たびこふれ

イスタンブール・旧市街スルタンアフメットで話題のマレーシア料理店

記事投稿日:2019/03/01最終更新日:2019/03/01

Views:

目次

旧市街の中心でオープン!

IMG_0959.JPG

今回は、旧市街スルタンアフメットの中心地で新しくオープンしたマレーシア料理店をご紹介したいと思います。

ここ、ヌル・ムハンマド・ロカンタスは、もともとは地下鉄ウンカパン駅から歩いて15分くらいの場所にあったのですが、一昨年こちらの場所に移転してきました。

本当に立地が良く、イスタンブールの観光地のど真ん中にあります。アヤソフィアやブルーモスクのある広場からほど近く、でトルコ料理に飽きたときはオススメです。

ランチはビュッフェ形式

IMG_0961.JPG

10時から14時までは、このようなビュッフェ形式。

ただ、好きなものを取れるというわけではなく、給仕の人に指で指して料理を入れてもらいます。

その分の料金を払う仕組みです。どうやら、お昼は大変忙しいのでこういう方法なのだとか。お店は大きく、二階もあるのですが、一階はいつも団体客の予約でいっぱいの模様。主に、マレーシアからのツアー客で賑わっています。

とにかく、驚くほど満席で、こんなに人気があるの?とびっくりしたほど。

IMG_0962.JPG

種類はかなり豊富で、様々なチキン、煮込みなどがあります。

IMG_0967.JPG

マレーシアカレーも色々ありましたが、基本的にチキンが多かったです。

IMG_0984.jpg

色々食べたいということで、全種類並べてもらいました。チキンは二種、ハニーチキンとスパイシーチキン。ここにはありませんが、他にもデザートを数種頼み、これだけ食べて、200リラ(4000円弱)程。

IMG_0973.jpg

マレーシア料理は辛いのかしら?と思ったら、どれもマイルドな感じで思ったほど辛くもなく、日本人好みのお味でした。

IMG_0976.jpg

一番人気はこちらのグリーンカレー。タイのグリーンカレーほど辛くはありませんし、とても美味でした。

IMG_0991.JPG

ナシゴレンや、ミーゴレン、サテなどもあり!

今回はランチに行ったので、あるものしか食べれなかったのですが、14時以降はメニューにあるものを注文できます。

給仕の人はマレーシア人で、トルコ語はちょっとイマイチですが、英語での対応は可能。

みなさん、お国柄かとっても親切な方々でした。

それから、金曜日は、イスラム教徒の大事な礼拝の日ということで、14時以降オープンのようですので、お気をつけください。

ヌル・ムハンマド・ロカンタス/Nur Muhammad Lokantasi - Malaysia Restaurant

住所:Alemdar Mh., Prof. Kazım İsmail Gürkan Cd. No:6, 34110 Fatih/İstanbul
電話:(0212)531 28 52
営業終了時間: 22:30
プロフィール画像
この記事を書いた人
河合亜希子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/03/01最終更新日:2019/03/01

Views:

トルコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.