たびこふれ

初心者でも安心!ロサンゼルスのスケートパーク6選

記事投稿日:2019/04/09最終更新日:2019/04/09

Views:

本日もスケートボード情報をロサンゼルスよりお届けいたします。

第一回目でスケートボードの歴史を学んでいただけたと思いますが、第二回目は「一体ロサンゼルスのどこでスケートボードができるの?」ということでスケートパーク情報をお届けいたします。

>東京オリンピック新種目!今再び注目されるスケートボードの歴史はこちら

目次

街中にあるスケートパーク

アメリカ国内にはロサンゼルスに限らず至る所にスケートパークがあります。観光でスケートパークに行くということはまずあまりないことなので知らない方の方が多いと思います。

スケートボード発祥の地ロサンゼルスにおいては、例えばAというスケートパークから30分ドライブすると次のBというスケートパークへ行けるというくらい大小ほんとにたくさんのスケートパークがあります。

ほとんどのスケートパークが公共の公園の一部にあります。ジャングルジムの脇にスケートパーク、野球のグランドの横にスケートパーク等公園内にあることが多いです。 スケートパークの横がBBQスペースになっている公園もありますのでスケートボードした後にBBQ、もう最高の1日になることでしょう。公共のパークはもちろん無料です。

photo1jpg.jpg

民間のスケートパークもあります。そちらは無料もしくは有料です。スケートパークにより料金は異なりますがだいたい1日$10ほどで滑ることができます。

プライベートでスケートパークを持っている方もいます。このようなスケートパークは普段は一般に公開はしておりませんが、大会やイベント等で公開するときもたまにあるのでそんな時はプライベートパークに行くチャンスです。

初心者がスケートパークに行ってもいいの?

私はスケートボードをはじめて7ヶ月ほど経ちましたが、未だにスケートボードレベルはビギナーです。しかし、こんな私でも楽しめるスケートパークがロサンゼルスにはたくさんあります。

初心者の私が感じたことですが、日本とアメリカのスケートパークの大きな違いは、日本のスケートパークは初心者には難しいということです。

スケートパークの作りがある程度上級者でないと滑れない作りになっていたり、おいてある障害物(セクションといいます)の高さが高かったり、角度が急だったりして、初心者レベルの私では難しい場所が多いイメージがあります。

一方、アメリカのスケートパークは初心者にも優しい場所が多いです。もちろん難しい形状のスケートパークもありますが、一角に必ず初心者レベルのスケーターでも楽しめるスペースがあります。初心者スケーターもプロスケーターも一緒に楽しめるスケートパークが多いように思います。

もう一つ、日本とアメリカの路面の違いも触れておきましょう。日本のスケートパークの路面はアスファルトだったりコンクリートだったりしますが、それがアメリカのように滑らかでないので、初心者の私が滑っているとひっかかりそうで怖い印象があります。

アメリカの場合はほとんどの路面がコンクリートです。その路面は滑らかでツルツルです。日本とアメリカのコンクリートの質の違いもあるそうです。しかし最近では日本もオリンピック効果もありスケートパーク建設ラッシュで中には初心者にも滑れるパークもあるかもしれません。

photo2.PNG

初心者にもオススメのスケートパーク6選

スケートパークには主に2つのスタイルがあります。一つはストリートスタイル、そしてもうひとつにはパークスタイルです。ストリートスタイルだけのパークもありますし、パークスタイルだけのパークもあります。もちろん両方揃っているパークもあります。自分のやりたいスタイルのパークを選ぶのもどのスケートパークに行こうかと決める時の基準になります。

今回はその中でも特徴のあるスケートパーク6つをご紹介したいと思います。

1. Venice Beach Skate Park

veni1.PNG

観光地にもなっているベニスビーチにあるスケートパークです。よくLAのシンボルとして、こちらのベニスビーチスケートパークの写真をガイドブックなどでみかけます。

ロサンゼルス空港から車で30分ほどです。隣はサンタモニカ。サンタモニカから海岸沿いを歩いて20分ほどでベニスビーチに到着します。ちょっとしたお散歩コースにいいですね。目の前は海です。とても開放的で海風が心地の良いスケートパークです。平日週末と関わらず、スケートパークの周りにはスケーターの滑りを見ようといつもたくさんのギャラリーで賑わっています。

ストリートとパークスタイルと両方揃っています。無料。

veni2.jpg

veni3.jpg

veni4.jpg

■住所:1800 Ocean Front Walk, Venice, CA

2. Stoner Skate Plaza

sto1.jpg

Venice Beach Skate Parkから車で10分ほど。ストリートスタイルのスケーターに人気のスケートパークです。

携帯電話で遊べるスケートボードゲームに登場するパークの一つです。日本でゲームで遊んでいたスケートパークが目の前にある!と日本からここにくるスケーターはとても喜びます。そしてゲームと本物とのギャップにも驚いています。プロスケーターもよく訪れます。

