たびこふれ

これぞ日本の夏!「郡上おどり」に行ってきました。

記事投稿日:2018/07/30最終更新日:2019/02/25

Views:

日本三大盆踊りのひとつで400年の歴史を誇る、岐阜県郡上市(ぐじょうし)の「郡上おどり」へ行ってきました。日本の夏風情をたっぷり満喫することができましたので、その魅力についてお伝えします。

目次

<1. 郡上おどりの基本情報>

<2. せっかく行くなら郡上の街歩きも楽しもう!>

<3. 郡上おどり、いよいよ始まります!>

1. 郡上おどりの基本情報

DSC_2312.JPG

1.1 開催日は?

郡上おどりと言えば、お盆の時期に開催される「徹夜おどり」のイメージが強い方も多いと思いますが、毎年7月中旬から9月上旬にわたって30夜以上も開催されております。 徹夜おどり以外の開催日は20時~22時30分くらいまで開催されております。

1.2 会場は?

日によって開催場所が異なり、岐阜県郡上市八幡町内のいろいろな場所で開催されております。また、本日の開催場所は比較的街中にある旧庁舎記念館前でした。

1.3 おどりの種類は?

代表曲と言えるのは「かわさき」「春駒」ですが、それ以外にも「三百」「ヤッチク」「古調かわさき」「げんげんばらばら」「猫の子」「さわぎ」「甚句」「まつさか」の全10曲がございます。 どの曲も郡上節を演奏する囃子(はやし)の一団が乗る屋形を中心に、輪を作り周回しながら踊ります。

2. せっかく行くなら郡上の街歩きも楽しもう!

おどりが始まるまでの時間は街歩きがおすすめです。今回は夕涼みしながら、古い街並みを散策しました。夜になると閉まってしまうお店もありますが、郡上八幡(ぐじょうはちまん)名物の食品サンプルのお店やおしゃれなカフェなどもあります。

DSC_2275.JPG

DSC_2282.JPG

下駄や浴衣が売っているお店もありました。

DSC_2283.JPG

2.1 郡上八幡城下町プラザ

こちらの施設には更衣室がございますので、到着後に浴衣に着替えたい方はおすすめです。お一人様300円で利用できます。

郡上八幡城下町プラザ
■営業時間:8:30~17:00
住所:岐阜県郡上市八幡町殿町69
電話番号:0575-67-2411
駐車料金:520円(夜間は別料金)
HP:http://www.gujohachiman.com/plaza/facility/

DSC_2289.JPG
<郡上八幡城下町プラザ>

2.2 郡上八幡博覧館

郡上八幡の歴史や郡上おどりを学ぶことができるミュージアムです。毎日郡上おどりの実演が開催されておりますので、本番前におどりの予習をされたい方にはおすすめです!

郡上八幡博覧館
■営業時間:9:00~17:00
住所:岐阜県郡上市八幡町殿町50
電話番号:0575-65-3215
入館料:大人520円、小人310円
HP:http://www.gujohachiman.com/haku/

DSC_2295.JPG
<郡上八幡博覧館>

DSC_1383.JPG

2.3 お食事処

新町通りをはじめ街中には食事処がたくさんございます。今回は吉田川沿いにある「新橋亭」でこの地方ならではの飛騨牛朴葉味噌(ほおばみそ)定食を堪能しました。

新橋亭
■営業時間:昼11:00~15:00、夜17:00~20:00
住所:岐阜県郡上市八幡町桜町268-3
電話番号:0575-65-2729
HP:http://sinbasitei.com/

DSC_2281.JPG

DSC_2297.JPG

3. 郡上おどり、いよいよ始まります!

20時前からどこからともかく、人が集まってきます。気が付けば屋形の周りにはたくさんの人だかりが出来ていました。

DSC_2300.JPG

20時になると代表曲の「かわさき」の囃子が始まりました。 肝心のおどりですが、私は直前に簡単に習った程度でしたが、周りの人の見よう見まねでなんとか踊れるようになりました。

おどり参加者の男女の比率は半々くらいで、年配の方も若い方も老若男女が楽しんでいます。盆踊りは女性参加者が多いイメージでしたが、思ったより男性も多かったです。

DSC_2306.JPG

DSC_2308.JPG

その後も「かわさき」「春駒」しか習っていなかった私ですが、他のおどりも楽しむことができました。約1時間くらい休憩もなく、踊り続けました。汗びっしょりです。

DSC_2311.JPG

郡上おどりの魅力は誰もが踊りの輪の中に入ることができ、見よう見まねですぐ踊れるようになることです。観光客も地元の人もひとつ輪になって踊るという楽しさがあります。 残念ながら帰りの時間がありましたので、途中ですが帰路に着くことにしました。決して激しい踊りではありませんが、思ったより疲れました。また、私のように遠方から(私は名古屋から)来ている方は、21時を回ったくらいで帰る人も多いようです。

DSC_2325.JPG

また、より「郡上おどり」の雰囲気を楽しむのであれば浴衣と下駄はおすすめです。今回は始めてということもあり、Tシャツ・短パン・スニーカーで参加しましたが、少し後悔しました(笑) 特におどりながら下駄を鳴らす音は風情を感じます。 次回は浴衣と下駄を用意してお盆の「徹夜おどり」に挑戦してみたいです。ぜひ皆様も400年以上の歴史を持つといわれる日本一のロングランのお祭り「郡上おどり」をぜひお楽しみください。

DSC_2345.JPG

1532308058756.jpg

関連記事

■古い街並みが美しい冬の郡上八幡を散策。食品サンプル作り、飛騨牛、郡上おどりと他にも魅力たっぷりです♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
nogamiii
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/30最終更新日:2019/02/25

Views:

岐阜のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.