たびこふれ

美ら海水族館から車で3分!フクギ並木や備瀬ビーチを徹底レポート!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/09/04
最終更新日:2018/09/04

Views:

沖縄への旅行で人気の観光名所と言えば「沖縄美ら海水族館」ですが、水族館に行くならぜひ寄りたいのが、車を少し北部のほうへ走らせた場所にある「備瀬(びせ)のフクギ並木」。

今回は、日常ではなかなか味わえない神秘的な雰囲気を堪能できるフクギ並木の魅力やレストラン、アクセス方法などをくわしくご紹介していきます!

<目次>

1. フクギ並木とは?

フクギ並木02.jpg

まず、フクギとはオトギリソウ科の植物。このフクギを並べて植えることで「緑の壁」となり、天然の防風林・防潮林としての役割を果たします。台風が多い沖縄の集落を囲むように植栽されているのがこの「備瀬のフクギ並木」です。

奄美群島ではこの緑の壁を、「火事場木」を意味する「クヮジバギ」と呼び、火事による延焼を防ぐとも言われています。並木はまるで緑のトンネルのようで、多くの人が訪れる、沖縄本島の観光名所となっています。

2. フクギ並木には無料の駐車場が完備!

フクギ並木03.jpg

フクギ並木の入口には、無料の駐車場があります。フクギ並木は徒歩や自転車で観光するので、車はこちらに駐車しておきましょう。

車を降りたらネコがお出迎えしてくれました。

フクギ並木04.jpg

3. フクギ並木には案内板がたくさん

フクギ並木05.jpg

フクギ並木には、いたるところに案内板や順路を示す石が置いてあります。観光ルートはひたすら緑のトンネルをたどっていくだけですので、特に迷うことはないのですが、それでも丁寧な案内があると安心ですね。

フクギ並木06.jpg

4. フクギ並木の緑のトンネルは神秘的な雰囲気

フクギ並木07.jpg

フクギ並木に一歩足を踏み入れればそこはもう非日常の世界。緑のトンネルの圧倒的な光景が目に焼きつき、木漏れ日がなんとも言えない癒しを与えてくれます。マイナスイオンのシャワーをいっぱい吸い込めば、身も心も元気になりそうです!

並木道を歩きながら、時々脇道に目をむけると奥には海が。まっすぐ進んでいくのもよいですが、海のほうにちょっとより道してみてもいいでしょう。

フクギ並木08.jpg

5. フクギ並木のパワースポット!夫婦福木(ふくぎ)

フクギ並木09.jpg

並木道の入り口からほどなく、パワースポットである「夫婦福木」を拝むことができます。

夫婦円満や幸せを呼ぶと言われている場所で、なんだか2本のフクギが寄り添っているように見えます。

フクギ並木10.jpg

6. フクギ並木には色とりどりの花々も

こちらの紫色の花のほか、沖縄ではよく見るハイビスカスもいたるところに咲いていました。

フクギ並木11.jpg

フクギ並木12.jpg

また、フクギのほかに立派なガジュマルの木も見られます。点在するパワースポットで自然のエネルギーを感じてみましょう。

7. フクギ並木の先には備瀬ビーチ!

フクギ並木を歩き終わったところにはわかりやすく「終点」と書いてあります。

フクギ並木13.jpg

けれどもここで引き返すのはまだ早い!終点からもう少し先に進んでみてください。

8. 備瀬ビーチではシュノーケルなどのアクティビティが楽しめる!

終点から先に進むと「備瀬崎(びせざき)」と呼ばれる場所があり、ここに「備瀬(びせ)ビーチ」があります。透明度の高い海や伊江島(いえじま)の素晴らしい景色を望むことができますので、ぜひ足をのばしてみてください。

フクギ並木14.jpg

この日は土曜日でしたがそれほど混雑しておらず、シュノーケリングで魚とたわむれたり、美しい風景を楽しんだりと、気軽に夏を満喫するには絶好のスポットです。

フクギ並木15.jpg

今回は台風が近づいていたので雲が多く、海もエメラルドグリーンとは言いづらいですが、それでも透き通った海を見ることができました。

また、シュノーケルの用意がなくても、透きとおった海ではカラフルな熱帯魚がみられます。是非探してみてください!ダイビングなどのマリンスポーツも体験できます。素敵な旅の思い出を作ってください!

