たびこふれ

温泉ソムリエ菅井が薦める、温泉ファンが絶えない極上の乳白色の強硫黄泉、霧島新燃荘(しんもえそう)

記事投稿日:2019/04/11最終更新日:2019/04/11

Views:

目次

皮膚病に効能大と名高い名泉、霧島温泉新燃荘(しんもえそう)

鹿児島空港からほど近い霧島温泉郷(きりしまおんせんきょう)。源泉の数が豊富で、いたるところから湯気がもくもく上がっています。

DSC_3073.JPG

この温泉街より車で30分ほど上がったところの一軒家、霧島山の麓に立地する閑静な別天地にある新燃荘へ行ってみた。

DSC_3079.JPG

こちらは湯治感ばりばりの宿泊棟。

DSC_3081.JPG

その宿泊棟と繋がって見えてくるのが温泉棟。橋を渡ると左側が温泉棟だ。宿泊棟のフロントで日帰り入浴500円を払いいざ温泉棟へ。

効能高き乳白色の湯

DSC_3082.JPG

お風呂は内風呂(宿泊者用)と外風呂に分かれております。
脱衣所は男女別に分かれております。こちらが外湯の混浴露天風呂。男性側入り口側より。階段を下りながら湯舟に浸かります。男女の脱衣所からは露天風呂の端が通路になっておりどこから入っても構わないといった感じです。

DSC_3086.JPG

まさに極上の乳白色です。かなり広さもあり屋根のある部分もあり、雨も凌げます。

DSC_3083.JPG

こちらは内湯の治療泉。壁から伝ってはいる源泉が印象的です。入浴前の飲用水のコップあり、大切ですね。

0305HotSpa.jpg

入浴は30分以内!?温泉の硫化水素量が多く硫化水素中毒になる危険性があるため、30分以上の入浴は禁止されています。それだけ濃度が高い証拠ですね。

硫黄泉の中でも、炭酸泉であるとこを案内した看板。通常炭酸泉は透明が多いが、硫黄を含有し炭酸泉は全国でも他に例がないとう!飲用で胃腸にいい効き目が!素晴らしい!

DSC_3087.JPG

DSC_3089.JPG

DSC_3090.JPG

DATA

民営国民宿舎霧島新燃荘
住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂3968
TEL:0995-78-2255

温泉性質:硫黄泉
日帰り入浴 

営業時間:7時~19時半  
料金:大人500円

おまけ

帰りには新燃荘より車で30分、天孫降臨の地とされる霧島屈指のパワースポット「霧島神宮」の参拝もお薦めです。

DSC_3084.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
菅井 圭司(すがいけいじ)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/04/11最終更新日:2019/04/11

Views:

鹿児島のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.