たびこふれ

屋久島って、冬に行ったら何があるの...?そんな方のために、実際に行ってきました!

記事投稿日:2019/02/07最終更新日:2019/02/07

Views:

皆さんこんにちは!屋久島って冬のこの時期に行ったら何があるの?そんな疑問をお持ちの方のために・・・

私、行って参りました!!

目次

そもそも屋久島って登山とかしないと意味ないんじゃない?は大間違いです!

②家と岩.jpg

屋久島といえば、やっぱり「縄文杉」や「宮之浦岳」、「白谷雲水峡」などトレッキングや登山のメッカとして有名ですよね。広告やガイドブックで見るものといえば、大きな杉の姿やあの有名アニメ映画に出てくるような深~~い森・・・。どうしてもイメージが先行して、普通の観光地としての魅力を見落としがちです。

屋久島には、ウミガメが産卵しに来るような美しい浜辺もあれば、本当に手軽に樹齢3000年の屋久杉を見ることが出来たりと、普通の服装やシューズで全く問題なく観光できる島なんです。

そこを是非、今一度見直してほしいなぁ~~という希望も込めて、今回は冬にできる屋久島観光を紹介すべく、現地へ行って参りました!!

屋久島への足はやっぱり飛行機が便利!!(乗り継ぎですけどね)

屋久島へ行くには、方法は3つ!

  • 1. 「飛行機」か
  • 2. 「フェリー」か
  • 3. 「高速船(とっぴー)」!!

2.と3.の航路は、やっぱり鹿児島空港から港までの移動や時間もかかり「安いけど時間がかかる」ので、セッカチな私は今回、空路を利用しちゃいました!!

③飛行機.jpg

なんと、プロペラ機です!!屋久島空港は滑走路が短く、ジェット機は離発着できないんですって(汗)

写真の雲が黒くて雰囲気コワめですが、この日晴れてたんですけどね・・・

乗った感想は・・・機体はちっちゃいですが、座席間隔が狭いというわけでもなく、天井が低いというわけでもなく、意外と快適!!そして、天候によるのでしょうが、全然揺れませんでした。

着陸音と衝撃はジェットに比べて少し大きい気がしました。

福岡空港から約1時間。やっぱり飛行機は楽です。

雨でもOK!!屋久杉工芸店でお箸づくり!!

まずは、雨が多いと噂の屋久島で「雨でも楽しめる」工芸体験。

真っ直ぐな原木もあれば、節でクネクネの原木もあり、ノミで削っていきます。

私、ダメなんですよね~~。こうゆうの・・・こだわって細かいとこまでやっちゃうんで、時間かかるんですよね~(汗)

④杉の舎.jpg

でも見てください。この職人さんの菩薩のような穏やかな笑顔。

「いいんですよ~。じっくりやってくださ~い。」って優しく声をかけてくださいました。

ここ、屋久杉工芸「杉の舎」では、箸づくり体験ができます(要予約)。

なんと!屋久島空港から徒歩圏内!!空港で時間を余したら、是非足をお運びください。

屋久杉工芸「杉の舎」の皆様、ありがとうございました~。

>>>「屋久杉工芸 杉の舎」について詳しくはこちらから(公式サイト)

まるでジャングルクルーズ!?安房川漁船クルーズ

⑤クルーズ.jpg

屋久島でクルーズが出来ると聞いて、安房川(あんぼうがわ)の漁船クルーズにチャレンジしてきました。

ん~~この素材は若い方向きかなぁ・・・

10名定員の漁船に乗って、安房川を登っていきます。

風景はいいです。でもかなり寒いです・・・

夏は、途中の中州で泳いだり、スイカ割りをしたりするんだそうです。

屋久島で水上から島を眺めるってあまり無いので、暖かくなったらオススメです。

気になった方は下記のブログをチェック!!

>>>安房川漁船クルーズ屋久島遊悠覧」について詳しくはこちらから(素泊民宿 里町 公式ブログ)

甘~~~い!ポンカンのもぎ取り体験

屋久島名産のポンカン・タンカン。冬の今が収穫期なんだそう。しかも熟して甘~~い!

⑦ポンカン.jpg

ポンカン畑からの~~モッチョム岳!!絶景なり~~!!

屋久島の集落でおじちゃん・おばちゃんと里めぐり散策!!

皆さんには田舎ってありますか?

中には両親共に都会育ちで田舎がないって方もいるんじゃないですか?

「里帰り」って憧れますよね~~。

「おぉ~~、よう帰ってきたな~。いつまでおれるんじゃ?」なんて懐かしい場所であったかく迎えてもらって、はぁ~~~っと息が抜けて落ち着く・・・。

⑧里1.jpg

そんな温かい「里」が屋久島にもありました!!

レンタカーなどで旅行する時、途中にある漁師町や集落って、部外者が入っていったら怒られそう・・・とか不審者と思われそう・・・とか思って、なかなか散策したりって出来ないですよね。

⑧里2.jpg

この「屋久島里めぐり推進協議会」では、屋久島にある5つの集落の里めぐりをご案内しております。

もちろん、事前予約が必要ですが、なんと!!この里めぐりは一人しかいなくても催行してくれるんです!!これはおススメです!!

⑧里4.jpg

地元の語り部(ガイド)と里の中へ入り、昔ながらの町並みや懐かしい風景、集落の歴史など本当にあったか~く、そして優し~~く、のんび~~りとした時間を過ごすことが出来ます。

⑧里3.jpg

1月の下旬でしたが、早くも緋寒桜(ヒカンザクラ)が咲いてましたよ!!

>>>「屋久島里めぐり推進協議会」について詳しくはこちらから(公式サイト)

出た~~~!!ヤクザル!!

移動中、、、いました!!

お猿さんです!!屋久島は野生の猿と鹿が有名ですよね!!

⑨猿1.jpg

この写真、どこにいるかわかりますか~~?

⑨猿2.jpg

悪さはしませんが、野生って凄いですよね~~。

最後に・・・

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

・・・いかがでしたか?

冬の見どころって訳ではなくなってしまいましたが、冬でもできる屋久島の楽しみを紹介させていただきました。当日の気温は昼間で15度くらい。でも北部と南部で体感温度が全然違います。

南部の尾之間温泉(おのあいだおんせん)あたりは南国、北部の宮之浦あたりは関東と同じくらいな体感ですかね・・・

一度、屋久島に行ったことがある方も、時期や見る角度を変えると、全く違った印象を得ることが出来ます。世界自然遺産の島、屋久島・・・まだまだ魅力がありそうです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
よかとこ九州探検隊
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/02/07最終更新日:2019/02/07

Views:

鹿児島のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.