たびこふれ

九州奄美群島めぐり「与論島・百合ヶ浜と沖永良部島」

記事投稿日:2019/01/26最終更新日:2019/01/26

Views:

今回は九州の最南端、与論島と沖永良部島の2つの島へ行ってきました。

目次

与論島の魅力

与論島について少しだけ情報をいうと九州本土最南端の鹿児島県から約500キロ、沖縄県からは約22キロと沖縄にもっとも近い九州の島で琉球文化が色濃く残った島です。 与論の魅力はというとコバルトブルーの海です。

image3.jpg

幻の浜「百合ヶ浜」

世界に誇る与論の海は、条件が合わないと見れない幻の浜「百合ヶ浜」が有名です。 百合ヶ浜はどこにあるのかというと、大金久海岸から沖合に1.5キロ程いったところに出現します。ただし、百合ヶ浜は時期により現れる場所、現れる時間が変わりますが、運よく上陸することができました!

百合ヶ浜出現時はグラスボートやジェットスキー、バナナボート等様々な手段で上陸することができます。百合ヶ浜へ行く際は事前に発生できる可能性のある日は一年ごとに観光協会のHPに掲載されておりますのでどうしても見たい方は事前に調べていくことをオススメします。

>ヨロン島観光ガイド

image5_14-thumb-700xauto-92613.jpg

image6.jpg

ただ、百合ヶ浜が見れなくても、一見の価値がある素晴らしい海ですので是非一度訪れてみてください。これは分かりにくいですが、グラスボートから見えたウミガメの写真です。

image2_14-thumb-700xauto-92617.jpg

マリンレジャーを満喫した後は大金久海岸近くの味咲(みさき)というかき氷屋さん。 地元でも有名なお店らしく、 海に行った後はかき氷も楽しんでみてはいかがですか。

沖永良部島の訪れてほしい場所

沖永良部島は近年、鍾乳洞の島ということで注目を浴びている島です。 旅の始まりはここから

image19_5-thumb-700xauto-92619.jpg

沖永良部観光協会。ここでは島内の観光情報はもちろん、今回体験はできませんでしたが洞窟探検するケイビング等の情報等も仕入れることができます。

沖永良部観光協会

■住所:鹿児島県大島郡知名町屋者1029-3
■電話番号:0997-84-3540
■ウェブサイト:http://www.okinoerabujima.info/

ケイビングはできませんでしたが日本三大級の昇竜洞にはいけました。

image15_5-thumb-700xauto-92621.jpg

圧巻の景色です。沖永良部島はサンゴ礁が隆起した島として知られ、昇竜洞の他にも200以上の大鍾乳洞群があります。

昇竜洞

■住所:鹿児島県大島郡知名町大字住吉1520
■電話番号:0997-93-4536
■ウェブサイト:http://www.okinoerabujima.info/about/shoryudo/

その他にも訪れて欲しいとこと言えばは奄美10景の一つ田皆岬。さすがの一言とウミガメにも出会えました。運が良ければ出会えるかもです。

image8_13-thumb-700xauto-92623.jpg

image17_5-thumb-700xauto-92625.jpg

田皆岬

■住所:鹿児島県大島郡知名町田皆
■ウェブサイト:http://www.okinoerabujima.info/about/taminamisaki/

最後に

普段なかなか選択肢の上位には上がることは少ない島かもしれませんが鹿児島もしくは那覇から飛行機もしくはフェリーで気軽にいくことができますので行ってみてはいかがでしょう。

プロフィール画像
この記事を書いた人
K
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/26最終更新日:2019/01/26

Views:

鹿児島のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.