たびこふれ

2018年のKCCファーマーズマーケットはハワイの「おいしい」が大集合!行き方からおすすめまで紹介!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/11/02
最終更新日:2018/11/02

Views:

4ec7220b1c686fdb63561b57edc32349.jpg
<サムネイル写真:yukarinn808>

今ではハワイの土曜日の朝といえば「KCC!」が合言葉といっても過言ではないほど、すっかり有名になってしまったファーマーズマーケット。ところで、KCCってどういう意味かご存知ですか?

それはK=カピオラニ、C=コミュニティ、C=カレッジ。つまりカピオラニ短大で開催されている朝市という意味なのです。

2003年、今から15年前にナロ・ファームのオーナーDean Okimoto、コンプリート・キッチンの創業者Joan Namkoong、そしてカピオラニ・コミュニティ・カレッジのカリナリー・インスティテュートのディレクターConrad Nonakaの3人が始めたこの朝市が、今のように朝から大渋滞が起こるほど大人気イベントになることを、その時誰が想像したでしょうか?

今回は、そんなメイド・イン・ハワイの「おいしい」が大集合したKCCファーマーズマーケットをご紹介します!

目次:クリックで見出しに移動します

KCCファーマーズマーケットへ行く前に知っておきたいこと

2018年のKCCファーマーズマーケット01-マップ.jpg
<写真:yukarinn808>

今ではワイキキトロリーや島内観光ツアー、ハワイ唯一の交通機関のザ・バス、そして最近ではレンタルバイク(自転車)のBIKIでKCCまで気軽に行くことが可能です。

ワイキキトロリー

グリーンラインが毎週土曜日の朝、7:30-11:00にワイキキからKCCファーマーズマーケットへ運行中。

ザ・バス

2番、22番、23番、24番が乗り換え不要で便利です。23番と24番はどちらもワイキキのクヒオ通り、サラトガ通り、カリア通りを走行します。

BIKI

ワイキキの至る場所(ホノルル都心内に100カ所設置)に駐輪スタンドがあるので、簡単に利用可能。30分:3.50USDのシングルライド。30分以上利用した場合は3.50 USDの延長料金が発生し、その後30分毎に3.50 USDが加算されます。

マーケットの開催時間は、朝7:30~11:00。2018年9月現在の出店数は70以上です。野菜や果物の農産物をはじめ、コーヒーやハチミツ、ハワイ島産の新鮮なアワビ、レモネード、ガーリックシュリンプやハンバーガー、ホットドッグ、各種プレートランチ、生花、アサイボウル、クレープなど実にさまざま。ハワイのグルメが勢ぞろい。

行く時はお腹を空かせて行くこと、キャッシュの準備、そして早朝とはいえハワイの日差しは想像よりも強いので帽子や日焼け止め、水分補給も忘れずに!

KCCファーマーズマーケットのなんていっても超定番はコレ!

フライド・グリーン・トマト:8.00USD

2018年のKCCファーマーズマーケット02-行列_censored.jpg
<写真:yukarinn808>

2018年のKCCファーマーズマーケット03-フライドグリーントマト.jpg
<写真:yukarinn808>

朝7時半のオープンと同時にみなさん我先に目的の店へとダッシュします。最初の行列はこちら!パン粉を付けて油で揚げた緑色のトマト。

こんな風に書くと全然おいしそうじゃないでしょ?でもこれが、おいしいんです。まだ熟していない緑色のトマトというのがポイントですね。サクサクで歯ごたえもあって絶妙です!

ペスト・グリル・ピザ:6.50USD

2018年のKCCファーマーズマーケット04-ペストグリルピザ.jpg
<写真:yukarinn808>

ノースショアの農場で育ったトマトをたっぷり使ったペスト(バジルソース)のピザ。フレッシュなバジルもたっぷりトッピングされて、クリスピーなクラストとの相性も抜群です。

ビッグアイランド・アバロニ:Sサイズ2個(8USD)

