たびこふれ

【北海道】小樽の夏祭りへ!『おたる潮まつり』と『小樽がらす市』

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/03
最終更新日:2018/08/03

Views:

<目次>

夏の日差しを浴びながら、いざ お祭りへ・・!

北海道小樽市で3日間に亘って開催されていた『おたる潮(うしお)まつり』と『小樽がらす市』。今年(2018年)の開催は7月27日(金)~29日(日)の3日間でした。先日私は最終日である29日、暑い日差しを浴びながらお祭り目当てに小樽へと行ってまいりました。

★潮まつり.jpg

小樽に着いて駅のホームへと降り立つと一気に熱気に包まれ、駅舎から出れば日差しがさんさんと降り注ぐ中、きっと日差しのせいだけではない暑さに参ってしまいそうになりました。それと同時に、お祭り独特の賑やかさに何処かそわそわとした気持ちになりながらも駅前通りをまっすぐゆっくり歩いて行くと・・・?

先ずは『小樽がらす市』へ

駅前通りを歩いていると『旧国鉄手宮線』から涼やかな音と楽しげな声が・・・

がらす市1.jpg

音が聞こえてくる方をのぞいて見ると、『小樽がらす市』が開催されていました。

★がらす市2.jpg

どうやら聞こえてきていた涼しげな音は店先に下げられている風鈴の音だったようです。

『小樽がらす市』では小樽市内の硝子工房を中心に、全国の硝子工房等が展示販売を行っており、風鈴の他にもグラスやお皿、トンボ玉や置物などなどガラスでできた様々なもので溢れていました。そんな素敵なお店の先々を物色しながら進んで行くと、沢山の風鈴が吊るされた風鈴の通り道が見えてきました。

ふうりん通り1.jpg

一つ一つ色も形も音色も異なる風鈴たちの下を通る・・・。なんだか贅沢で素敵な体験です。

★ふうりん通り2.jpg

ふうりん通りの風鈴.jpg

第10回小樽がらす市

  • 開催期間:2018年7月27日(金)~29日(日)
  • 開催時間:27日(金)12:00~21:00 / 28日(土)10:00~21:00 / 29日(日)10:00~20:00
  • 会場:旧国鉄手宮線
  • アクセス:JR小樽駅から港に向かって徒歩5分

『おたる潮まつり』の会場へお神輿とともに!

がらす市を楽しんだ後はいよいよ『おたる潮まつり』の会場へ!すると、そこへお祭りのお神輿がやってまいりました。

神輿1.jpg

★神輿2.jpg

どうやら丁度お神輿の時間だったようです。実はあまり下調べをせずにお祭りに来ていたので、お神輿の時間に行き当たったのは本当に偶然でした。しかしこんな素敵な偶然、逃す手はありません!お神輿の流れと一緒に会場まで行くことにしましょう!

神輿3.jpg

神輿4.jpg

神輿5.jpg

太鼓囃子1.jpg

太鼓囃子2.jpg

やっぱりこういう光景を見ると夏祭りって感じがしてきますね!

会場にはいろいろな出店が

お神輿の後を続き、いよいよ祭りの会場までやってきました。出店がたくさん並んでいるのを見るとワクワクしてきてしまいますね!いったいどんな出店が出ているのか、色々回ってみるとしましょう。

金魚.jpg

先ずはお祭りの定番金魚すくい!実は私金魚すくいが大好きでして、この日も遊びすくい(金魚をすくって遊ぶだけで、すくった金魚は持ち帰らない)で金魚を25匹ほどすくいました!個人記録更新です!

削りいちご.jpg

続きましては削りいちご。会場が暑かったので冷たいものが食べたくて・・・かき氷も捨てがたいのですが、甘い匂いに誘われてしまいました。冷たくてちょっと酸っぱい苺とあま~い練乳・・・たまりませんね!

狐面.jpg

お面屋さんの狐面。お店の人曰く、今日は狐面が人気でよく売れるとの事でした。私もちょっと欲しくなってしまいましたが、浴衣ではなく洋服で来ていたので買うのは我慢しました。もし浴衣で来ていたなら浴衣に合わせて狐面を買ってしまっていたかもしれません。危ない危ない・・・お祭りは誘惑が多くてちょっと大変です。

フルーツ飴(リンゴ飴).jpg

個人的にはこれもお祭りの定番、リンゴ飴!お祭りに行くと必ず買いたくなってしまうんです。もちろん今回も買いましたとも!

チップの囲炉裏焼き.jpg

北海道ならではのこんな出店も。チップの囲炉裏焼きです。

この他にもホタテやジンギスカン。焼き鳥ならもちろん、豚串など北海道ならではの食べ物系統の出店がいっぱいありました。食欲を刺激されるようなものばかりで目移りしそうです。う~んおなか減ってきた・・・。

北海道には『あんず飴』がない?!

今現在札幌在住の私ですが、出身は関東圏でして、お祭りの定番といえば『あんず飴』だったんです。ご存じでしょうか?赤い杏子に水あめを纏わせ最中の上に置いたあの甘ずっぱ~いあれです。

私はあの『あんず飴』が大好きで、お祭りに行った時は必ず買っていたのですが北海道には無いんですよ!北海道に来てから初めてお祭りに行ったときに見つからず、道民の友人に聞いてみたら『知らない。』『リンゴ飴の杏子版?』と言われてしまいました・・・。非常にショックです。なぜ北海道にはあんず飴がないんでしょうね?あれって関東圏だけなんでしょうか?

お祭りの〆はやっぱり花火で!

さて、少々話が逸れてしまいましたがすっかり日も暮れ、お祭りはいよいよ佳境。祭りの〆を飾るのはやっぱり大輪の打ち上げ花火です!

花火1.jpg

花火2.jpg

花火の写真を撮るのは難しいですね、なかなかうまく撮れませんでした。つたない写真で申し訳ないです。

花火3.jpg

花火4.jpg

打ち上げ花火っていいですねぇ。こう、夏だなぁーって感じがします。私の位置からだと木と電線が邪魔だったのが残念でなりませんが・・・いえ、十分楽しめました!すっかりお祭りを満喫して疲れ切ったところにJRの電車待ちの長蛇の列というおまけ付ではありましたが、やっぱりお祭りは楽しいですね。またの機会に別のお祭りにも参加してみようと思います。

おたる潮(うしお)まつり

  • 開催場所:小樽港第3号埠頭基部
  • アクセス:JR「小樽駅」から徒歩12分、JR「南小樽駅」から徒歩22分、JR「南小樽駅」からタクシーで7分
  • 開催期間:2018年7月27日(金)~29日(日)
  • おたる潮まつり公式サイト:http://otaru.ushiomatsuri.net/
プロフィール画像
この記事を書いた人
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/03
最終更新日:2018/08/03

Views:

この記事に関連する記事

北海道のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.