たびこふれ

生物の楽園コスタリカとガラパゴスへ行ってきました!

記事投稿日:2019/04/17最終更新日:2019/04/17

Views:

目次

希少動物や熱帯特有の生き物に会いに行く

サンホセから1時間30分バスで走ったサラピキという町の私営自然保護区にてコスタリカの希少動物や熱帯特有の生き物に会いました。

赤目アマガエル、マダラヤドクガエル、シロヘラコウモリ、モロホ蝶、フクロウ蝶、ふた指ナマケモノ、三つ指ナマケモノ、巨大ナナフシ、グリーンハシリスク、吠えザル、ハチドリ、オウム、ダンシングバード...

IMG_1464.JPG
<マダラヤドクガエル>

IMG_1476.JPG
<モロホ蝶>

IMG_1477.JPG
<赤目アマガエル>

IMG_1479.JPG
<赤目アマガエル>

IMG_1495.JPG
<シロヘラコウモリ>

IMG_1501.JPG
<グリーンバシリスク>

<ハチドリ>

幻の鳥ケツァールを探す!

サンホセから2時間くねくねの道を上ったり、下ったりしながら、サン・ヘラルド・デ・ドータへ幻の鳥ケツァールを探しに行きました。ケツァールは朝日が昇る前に姿を見せてくれるため早朝に出発です。この日は中々姿を現してくれないため、ガイドさんとネイチャーガイドさんが私たちのために必死に探してくれました。肉眼では黒く影のような鳥ですが、スコープ越しに見るととても綺麗な鳥が姿を現しました〜〜

IMG_1515.JPG
<ケツァール>

生物の楽園では、人間がお客様

ガラパゴスは本当に生物の楽園。ここでは人間がお客様です。だから近くに行っても逃げません。ただし触ることはできません。人間のにおいがつくからです。生態系を守ってる場所です。

飛行機はバルトラ島に到着。そこから船でサンタクルス島へ行きます。サンタクルス島にホテルなどがあります。サンタクルス島から船に乗って、ノースセイモア島へ。

ここでは赤目カモメ、アメリカグンカンドリ、青足カツオドリ、ガラパゴスリクイグアナ、ウミイグアナ、アシカに会いました。

IMG_1573.JPG
<ゾウガメ>

IMG_1600.JPG
<ガラパゴスリクイグアナ>

IMG_1653.JPG
<アオアシカツオドリ>

IMG_1662.JPG
<アシカ>

IMG_1650.JPG
<アメリカグンカンドリ>

IMG_1630.JPG
<赤目カモメ>

バルトロメ島は溶岩の島

サンタクルス島から船に乗ってバルトロメ島へ。この島は溶岩の島です。ガラパゴス諸島が溶岩が隆起してできた島だということが確認できます。ここでは、世界で3番目に小さいペンギンガラパゴスペンギンに会うことができました〜〜

IMG_1673.JPG
<バルトロメ島>

IMG_1667.JPG
<ガラパゴスペンギン>

IMG_1669.JPG
<ガラパゴスペンギン>

最後に

ガラパゴス、コスタリカはたくさんの固有種にあうことができます。珍しい動物や生物、昆虫、鳥が大好きな人なら必ず気にいってもらえる場所だと思います。日本からとても遠いので、飛行機に乗っている時間は長いですが、たくさんの生物に遭遇できるとその疲れも吹っ飛びます!!ぜひ遊びに行ってみてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
lily
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/04/17最終更新日:2019/04/17

Views:

この記事に関連する記事

コスタリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.