West Los Angelsの住宅地にある公園の一角にあり、公共のパークですがゲートがついていて時間により鍵が閉まります。ゲート横にはBBQグリルとピクニックテーブル、公園内にはプール(夏期のみオープン)もあります。ストリートスタイルのパークです。無料。

sto2.jpg

■住所:1835 Stoner Ave, Los Angels, CA

3. Vans Orange

van4.jpg

LAから30分ほど高速道路405番を南下したオレンジカウンティーにあるVansの経営するスケートパーク。カリフォルニアでは珍しい室内パーク。

van1.jpg

世界大会も行われるプールと呼ばれるその名の通りお椀型セクションがこちらの名物。ミニランプとストリートコースもあります。

van3.jpg

そしてこちらのパークの最大の特徴はなんとアウトレットショッピングモールの中にあります。スケートパークの周りにはカルバンクライン、トミーフィルフィガー 、ヴィクトリアシークレット等皆様にお馴染みの有名ブランドが軒を連ねています。ショッピングだけでなくレストラン、映画館、ボウリング場等もあります。

van5.jpg

お買い物がてら見学に行かれてもよいですね。ストリート、パークスタイル両方揃っています。こちらはVans経営ですがスケートパーク使用料は無料です。18歳未満のスケーターはヘルメット、ニーパッド、エルボーパッドが必要です(レンタルあり、有料)。

van2.jpg

■住所:20 City Boulevard West, Orange, CA
https://www.vans.com/skateparks-orange.html

4. Vans Off the Wall Skate Park

van7.jpg

Vans Orangeから15分ほど行くともう一つのVans Skate Parkがあります。

こちらは屋外にあります。手前にストリートコース、奥にパークコースがあります。パークコースは現在工事中。間もなくオープン予定です。

去年の12月に世界最高峰スケートボードの大会、ストリートリーグ(SLS)がこちらで行われました。その時に既存のコースに世界大会基準のセクション(障害物)をいくつか増設しました。大会後もそのセクションは増設されたままです。ですから世界大会を体感することができます。プロスケーターのような方も、もちろん私のようなビギナースケーターも楽しめてしまうのが最大の特徴だと思います。

ちなみにここは私の大好きなスケートパークです。こちらはVans経営ですがスケートパーク使用料は無料です。18歳未満のスケーターはヘルメット、ニーパッド、エルボーパッドが必要です(レンタルあり、有料)

van6.jpg

van8.jpg

van9.jpg

■住所:7471 Center Avenue, Huntington Beach, CA
https://www.vans.com/skateparks-hb.html

5. Washington St. Skate Park

was4.jpg

もう少し南下してみましょう。メキシコ国境まであと少しのサンディエゴにあるWashington St. Skate Park。

こちらのパークの特徴はスケーターによって全て手作りで作られたということです。1999年に高速道路の高架下に建設がはじまりました。建設が始まりましたと言ってもスケーターがコンクリを壁に塗り、垂直のものに角度をつけてスケートボードができるのにしてしまったのです。その後政府とここをスケートパークにするか否かの話し合いが何度も行われ一時建設はストップします。が、スケーターの熱意が伝わったのか、2002年から再度建設がスタートしスケートパークとして機能しています。

was2.jpg

こちらのスケートパークはとても初心者スケーターができる代物ではありませんが、ローカルスケーターの迫力の滑りをみることができます。ローカルスケーターの熱意によって建設されたこちらのスケートパーク、通常とは違ったものが見えてくると思います。スケートパークにあるタイルでできたモザイクアートやワイヤーアートもとてもかっこいいです。パークスタイルのみ。無料。

was1.jpg

was3.jpg

was5.jpg

■住所:Pacific HWY & W. Washington St, San Diego, CA

6. Arthur Lee Johnson Skate Park

sou1.jpg

最後にご紹介するのがArthur Lee Johnson Skate Park. 私がいつも練習しているスケートパークです。近所にあるということもあり週に3、4回はスケートしに行っています。セクション(障害物)が高くも低くも、そして急でもなだらかすぎでもなく全てにおいて私にとっては丁度いいスケートパークです。

そんなに大きなスケートパークではありませんが人気のパークです。隣にはバスケットコート、テニスコートも併設されています。無料。

sou2.PNG

■住所:1200 W 170th St, Gardena, CA


以上の6つのロサンゼルス近郊のスケートパークをご紹介してみました。
わざわざスケートパークに行くのもね〜という方もベニスビーチの観光地のど真ん中にあったり、モールの中にあったりもしかしたらすでに行かれている方もいるかもしれませんね。

最後に

他にもこちらでは紹介しきれないほどたくさんのスケートパークがあります。通常の観光に飽きた方はぜひスケートパーク巡りという新しい経験をしてみてください。まずは見学から!!

次回はスケートボードショップのご紹介です。

プロフィール画像
この記事を書いた人
LAsk8mom
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/04/09最終更新日:2019/04/09

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.