たびこふれ

『おんせん県おおいた』で超濃厚な温泉を見つけた!

記事投稿日:2018/12/14最終更新日:2018/12/14

Views:

中尾053-01(トップ画像)※提供画像.jpg
【写真提供:豊後高田市観光協会】

それは大分県豊後高田市にある『海門温泉(うみもんおんせん)』。

「くにさき六郷温泉」のひとつとして極上の温泉が楽しめます。

「日本の夕陽百選」に選ばれている『真玉海岸(またまかいがん)』から車で約5分。

夕陽を見てから立ち寄るのがオススメです。

『絶品の超濃厚な塩化物泉は温泉マニア絶賛の湯。金気を含んだ独特の香りを持つしょっぱいお湯で、成分は"おんせん県"の大分でもトップクラスの濃厚さ! 妖しく褐色に光半透明の湯に、日によって水面にうっすらと油膜が浮く超個性派の温泉で、全国のコアな温泉マニアが絶賛する隠れた名湯です。』

豊後高田市観光協会パンフレットより引用
https://www.showanomachi.com/

外観です。一見すると民家のような建物です。

中尾053-02.JPG

道路側に掲げてある海門温泉の看板。よく見ていないと通り過ぎてしまいます。

駐車場は道路を挟んだ向かい側にあります。ただし、駐車場は数台で満車になるので、注意が必要。目の前の道路も細い生活道路の為、路上駐車は絶対にやめましょう。

中尾053-03.JPG

ガラガラとドアを開け、靴を脱ぎ、下駄箱へ入れ、入って左側に受付があります。

入浴料を払い、右側にあるロッカーへ貴重品を預け、タオルを持って浴室へ。

中尾053-04.JPG

手前右側が男性浴場、奥が女性浴場です。

中尾053-05.JPG

浴室内の画像です。遠目に見ても茶色く濁っているのが分かります。

中尾053-06※.jpg
【写真提供:豊後高田市観光協会】

タイルが茶色くなっているのはかなり濃い温泉だという証明です。

中尾053-07※.jpg
【写真提供:豊後高田市観光協会】

浴場内は撮影できませんので感想をお伝えします。

ちょうど僕が入った時は二人しか入浴されていませんでした。

脱衣所は5人いるときつく感じるくらいの広さ。

洗い場(シャワー)は3箇所。ボディソープ、シャンプー、リンスが完備されています。

内風呂だけで露天風呂はありません。

浴槽も5人くらいでいっぱいになります。

お湯は...。

薄い茶系のにごり湯。舐めると確かにしょっぱいです。

泉温は40℃前後なので熱すぎず、ぬるすぎず、いい感じです。

何よりもじんわり体にしみこむ感じ。

過去に記事にした山形県の百目鬼温泉に似ています。
https://tabicoffret.com/article/73841/

この海門温泉も壁に湯あたりに注意、肌の弱い方は、シャワーで洗い流してくださいと注意書きがあります。

中尾053-08.JPG

風呂上りは休憩所がありますので寛ぐこともできます。

もちろん飲料も販売しています。

さすが温泉マニアが推薦するだけあります。

疲れが吹っ飛びました!

良い湯でした!

中尾053-09.JPG

車で5分の真玉海岸からの夕陽の記事はこちら
https://tabicoffret.com/article/76121/

海門温泉

■住所:大分県豊後高田市真玉1778-8

■営業時間:平日14:00~20:00 土日祝11:00~20:00
■休館日:第2・4木曜
■入浴料:大人350円 子ども180円

豊後高田市の中心部は昭和の雰囲気の町並みが広がります。

豊後高田市観光協会HP:https://www.showanomachi.com/

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/12/14最終更新日:2018/12/14

Views:

この記事に関連する記事

大分のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.