たびこふれ

京都鉄道博物館を楽しもう!【女性編】

記事投稿日:2019/05/19最終更新日:2019/05/20

Views:

目次

京都鉄道博物館は『地域と歩む鉄道文化拠点』がコンセプト

京都鉄道博物館は2016年4月29日にグランドオープンした老弱男女が楽しめる施設。ちょうど2019年は3周年を迎えます。京都鉄道博物館はファミリーや鉄道ファン向けの施設だと思っている女性の方!それがそれが老若男女楽しめる施設なのですよ!京都鉄道博物館に女性でも楽しめるポイントを教えていただきました。ぜひ行ってみてくださいね!

IMG_7765.jpeg

レストランのパンケーキが素敵

早速ですが女性にイチオシは『パンケーキ』だと豪語する京都鉄道博物館。レストランは混み合いますので、早めに行きましょう!

LRG_DSC00835.jpeg

レストラン内は明るい雰囲気。中央にはプラレールが展示されています。

LRG_DSC00839.jpeg

特等席は奥の窓側。左正面に東寺を見ることができ、目の前に新幹線や在来線の電車を見ることができます!

LRG_DSC00841.jpeg

700系アドバンス型の新幹線が通り過ぎていきました!

LRG_DSC00843.jpeg

これが人気の『キハ81形ブルドックパンケーキ』です。SNS映えすると大人気なのだそうです。

IMG_8283.jpeg

ちなみにこれがキハ81形の車両です。本館に展示されています。

LRG_DSC00480.jpeg

本館の3車両前でインスタ映えの写真を撮ろう!

本館に入って正面に3車両が並んで展示されています。横に並んで車両の高さを実感することができるのですが、向かって左側の500系新幹線に注目!

IMG_7769.jpeg

カッコいいと思いませんか!?この車両に抱きついて写真に撮るのが人気なのだとか。男前の500系新幹線にタッチできるのも京都鉄道博物館ならではです。

LRG_DSC00824.jpeg

こうやって下から眺めたり、撮影したりもできるのですよ!

LRG_DSC00442.jpeg

絶対に楽しい運転シミュレータ

京都鉄道博物館の運転シミュレータは超本格的なもの。子供だけでなく大人の方が楽しめます。最近は女性運転士も増えてきましたね。ぜひチャレンジしてみてくださいね!(整理券が必要で抽選となります)

LRG_DSC00605.jpeg

抽選で当選したら、受付を済ませ、スタッフの案内を待ちましょう!

LRG_DSC00606.jpeg

運転シミュレータの在来線部門。

LRG_DSC00903.jpeg

なんと新幹線部門もあります。すごい!

LRG_DSC00905.jpeg

鉄道ジオラマは感動するほどすごいよ!

幅約30m・奥行き約10mのビックスケール。昼夜や四季まで表現したジオラマは世界的に見ても珍しいのですよ。

LRG_DSC00887.jpeg

パノラマで撮影しないと入り切らないスケールです。席のベストポジションは全体が見渡せる真ん中の3段目。

IMG_7783.jpeg

横から見るとこんな感じ。

LRG_DSC00882.jpeg

細部までとても細かく作られています。

LRG_DSC00880.jpeg

転車台だってあります。SLからは煙が出ています!

LRG_DSC00873.jpeg

京都鉄道博物館がオススメするお土産はこれ!

出口にはミュージアムショップが併設されています。子供用のお土産だけではありませんよ!

LRG_DSC00355.jpeg

定番のお土産物になりますが、「ガーゼタオルハンカチ」はとても人気だそうです。

LRG_DSC00953.jpeg

ドクターイエローの...コレ何だと思いますか? はい扇風機なのです(笑)。先端がキラキラと光ります!

LRG_DSC00959.jpeg

京都鉄道博物館オリジナルのタブレット。このキラキラしたケースが人気なのだそうです。

LRG_DSC00955.jpeg

京都鉄道博物館のキャラクター「ウメテツ」グッズも充実していますよ!

LRG_DSC00963.jpg

京都鉄道博物館の概要

  • 所在地:京都府京都市下京区観喜寺町
  • 最寄駅:JR嵯峨野線「梅小路京都西駅」より徒歩2分!
  • 開館時間:10時00分〜17時30分(入館は17時00分まで)
    ※開館時間の繰り上げ、閉館時間の繰り下げを実施する場合があります。
  • 休館日:毎週水曜日・年末年始(12月30日〜1月1日)
    ※祝日・春休み(3月25日〜4月7日)・夏休み(7月21日〜8月31日)は開館。
  • 公式HP:http://www.kyotorailwaymuseum.jp

当記事は、2019年4月に取材したものです。利用の際は必ず公式HPなどで詳細を調べてから行きましょう!

特に企画展の情報は事前に入手が必須です!

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/05/19最終更新日:2019/05/20

Views:

京都のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.