海岸線を歩き、車を停めている駐車場まで戻ります。

フクギ並木17.jpg

海岸を歩いていると、ゴツゴツとした岩場から砂浜になっている箇所があるのでそちらを歩いてみました。砂が柔らかくて歩きにくいかもしれませんが、白い砂浜を歩いているだけでも沖縄に来たなという実感がわきます。

フクギ並木18.jpg

途中には桟橋がありました。伊江島と桟橋のコラボレーションがとてもフォトジェニック。インスタ映え抜群の写真を撮ることができそうです!

フクギ並木19.jpg

ここまでくれば駐車場まであと少しです。お疲れ様でした!

9. 備瀬ビーチにはレンタサイクルも!

フクギ並木20.jpg

周辺エリアは歩いて周ることはもちろん、レンタサイクルを利用することも可能。「並木レンタサイクル」では、料金は1回300円ととてもリーズナブルです。

フクギ並木21.jpg

散策中にも自転車で観光を楽しむグループを見かけました。

フクギ並木22.jpg

自転車の数を見ても、多くの人が観光に訪れていることがわかります。

フクギ並木23.jpg

子ども用の自転車もありますので、小さなお子さまがいるご家族でもみんなで楽しむことができますね!歩くのが苦手な方はぜひレンタサイクルを利用してみてください。

フクギ並木26.jpg

自転車でさっそうとフクギ並木を走り抜け、十分癒されたあとは沖縄グルメ「サーターアンダギー」をいただきましょう。

フクギ並木28.jpg

10. 備瀬ビーチに来たら行きたいお店!

備前ビーチに来たら行きたいお店はこちら!

1.コッコ食堂

今回、備瀬のフクギ並木を訪れて散策を始めたのは午前9時ごろ。フクギ並木やビーチの取材を終えたところでさすがにお腹も空いてきたので、「地鶏」が有名なコッコ食堂にやってきました。

フクギ並木29.jpg

フクギ並木の駐車場から歩いても行くことができる距離ですが、暑さとフクギ並木を歩いた疲れと、コッコ食堂に駐車場もあることから車で移動してきました。駐車場は広々としています。

フクギ並木30.jpg

隣には宿泊ができる施設もあるようです。

フクギ並木31.jpg

コッコ食堂は民家のような雰囲気。おばあちゃんの家に遊びにきたような、どこか懐かしい雰囲気がありとても和やかな気分になりました。

フクギ並木32.jpg

お水はセルフサービスです。歩いて火照っていた体を冷やしてくれました。

フクギ並木33.jpg

よく見ると、コッコ食堂のキャラクターが!

フクギ並木34.jpg

お店をはじめた経緯

店内や外観の撮影が一通り終わりゆっくりしていると、奥からオーナーである新垣さんがいらっしゃいました。取材陣が来たということで親切に、自らコッコ食堂を始めた経緯を話してくださいました。

新垣さんは東京の飲食店で料理長として勤務。そのうち自分でニワトリの牧場をはじめたいと思うようになったのだそう。ニワトリを飼うのに適した場所を探すだけでなんと10年もかかったのだとか!(ニワトリは風に弱いのだそうです。)

やっとの思いでこの場所を見つけ、ニワトリを育成することに。美容にいいとされるコラーゲンについての情報も積極的に発信していたのだそうです。

現在は視力低下により牧場の経営から離れていますが、2018年8月からは「琉球家庭料理 風」という店をオープンされる計画も。視力が低下していても、長年の経験により料理の腕は確か!残念ながら、ご本人のお写真は掲載NGでしたが、見るからに人の良さそうな方で、話を聞きながら今度オープンする「風」にも行ってみたくなりました。そんな話も終わる頃、ちょうど注文していた料理がやってきました。

気になるお料理はこちら!

