たびこふれ

お魚好き日本人にお薦めするニューヨークの絶品シーフードレストラン5選

記事投稿日:2019/03/19最終更新日:2019/03/19

Views:

目次

新鮮な魚介類はシンプルな調理法が一番

日本人はお魚が大好きですが、フランス料理店やアメリカ料理店で出てくるお魚料理よりも、ワサビと醤油で食べるお刺身や、塩焼きなど、素材を生かしたあっさり系の食べ方が好まれますよね。ニューヨーカーもシーフードが大好き。人気店は常に予約でいっぱいで、活気にあふれています。ル・ベルナルディンやミロス、アクアグリル、シーファイアグリル、グランドセントラル駅のオイスターバーなど、ガイドブックにも載っている有名店はたくさんありますが、今回はカジュアルからちょっとお洒落して出かけたいところまで、私のお気に入りで、日本人の口に合いそうなお店をいくつか紹介します。どこも人気店なので、早めに予約を入れて行きましょう。

アブラ・エスティアトリオ (Avra Estiatorio)

B2.jpg

シーフード料理というかギリシャ料理、地中海料理のお店ですが、シーフードをシンプルに楽しみたいならギリシャ料理のお店が一番です。新鮮な素材の良さが引き立つシンプルな調理法は、日本人のお口にぴったり。こちらのお店のお薦めは、私も大好きなタコのグリル、海老(King prawns)、そして色々な種類のお魚の丸焼き。こちらのお魚の丸焼きは、ポンドあたりの価格が表示されているので、お間違えなく。だいたい1人あたり1ポンドが最適だそう。ポンド注文したお魚や海老は、大きさなどを確認するために、調理前の状態でテーブルまで持ってきて見せてくれます。イタリアやスペイン、ポルトガルなどから空輸された新鮮なお魚は、グリルしてオリーブオイルとレモン、シーソルトだけで味付けされます。サーブされる際には、ちゃんと骨は取り除いてくれます。塩加減も素晴らしく、癖になる美味しさです。

B3.jpg

住所:141 E 48 St. (Lex & 3rd Sts)
電話:212-759-8550
時間:11時30分~23時30分(金曜~午前0時、土曜午前11時~午前0時、日曜11時~23時)

タベルナ・キクラデス (Taverna Kyclades)

こちらもギリシャ料理店。ニューヨーク市内に3店舗ありますが、私がいつも行くのは、1番人気のクイーンズのアストリア店。マンハッタンから行くなら、地下鉄N線又はW線でDitmars Blvd駅で降りたら徒歩3分ほど。このお店は予約を取らないので、夕方になるとたくさんの人が外で待っています。待っている人たちのために椅子も何席か用意されていて、時々、小さなカップ入りの無料のワインを持ってきてサービスしてくれます。マンハッタンによくあるお金持ちそうなお客さんが多い豪華なシーフードレストランと違い、とてもカジュアルなお店です。内装は殺風景な感じで、お料理の方もシンプルな味付けの新鮮なシーフードが大盛りで出てくるので、数人で行って数種類のお料理をシェアするのがお薦め。2人だと、量が多すぎて、きっとお持ち帰りすることになるでしょう。先ずは、大きなフェタチーズがのったグリークサラダを頼みましょう。スモールでもかなり大きいです。ここでもやはり、アペタイザーのタコのグリルはお薦めです。グリルやフライにした丸ごとのお魚などどれも美味しく、本当に量が多いです。付け合わせは、ライスやポテト、ビーツサラダ、スイスチャードなどの中から選べますが、レモンポテトが人気です。

East Village店

住所:228 first Ave (13 & 14 Sts)
電話:212-432-0010
時間:12時~23時(金・土曜~23時30分、日曜~22時30分)

Astoria店

住所:33-07 Ditmars blvd. (33 St)
電話:718-545-8666
時間:12時~22時30分(金・土曜~午後11時)

Bayside店

住所:3930 Bell Blvd (40th Ave)
電話:718-631-2000
時間:12時~23時(金・土曜~23時30分、日曜~22時30分)

オセアナ (Oceana)

こちらはニューヨークでもトップクラスのシーフード店。ブロードウェー観劇前に訪れるのに便利な立地です。上品で高級感漂う店内。ドレスアップして行っても、スマートカジュアルでもOK。接客も一流です。オイスターとロブスター、魚のグリルがお薦め。5時から6時半までの入店であれば、3皿コースのプレシアターメニューが注文できます。予約がいっぱいの場合や雰囲気だけ味わいたいのであれば、バーエリアの利用がお薦め。オイスターとグラスのシャンペンだけでも、十分素敵な雰囲気に浸れます

住所:120 W 49 St. (6 & 7 Aves)
電話:212-759-5941

マレア (Marea)

B5.jpg

こちらはシーフード中心のイタリア料理店。マレアとは、イタリア語で「潮流」という意味だそう。セントラルパークの真ん前で、コロンバスサークルから徒歩すぐと抜群の立地です。とても素敵な店内。少しお値段は張りますが、キャビアやお刺身のお魚を使った小さなアペタイザーの種類が豊富です。イタリア料理店なので、当然パスタもあり、海老や貝、ロブスター、蟹と雲丹を使ったものなど、どれも美味。メインには、アカザ海老(langoustine)やシーバス(Branzino)がお薦め。4皿のコースメニューやシェフのテイスティングメニューもあります。

住所:240 Central Park South.
時間:212-582-5800

マーメイドイン (Mermaid inn)

B4.jpg

マンハッタン内に3店舗あるカジュアルなシーフードレストラン。オイスターで有名です。17時から19時まではハッピーアワーで、ワインやビールなど特定のドリンクが特別価格になるだけでなく、シェフが選んだオイスター1個1ドル25セントや生ハマグリ1個1ドル、ミニフィッシュタコスが3ドル、小さなカップに入ったクラムチャウダーが3ドルなど、ハッピーアワーメニューの枠内だけでも満足できそう。でも、それ以外のメニューも魅力的で、良心的な価格設定です。お薦めは生ハマグリとロブスターロール。日本人はあまりハマグリを生で食べませんよね。海水の味がしっかり効いたプリプリした生ハマグリは、白ワインにぴったりで、癖になる味です。

UPPER WEST店

住所:570 Amsterdam Ave (87 & 88 Sts)
電話:212-799-7400
時間:17時~22時 (土曜~22時30分)
※ブランチ 11時~14時30分(土・日曜)

EAST VILLAGE店

住所:96 Second Ave (5 & 6 Aves)
電話:212-674-5870
時間:17時~22時(金曜~22時30分、16時30分~22時30分、日曜16時~)

GREENWICH

住所:79 Macdougal Street (Bleecker & W Houston Sts)
電話:212-260-0100
時間:17時~22時(金曜~22時30分、土曜16時~16時30分、日曜16時~)

プロフィール画像
この記事を書いた人
ナツコ・H
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/03/19最終更新日:2019/03/19

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.