たびこふれ

夕日も美しい石垣島の絶景スポット!御神崎灯台

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/14
最終更新日:2018/07/14

Views:

毎日ギラギラの太陽に照らされている石垣島からこんにちは!突然ですがみなさん、南の島に来たら思わず「おお!」と思わず声が出てしまう絶景や、水平線に沈む夕陽、見たいですよね!?

今回は石垣島在住ライターの私が、お気に入りの絶景スポット「御神崎灯台」をご紹介します。石垣市街からも気軽に行ける距離なので、ドライブがてら灯台と絶壁と海が織りなす風景を目指してみてください!

<目次>

御神崎はこんなところ

御神崎は、石垣島の西側に突き出した屋良部半島にある岬です。

御神崎=「うがんざき」もしくは「おがんざき」と読むそうです。

レンタカーなら石垣空港から約45分、離島ターミナル付近からは約35分と、ドライブにちょうどいい距離にあるのが嬉しいところ。どちらの方面から来ても、県道79号線から屋良部半島へ折れると行き交う車も少なくなり、海沿いの景色を眺めながら走れるのが気分爽快です!

201806_1_drive.jpg

「御神崎」の看板が見えたら、矢印に従って急坂を上がって行きましょう。曲がりくねった道の先で、青空と白い雲を背にした真っ白な灯台が出迎えてくれます。建物自体の高さは約17メートルですが、岬の上に立っているので海から見ると約62メートルの高さがあるのだそう。

201806_2_uganzaki.jpg

普段は見上げることしかできない御神崎灯台ですが、11月1日の「灯台記念日」近くの休日には内部が一般公開されることも。ぜひ上ってみたい!という方は、灯台を管理する石垣海上保安部に問い合わせてみてくださいね。

201806_3_toudai.jpg.jpg

ちなみに御神崎は「神が降りてくる聖地」と謡われている場所。駐車場とトイレ、自動販売機があるだけで、土産物屋や食堂はありません。純粋に絶景を体感しに行く場所、海の安全を願う場所(むかし沖合で起きた海難事故の慰霊碑や観音像もあります)、それが御神崎灯台なのです。

御神崎からの景色

では、その絶景を方向別にご紹介しましょう!

1. 絶壁の景色

灯台の下から岸壁を見下ろした風景がこちら。海へと落ち込む荒々しい岩肌と、その谷間に守られるように存在するリーフと青い海!見つめていると吸い込まれてしまいそう。

201806_4_ganpeki.jpg

2. 南側の景色

灯台下には、岬の先端へと延びる小道が続いています。途中から舗装がなくなり、岩がゴツゴツした場所もあるので、歩きやすい靴を履いて行くことをオススメします。

201806_5_komichi.jpg

岬から南側には、緑の丘陵と白い砂浜のビーチが連なっています。海上にはサップを楽しむ人たちの姿も。右手に山のように見えるのは、イリオモテヤマネコで知られる西表島です!高速船で渡っても40分以上かかる離島ですが、御神崎から眺めるとすぐそこにあるように見えます。西表島の左側には、うっすら小浜島の姿も。

201806_6_south.jpg

3. 東側の景色

東側、灯台から真正面の風景がこちら。

201806_7_east.jpg

左手に見えるのが西表島です。沖縄県で本島に次ぐ大きさの島なので、さすがの存在感!西表島の向こう、約270km先は台湾です(さすがに見えません!笑)。晴れていると真っ青な海が眼前に広がって、本当に気持ちの良い眺めです!

201806_8_rock.jpg

ちょっとコワイですが、岬からさらに海に突き出した岩の上に登って写真を撮っている方々もいました。岩のそばまで小道は続いていますが、最後は岩山をよじ登る感じになるので(私は怖くてやめました......)登る方はくれぐれもお気をつけて!

4. 北側の景色

石垣の民話にも登場する「姉の頭石」の向こうに、たくさんの船が白い波の尾をひいて北へ向かって行くのが見えました。そちらの方向には「マンタスクランブル」と呼ばれるマンタの出没スポットがあるので、きっとそこに向かうダイビング船ですね。

201806_9_ships.jpg

夕日スポットとしても話題の「御神崎灯台」

石垣島の西端にある御神崎灯台は、島有数の夕日スポットでもあります。天気の良い日を狙って再び御神崎を訪れてみると、たくさんの人が夕日を待ち構えていました。

201806_10_people.jpg

そして、19:30過ぎ...... 風の無い日で大きな雲が居座っていましたが、ラッキーなことに雲の隙間から見事な夕日を眺めることができました!

201806_11_yuuhi.jpg

太陽が沈んでしばらくした後の、空のグラデーションもずっと眺めていたい美しさ。

201806_12_afteryuuhi.jpg

灯りが点滅し始めた灯台も、とっても写真映えしますよね。

201806_13_toudailight.jpg

御神崎灯台
■住所:沖縄県石垣市字崎枝
■駐車場:17台(無料)
■アクセス: 石垣空港から車で約45分、離島ターミナルから車で約35分
※レンタカーは空港や離島ターミナルでも借りることができます。

そのほか周辺の見どころ

その他のオススメ情報もご紹介しておきましょう!

灯台と春のテッポウユリ

最近は数が少なくなってしまいましたが、春には灯台周辺に野生のテッポユリが咲き誇ります。灯台と一緒に撮影すると、かなりフォトジェニック!風の中にも芳しいユリの香りが漂います。

201806_14_yuri.jpg

海辺でマンゴースイーツ!

灯台から車で約5分ほど道を戻ったところにある「石垣島フルーツランド」は、御神崎への行き帰りに私が必ず立ち寄るマンゴー農家直営のお店です。一番美味しい状態で瞬間冷凍しているというマンゴーを使った生ジュースやジェラート、かき氷などがいただけます!お庭のテラス席で海を眺めながらマンゴースイーツをいただく時間は、かなり幸せです(笑)。

201806_15_mango.jpg

庭には、マンゴーの皮が大好物だというウサギちゃんや、芝生の整備に余念がないヤギさんの姿も。かなり癒されます。 夏季の営業は10:30~18:00(水曜休)だそうなので、ピンクの建物を見かけたらぜひぜひ寄ってみてくださいね!

201806_16_fruitland.jpg

石垣島フルーツランド
住所:沖縄県石垣市崎枝556-43
夏季営業時間:10:30~18:00
定休日:水曜日


いかがでしたか? 石垣島には他にも玉取崎展望台や平久保崎灯台といった展望スポットがありますが、市街地からはだとなかなかの距離があります。短時間で気軽に観光できる御神崎灯台は、あまり時間の無い方にもオススメですよ!大人気スポットの川平湾からも車で15分くらいの距離なので、ぜひ観光プランに組み込んでみてくださいね!

プロフィール画像
この記事を書いた人
楢林見奈子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/14
最終更新日:2018/07/14

Views:

この記事に関連する記事

沖縄のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.