料理」というのは、食べたことや聞いたことがあると思うのですが、それがルイジアナの伝統料理です。

突き詰めると「ケイジャン」と「クレオール」という2種の料理がこの地には根付いているのですが、その違いはというと、ケイジャン料理が庶民料理、クレオール料理はヨーロッパの料理方法で作られる上流階級の料理なのだそう。ですが、現在はこの二つの料理が混同されていることも多いそうです。

ロサンゼルスで食べられる絶品ケイジャン料理

そんな大好きなケイジャン料理、旅行に行った時に堪能するのはもちろんなのですが、ロサンゼルス近郊でも食せるレストランを見つけては、足を運んでいます。そんななか、ついに「これならルイジアナまでわざわざ行かなくてもいいかも!」と思えるほど、美味しいレストランを見つけたので今回ご紹介したいと思います。

01.JPG

「人種のるつぼ」ともいえるロサンゼルスは、本当にあらゆる人種の人たちが暮らしています。それぞれの人種の人たちが集まる地域が各地にあるのですが、黒人の方たちが特に多く住む「サウスセントラル」と呼ばれるエリアがあります。ヒップホップのメッカでもあり、独特の黒人文化が根付いているその土地に同レストランができたのは1969年。実に創業50年にもなる老舗レストランなのです。ロサンゼルス在住歴20年に成るケイジャン料理好きの私が、なぜ今までこのレストランの存在を知らなかったのか。訪れてみると、隠れ家的にひっそりとあり、パッと通るだけだとレストランだとは分からなく、うっかり見逃してしまうように佇んでいました。

数年前にリモデルしたとのことで、インテリアはとってもモダンで清潔。お客様は教会に行くような正装で来ている方の多い、少しハイエンドなレストランという印象です。でも、少しカジュアルな服装で行ってしまった私たちでも場に浮かない感じなのは、細かく区切られた内装が、まるで誰かの親戚やお友達のご自宅に招かれたような気持ちになれるからかもしれません。

02.JPG

03.JPG

注文したのは、うま味をぎゅっと閉じ込められたジャンバラヤ、シーフードやチキン、数々の香味野菜とともにコトコト煮込まれたガンボ、ザリガニをソースでからめたクローフィッシュ・エトフェなどのルイジアナの郷土料理オンパレード。 ルイジアナ出身者の家族も「ここは、カリフォルニアで食べたルイジアナ料理店でも一番だ!」と太鼓判が出るほどでした。

04.JPG

05.JPG

06.JPG

ロサンゼルスは本当に、アメリカ、世界各地の本格的な料理が食せる最高の場所。ロサンゼルスに来て、ルイジアナ料理が食べたくなったら、ぜひおすすめのお店です。

HAROLD & BELLE'S NEW ORLEANS IN LOS ANGELES

  • 住所:2920 West Jefferson Blvd, Los Angeles, CA 90018
  • 電話番号:323-735-9023
  • 営業時間:
    (日)〜(木) 11:30am-10:00pm
    (金)&(土) 11:30am-11:00pm
  • HP:http://www.haroldandbellesrestaurant.com/

プロフィール画像
この記事を書いた人
SOLO
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/05/21最終更新日:2019/05/21

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.