たびこふれ

名古屋でモーニング!小倉カイザーが食べられるのはここだけ!

記事投稿日:2018/09/29最終更新日:2021/03/31

Views:

目次

名古屋といえば、やっぱりモーニング!

名古屋駅周辺に系列店を三店もつ「KAKO」。今回名駅からいちばん遠い「KAKO BUCYO COFFEE」に行ってきました。改装し、店名も変わりました。外観はこんな感じ。店の外には待合席が10席ほど常備されており、その人気ぶりがうかがえます!

gaikan.jpg

看板娘ならぬ看板息子?部長?

1年ほど前に改装しましたが、こちらの彼は今も健在!いつもあたたかなまなざしで、お客さんを迎えてくれます。この日は午前10時でありながら、すでに30度超えの真夏日。甲羅干し...というか、もう、ね、こんがりいい感じに焼けそうでした。

danna.jpg

朝から山盛り!

お店に入り、山盛りサラダセットを頼みました!飲み物も選べますが、ブレンドコーヒーをセレクト。だってね、2杯めのおかわりが無料なんですもの!ちなみに地元ユーザーはカフェオーレ率が高い印象を受けました。

naikan1.jpg

サラダプレートはたっぷりキャベツに、ウィンナー、ボイルドエッグ(このいびつさが、たまらない)、トマト、きゅうり。

上からの見た目はこんな感じ。まあ、サラダですよね。

saradaset.jpg

はい!横からの見た目はこんな感じ。あの有名な山、チョモランマ級です。ドレッシングは2種類から選べます!この日は「サウザンアイランドを少な目で」とオーダー。

sarada.jpg

ここにきたら、これ食べなきゃ!小倉カイザー

モーニングと言えば、厚切りの小倉トーストが一般的ですが、ここでは自家製カイザーパンに小倉をのせた「小倉カイザー」が名物!KAKO系列店でも食べられるのはここだけ!トーストとはちょっぴり違うカイザーパン特有の歯触り、小麦粉の香りとともに、小倉を味わってください!

ogura.jpg

つぶ感がよく甘さひかえめの小倉。バターはふんわりとしていて、ちょっぴり生クリーム的な油脂を感じます!

口いっぱいに広がる小倉の塩みと、しっかりした粒感、香りを楽しみながらもぐもぐしていると、カイザーの香ばしさと油脂がふわーっと追いかけてきて、その味はかめばかむほど表情がかわっていく感じです。そこに、BUCYO自慢の深煎りでしっかりした男前のコーヒーで追いかける・・・カイザーと香ばしい小倉のマリアージュがたまらない。実に計算つくされているなと考えながらぺろり。朝から、いくつでもいけます!

ogura2.jpg

うーん、ベストバランス!

もはやパンを食べる、というより、小倉を食べるためのパン!この小倉は店主が毎日仕込んでいるんですよ!炭水化物+豆=納豆ごはんのように、小豆の皮で食物繊維も摂れますし、理にかなった一品ですね。

こちらではモーニングのポイントカードもあります!有効期限がないのも、旅人にうれしいポイントです!

ご自宅でもKAKOの味を。

自家焙煎のコーヒー豆は100グラムから買えます♪豆のままor挽いてあるものの2種類から選べます!

また、おいしい飲み方サンプルもいただけました!どれ位の粗さで挽けばよいのかも一目了然!さっそく自宅でも挽いて落として...カフェオーレにもトライしたところ、コーヒーと牛乳、どちらの良さも損なわずに引き立て合うカフェオーレに仕上がり、感動しました!

次回は、店内で飲みたいな。「きっと、氷をいれるタイミング、牛乳などにもこだわっているかもしれない」と勝手に期待がふくらみました。

mame.jpg

コーヒーにトーストがついてくる、お得な朝習慣!早起きは三文の得!とは、まさにこのこと(笑) 

土日は観光客だけでなく、地元のヘビーユーザーからも大人気!満席必須のカフェです!

KAKO BUCYO COFFEE 基本情報

■住所:〒450-0003愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目10−9山善ビル1F
■TEL : 052-582-3780
■営業時間 7:30-17:00(モーニングのラストオーダー 10:30)
■HP:https://www.bucyocoffee.com/

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
れみん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/09/29最終更新日:2021/03/31

Views:

愛知のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.