たびこふれ

「weber PARK」体験レポート! アクアシティお台場の体験型バーベキューのグリルの秘密

記事投稿日:2019/02/17最終更新日:2019/06/20

Views:

お台場の絶景を臨みながら、手ぶらで本格的なバーベキューを学びながら楽しめる......。そんな夢のような施設が2018年6月16日、アクアシティお台場の屋上にオープンしました!

目次

1. weber Parkとは?

weber_park_お台場の海

weber_park_お台場の夜景

夏は青空の下、レインボーブリッジと爽やかな海を背景に。冬は冬花火が映える空とライトアップされた夜景の元で。ランチタイムでもディナータイムでも、はたまた夕刻でも、時間や季節ごとに異なった表情を見せてくれるweber PARK。

weber_park_大きなバーベキューグリルの模型

開放感とムーディさを併せ持つ場所でのひとときは、家族団欒にもデートにもぴったり! もちろんお友達との集まりや、イベント利用にもおすすめです。そんなweber PARKの魅力を詳しくレポートします。

「weber PARK」は、世界で初めてケトルグリルを開発したことで知られるバーベキューグリルメーカー「weber」が手掛けるバーベキューパークです。バーベキューパークと聞くと、炊事場や肉を焼くスペースが用意された、キャンプ場のような光景を想像するのではないでしょうか。

そんな予想を裏切る驚きの空間が、weber Parkには広がっています。

weber_park_看板

weber PARKには、単にバーベキューをするだけの施設には留まらない、様々な楽しみ方が用意されています。

weber_park_GRILL_ACADEMY

例えば「バーベキューの博物館」というコンセプトで創られた「weber GRILL ACADEMY」でバーベキューについてより深く勉強できたり、バーベキューグッズが豊富に揃う店舗、「weber STORE」でオシャレなバーベキューグッズを揃えることができたりと、エンターテイメント要素満載のバーベキューパークとしての世界が広がっているのです。

weber_park_WEBER_STORE

「遠出は嫌だ」「バーベキューはいいけど虫がニガテ」という人も気軽に誘えますし、東京の真ん中で都会の景色を眺めながらのオシャレなバーベキューパーティーでは、レストランとは違った楽しみ方ができそうです。

また、weber Parkのバーベキューは下準備が不要。手ぶらで集まれます。

weber_park_バーテンダーならぬグリルテンダー

親切・丁寧なパークスタッフや、バーテンダーならぬ「グリルテンダー」のアドバイスの元、バーベキューにおける最適な時間、温度管理、テクニックの「3T」も学べます。

出されたものを食べるレストランとは違い、自分たちで手を加えたものはより一層おいしく感じられます。参加者みんなで料理を完成させていく体験は、みんなの連帯感も高めてくれること間違いなし!

2. weber Parkの焼き方(グリル)

weber_park_ビールで乾杯

バーベキューの魅力は何といっても仲間と時間を楽しむこと。しかし、日本でメジャーなバーベキュースタイルでは、メンバーの誰かがずっとグリルのそばで火加減の調節をしていなければなりません。

weber_park_グリル

weber_park_バーベキュー用テーブル

一方weberのグリルでは、火加減や焼き時間をあらかじめ設定しておけるため、誰かに火の当番をさせることがありません。全員が楽しめるというのが嬉しいポイントです!

weber_park_密閉性が高いグリル

weberグリルはふたを閉じて調理ができるので密閉性が高く、焼いている最中に味や香りが食材にしっかりと染み込みます。オープンスタイルのバーベキューと比べ、ぐっと香り高く、ジューシーな味わいが楽しめるのも嬉しいですね。