2018年のKCCファーマーズマーケット05-ビッグアイランドアバロニ.jpg
<写真:yukarinn808>

ハワイ島の海洋深層水で育ったハワイ産のアワビは、小ぶりではあるけれど、柔らかくてうまみがギュっと詰まった極上味。BBQグリルで焼き立て&アツアツは最高なのです。

2018年のKCCファーマーズマーケット05-ビッグアイランドアバロニ2.jpg
<写真:yukarinn808>

ザ・ピッグ&ザ・レディのフォー:12USD

2018年のKCCファーマーズマーケット06-ピッグアンドレディーのフォー.jpg
<写真:yukarinn808>

ファーマーズマーケットに出店するや否や爆発的な人気を獲得し、ダウンタウンにレストランを構え、そのお店も行列ができるほど大人気となった有名ベトナミーズ料理店。レストランで大成功を収めるも、原点となるファーマーズマーケットは今でも出店中です。

ハッピーケーキ:ミニサイズ(8オンス)10USD~

2018年のKCCファーマーズマーケット07-ハッピーケーキ.jpg
<写真:yukarinn808>

ハワイ産のパイナップル、マカダミアナッツ、ココナッツをブレンドして焼きあげたケーキ。ひとくち食べるごとにハワイアン・パラダイスの味が口の中に広がります。ハワイのコーヒーと一緒に食べれば間違いなく幸せ気分になれちゃいますよ。

2018年のKCCファーマーズマーケットで来そうなものはスバリ?

キングコング・ホットドッグ:10USD

2018年のKCCファーマーズマーケット08-キングコングホットドッグ.jpg
<写真:yukarinn808>

ククイ・ソーセージ・カンパニーのグルメ・ソーセージを使ったホットドッグ。ポークやチキンに地元産のフルーツや野菜、特別なスパイスが練りこまれたソーセージは、一度食べれば病みつきになります!

キムチ味を始め、餃子味、スパイシー、チョリソー、イタリアン味などバラエティ豊かな味が楽しめるのも人気の秘密。

ガーリック・シュリンプ・ベイク:8USD

2018年のKCCファーマーズマーケット09-ガーリックシュリンプベイク.jpg
<写真:yukarinn808>

ハワイで「バレ」というベトナミーズ・ファストフードやカフェを展開するラトゥール・ベーカリーの「ガーリック・シュリンプ・ベイク」。

みんな大好きなガーリックシュリンプと、おいしさには定評があるラトゥールのパンが夢のコラボレーション。これは絶対にハマります!

ディープフライ・マッシュルーム・リゾット・ケーキ:8USD

2018年のKCCファーマーズマーケット10-ディープフライマッシュルームリゾットケーキ.jpg
<写真:yukarinn808>

2018年のKCCファーマーズマーケット11-ディープフライマッシュルームリゾットケーキ2.jpg
<写真:yukarinn808>

みんな大好きな揚げ物!収穫したての新鮮なマッシュルームやズッキーニ、そして驚いてしまうのはマッシュルームリゾットのフライ!これは絶対に食べる価値あり。常夏ハワイで出来立てアツアツのフライは絶対にリピートしたくなるおいしさですよ。

やっぱり食べておきたい、ハワイなプレートランチ

2018年のKCCファーマーズマーケット12-プレートランチ.jpg
<写真:yukarinn808>

ハワイに来たのならガッツリどっしり系のプレートランチもお忘れなく!街にあるプレートランチ屋さんでガイドブックに紹介されているB級プレートランチも食べるのもいいけれど、せっかくKCCのファーマーズマーケットにいるのなら、ハワイ産の食材を使いつつ、見た目もおしゃれなプレートランチはいかが?

今やハワイグルメの定番ともいえるガーリックシュリンプやシアード・アヒ(マグロの炙り)・ステーキもぜひ召し上がってみてくださいね!

2018年のKCCファーマーズマーケット13-アサイーボウル.jpg
<写真:yukarinn808>

食後にはひんやり冷たいデザートも。おいしそうなお店が点在するKCCマーケットで、お腹がはちきれるほど食べた後でも、フルーツが盛りだくさんのアサイボウルならかる~く完食です!

いかがでしたか?毎週土曜日の朝に開催される「おいしい」が満載の名物マーケットに、あなたもぜひ朝のお散歩気分で出かけてみては。

基本情報

プロフィール画像
この記事を書いた人
yukarinn808
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/11/02
最終更新日:2018/11/02

Views:

この記事に関連する記事

ハワイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.