たびこふれ

ソウル・B級グルメを食べ歩き!弘大(ホンデ)編

記事投稿日:2019/01/17最終更新日:2019/01/17

Views:

目次

『弘大(ホンデ)』とは

弘益(ホンイク)美術大学の略称で、ソウルでも最大級の学生の街です。

美術大学の学生によるアートやフリーマケットから、クラブやライブハウスなどの音楽まで、とにかく若者パワーあふれる街です。週末だけでなく、平日も深夜も、とにかく人が集まる活気ある場所です。

ワーホリなどで韓国に留学する方は、ゲストハウスや宿舎も多いため、この辺に住む日本人も多いと思います。

KOR_201901_01.jpg

観光で来られた方は、まずはB級グルメを楽しんでみましょう~!

弘大(ホンデ)は広範囲に渡りますが、B級グルメが密集しているのは「駐車場通り」に並行している、もう一つの通り、別名「コプチャン(ホルモン)通り」などとも呼ばれています。

「コプチャン(ホルモン)通り」

観光案内所から眺めた写真が以下です。左側の大きめの通りが「駐車場通り」、右側の細い通りが「コプチャン(ホルモン)通り」になります。

KOR_201901_02.jpg

通りに入るとすぐに目に入るのが、このオブジェ。なぜケンタウロスなのかは謎なのですが、そこがアートの街たる由縁でしょうか...。かなり古くからここにあって、待ち合わせなどの良い目印になっています。

KOR_201901_03.jpg

さて通りには、タロット占いのカフェやアクセサリー、ファッション、テイクアウトコーヒーや間食などが並んでいます。

もう少し進むと、この通りを「コプチャン(ホルモン)通り」と言わしめた、コプチャン店が並びます。

KOR_201901_05.jpg

KOR_201901_06.jpg

コプチャンは、またの機会にご紹介するとして、B級グルメをご紹介していきましょう~!

弘大(ホンデ)のB級グルメは・・・

明洞や南大門市場は屋台のため、夕方から屋台が街に登場しますが、弘大(ホンデ)のB級グルメは、店舗なので日中から営業しています。屋台は日によって場所が変わりますが、こちらはそういったこともないので目指す食べ物にありつけそうですね。といっても韓国。お店の移り変わりが早いので、次にその店があるとは限らないので、ご注意を。

これでは見ていきましょう~~~!

ワッフルは様々な味があって楽しそうです。

KOR_201901_07.jpg

定番のおでん(ちくわ、かまぼこ類)。カニが出汁扱いされてます。

KOR_201901_08.jpg

「元気な卵パン」

「生意気な卵パン」と訳されていますが、よくある「ケランパン」とは形もボリュームも違いますね!価格は同じなので、こっちのほうがコスパが良さそうです。

KOR_201901_09.jpg

「元気な卵パン」は、卵+玉ねぎ+チーズ+ベーコン 2000ウォン
「生意気な卵パン」は、卵+ジャガイモ+特別ソース+ソーセージ+チーズ 2500ウォン

ちなみに、よくある「ケランパン」はこちらです。↓↓↓

KOR_B_gourmet_13.jpg

そして新しいメニューがこちら!リンゴ飴ならぬ、イチゴ飴とでも言える一品。3000ウォン。

KOR_201901_10.jpg

そして明洞の屋台でも紹介しましたが、一口サイズの鶏唐揚げに甘辛ソースをからめた「タッカンジョン」。
S:3000ウォン、チーズプラスで3500ウォン。

KOR_201901_11.jpg

その他、焼き鳥に、本格コロッケ、クレープなど。学生が喜ぶメニューが並んでいます。

KOR_201901_12.jpg

駅に近い場所には、昔ながらの屋台も出現しています。こちらはおでん(ちくわ、かまぼこ類)やトッポッキ、揚げ物など。食べたいものをハシゴしてもいいですね。

まずは、弘大(ホンデ)トライアル、B級グルメをお試しください。

弘大

プロフィール画像
この記事を書いた人
COZ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/01/17最終更新日:2019/01/17

Views:

韓国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.