3. weber Parkのコース

こちらでは、weber JAPAN公認トップシェフが監修した3種類のコース料理も楽しめます。

weber_park_JAPANESE_TRADITIONAL

まずは日本で昔から親しまれてきたおなじみの料理が多く登場する「JAPANESE TRADITIONAL」。

weber_park_AMERICAN_CLASSIC

2つ目は本場アメリカのバーベキューのラインナップがふんだんに盛り込まれた「AMERICAN CLASSIC」。

weber_park_EUROPEAN_RESORT

3つ目は見た目にも華やかな「EUROPEAN RESORT」。以上の3プランです。

ビーフステーキやハニーマスタードポークなど、バーベキューの代表格とも言えるお肉料理も取り入れられたこれらのコース。サラダやナチョスといった前菜・種類豊富なデザートもコースに含まれます。

また、追加でオーダーできるアラカルトメニューも豊富で、どれも青空の下でインスタ映えしそうな美しい品々ばかり!

weber_park_ビーフステーキ

weber_park_ナチョス

weber_park_デザート

ソフトドリンクとアルコールから選べるドリンク飲み放題プランもありますので、クーラーボックスで重い荷物を運ばなくてよいのも嬉しいですね!

weber_park_ドリンク飲み放題プラン

バーベキューの焼き方には、直火で食材を焼く「ダイレクト調理法」と、オーブンのように周囲から食材に熱を入れていく「インダイレクト調理法」の2つの方法があります。

weber_park_weberのグリルでは2つの調理法を1つのグリル内で使い分けることができます。

weberのグリルでは、2つの調理法を1つのグリル内で使い分けることができます。調理の仕方を学びながら、味の違いを楽しみましょう!

4. weber Parkの体験情報:weber GRILL ACADEMYで「バーベキュー」をシェフから学ぶ

weber_park_grill_academy

バーベキュー料理への理解が深まる「weber GRILL ACADEMY」。ここでは「ガスタイプ」と「炭タイプ」の違いを学んだり、weberに選び抜かれた専属シェフから直々に、グリル料理のコツを教わったりすることができます。

現在、お台場だけではなく南青山にも店舗を持つ「weber GRILL ACADEMY」。

シェフ考案の、バーベキュー料理の常識を超える本格的な料理に驚かされます。

5. weber Parkの買い物情報:weber STOREでバーベキューグッズをそろえよう

weber_park_weber_store

ショッピングができる「weber STORE」には、こだわり抜かれたオーガニックの燃料や、持っているだけでワクワクするバーベキューアクセサリーがずらり。あれもこれも欲しくなります!

6. weber Parkの予約方法と基本情報

weber_park_海に浮かぶブイから着想を得たグリル

weberは1952年にジョージ・スティーヴンが創業して以来、半世紀以上も世界中の人に愛されているバーベキューグリルメーカーです。ジョージ・スティーヴンは海に浮かぶブイに着想を得て最初のグリルを開発したそうで、現在までそのスタイルを貫いています。

weberのグリルだからこそ味わえるバーベキューの醍醐味。体験、学習、そしてこだわりの製品を間近で見ることで、バーベキューの楽しさをより深く知ることができるのです。

時にはレストランではなく、こんな素敵な場所でパーティーを企画すると喜ばれること間違いなし! 予約はホームページから簡単にできます。

友達や家族を誘って、いつもとは違ったひとときを過ごしてみてください。

「weber PARK」

■住所:東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場屋上
■お問い合わせ先:03-6805-1196
■営業期間:3月~10月
■定休日:なし
■営業時間:【ランチ】11:00~15:00、【ディナー】17:00~22:00
■料金:人数分のバーベキューメニュー注文が必要
■HP:https://www.weberpark.com/

■駐車場:
最初の1時間500円、以降30分毎に250円(約900台)
※1会計税込3,000円以上の買い物で2時間無料の駐車券1枚(週末は1時間無料/上限3枚)

■車でのアクセス:
首都高速湾岸線 臨海副都心ICから約960m
首都高速11号台場線 台場ICから約1.4km
首都高速湾岸線 有明ICから約2.4km

■電車のアクセス:
ゆりかもめ線 台場駅から徒歩約1分
りんかい線 東京テレポート駅から徒歩約6分

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
えりぃ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/02/17最終更新日:2019/06/20

Views:

東京のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.