まずはこちら、「地鶏黄金そば」です。

フクギ並木35.jpg
<地鶏黄金そば:850円(税込)>

メニューを見ている時に、「黄金とはどういう意味だろう?」と思っていましたが、一目でその意味がわかりました。麺は沖縄そばと同じで、ふわっとした卵がまさに黄金のようでした。
あっさり系で食べやすく、ぺろりと平らげてしまいました!

そしてお次は「地鶏鶏飯」です。

フクギ並木36.jpg
<地鶏鶏飯:1050円(税込)>

色鮮やかに盛られた一品は食欲をそそります。急須の中には鶏スープが入っており、お茶漬けのようにサラサラといただきました。気がつくとあっという間に二品を完食してしまいました!

2.cafe CAHAYA BULAN(カフェ チャハヤブラン)

フクギ並木37.jpg

食事のあとはやっぱりデザート。絶景を眺めながらくつろげる「カフェ チャハヤブラン」がオススメです。

コッコ食堂からフクギ並木の駐車場に戻ると、カフェチャハヤブランが奥のほうに見えてきます。

こちらののぼりが目印。オシャレな雰囲気で期待大です!

フクギ並木39.jpg

階段を下っていくと店の入り口が見えてきました。

フクギ並木40.jpg

フクギ並木からすぐということもあり、多くの人が順番待ち!諦めて他の店にしようかなと悩みましたが、店内が広いので、待ち時間といっても20分ほどでした。

店内はアジアンテイストな雰囲気。大人数でも座れるテーブルがありましたので、ご家族やグループで行く方も安心です。

フクギ並木41.jpg

ゆったりできるソファー席も。気持ち良くて眠ってしまいそうになりますね。

フクギ並木43.jpg

そして案内された席はテラス席。そこに広がるのはなんとも素晴らしいオーシャンビューでした。

フクギ並木44.jpg

もちろん、こちらから伊江島を見ることもできます。

チャハヤブランでは食事を楽しむことができますが、もちろんカフェのみの利用も可能。今回は食事を済ませてからこちらに伺ったので、ドリンクメインで利用しました。

さて、まずは定番のアイスコーヒーをいただきます。

フクギ並木46.jpg
ブレンドコーヒー(アイス):500円

チャハヤブランのアイスコーヒーは少し濃いめ。深みがありつつも、後味はスッキリです。

チャハヤブランのオリジナルデザートも注文してみました。

フクギ並木47.jpg
チャハヤブランマンジェ(夏季限定):500円+マンゴーソースのトッピングは追加180円

夏の時期限定のチャハヤブランマンジェにマンゴーソースをトッピング。まろやかで冷たく、プルプルとした食感です。濃いココナッツの風味とほどよく酸味のきいたマンゴーソースが絶妙のバランスです。

パインの自家製サワーも試してみました。こちらはパイナップルの味がしっかりとありつつも、しつこくなく爽やかな酸味があり、まるで暑さを吹き飛ばすような爽快感でした。
どちらも沖縄県の特産物を使用し、他ではいただいたことのない味わい。海を眺めながら沖縄らしさを堪能できるとあって、とても贅沢な気分になれます。

ちなみにパインサワーは550円ですが、チャハヤブランマンジェとドリンクを一緒に注文するとセット割引が適用され、100円引きになります。(※全て税抜き価格)

また、食事のメニューは豚の角煮をどんぶりにしたラフテー丼や、沖縄そばをベトナム料理の「フォー」風にアレンジしたアジアンそばなどがありました。海ぶどうのトッピングをすれば沖縄をさらに満喫できます。ぜひ試してみてください。

11. フクギ並木の基本情報

フクギ並木の基本情報は以下の通りです。

  • 駐車場:周辺に無料駐車スペースあり
  • アクセス:那覇から車で2時間程度(許田I.C.からフクギ並木まで車で40分)

プロフィール画像
この記事を書いた人
河本たくろう
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/09/04
最終更新日:2018/09/04

Views:

この記事に関連する記事

沖縄のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.