たびこふれ

上海最新観光スポット!世界最大規模のスターバックス・リザーブ・ロースタリー

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/28
最終更新日:2018/07/28

Views:

写真は上海の最新スポット、日本でもお馴染みのカフェ・スターバックスの新業態店舗、リザーブ・ロースタリーをご紹介します。

目次

世界最大規模!上海のスターバックス・リザーブ・ロースタリー

2017年末に開業した上海のスターバックス・リザーブ・ロースタリーの開業は早くから話題を集め、開店直後から多くの来店客で賑わい、一時期は数時間待ちの状態でした。開業から約半年が経った現在、一時期の混雑ぶりはないものの、やはり注目を集めているお店だけあり、筆者が訪れた日は平日だったものの、まだまだ多くの人が来ていました。アメリカシアトルの他、この上海にオープンしたスターバックス・リザーブ・ロースタリー(2018年7月現在)は、シアトル店よりも大きい世界最大規模の店舗を誇ります。

今回はこちらの店舗内部の見どころ、注目メニュー、日本からの観光客にもうれしい情報をご紹介します。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーとスターバックスの違い

「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」の店名の意味ですが、まずは「リザーブ:reserve」とは、スターバックス内のコーヒー豆の格付けで「リザーブ」という、プレミアムクラスのコーヒーのみを提供。「ロースタリー:roastery」とは焙煎所の意味。こちらの店舗の中はカフェに焙煎所が併設されていることが最大の特長です。店舗内で焙煎したてのプレミアムクラスのコーヒー豆で淹れたコーヒーを味わえます。

店内はどんな様子?

店内に足を踏み入れると、焙煎エリアの巨大タンクが目に入ります。中国の店舗らしく漢字が刻印されており圧巻。

焙煎所.jpg

焙煎所だけを見ていると、とてもカフェ内に併設されているとは思えず。焙煎所までおしゃれに見せる演出にしてしまうスターバックスのすごさを感じます。

焙煎所1.jpg

店舗は2階建てになっており、焙煎所は2階にもあります。こちらは焙煎機。大きな音をたててコーヒー豆が焙煎されていきます。

焙煎器.jpg

焙煎されたコーヒー豆は店内天井に張り巡らされたパイプを通っていきます。

天井パイプ.jpg

こちらは店舗1階にあるメインバー。焙煎の工程が終了し、淹れられる状態になったコーヒー豆の一部は下の写真に見える貯蔵タンクに入っていきます。その様子まで全ての工程を店舗内で見ることができる、ユニークな店舗なのです。

店内.jpg

パンやケーキ、お茶が豊富!アルコールも提供

焙煎所の併設の他にも特徴があるスターバックス・リザーブ・ロースタリー。通常店舗では注力していないメニューにも注力しています。

ベーカリーも併設

その一つがパン。イタリアのベーカリー「Princi」と提携しています。先ほどは焙煎所を紹介しましたが、この店舗にはベーカリーも併設されているのです。

パンや.jpg

535152335324853365.jpg

パンコーナー1.jpg

サンドイッチ、パンにケーキ、どれもとても美味しそうですね!

お茶も豊富

こちらの店舗では紅茶などお茶類のメニューも豊富です。コーヒーが苦手な人にもうれしいですね。

お茶2.jpg

アルコールも提供

ビールをはじめとしたアルコール類も提供。この日は梅フレーバーのビールが期間限定で出ていました。

アルコール.jpg

注文は店内スタッフに声をかければOK

一通り店舗をみたところで、注文をしてみましょう。

筆者は店内にいるスタッフに注文場所を尋ねるつもりで声をかけたところ、タブレットを持っており、そのまま注文することができました。聞くと、店内スタッフは注文用タブレットを持参しており、その場で注文できるそうです。

タブレット.jpg

中国語ができなくても安心!日本語可スタッフも在籍

また、各スタッフが名札をつけているのですが、多くのスタッフが「英語可」です。上海市内のスターバックスでは通常店舗でも英語が話せるスタッフが割といるのでその点は驚きませんでしたが、こちらのスターバックス・リザーブ・ロースタリーには日本語可のスタッフも在籍しています。

名札上部に日本語で「日本語ができます」と書いてあるのが目印です。日本語可のスタッフに話を聞いたところ、筆者が訪れた日には1階2階各フロアに1名ずつ日本語可のスタッフがいるとのことでした。

話は注文に戻り・・・

注文商品.jpg

こちらが筆者が注文したスモークスコッチラテ(烟熏司考奇拿铁)とチェリー風味のお酒を少量入れた水出しアイスコーヒー(梅露丝)です。どちらもこちらの店舗では看板メニュー的な存在(スタッフ談)。ラテはほんのりと苦みがありつつ、深みのある味わい、水出しアイスコーヒーはお酒と聞いてびっくりしましたが、風味付け程度でした。筆者は今回水出しアイスコーヒーを初めて飲んだのですが、苦みを感じず柔らかい印象のコーヒーと感じました。

店内には「コーヒー図書館」と名付けられたコーヒーに関する本を集めたコーナーがあり、本を手に取って楽しむこともできますよ。ゆったりしたひとときをお過ごしください。

コーヒー図書館.jpg

お土産も種類豊富

こちらの店内では自宅でコーヒーを楽しむコーヒーカップやコーヒー器具の他、

お土産1.jpg

上海の文字が入ったオリジナルグッズも販売しています。魔都とは上海のことです。

お土産.jpg

もちろん店内焙煎したコーヒー豆も各種販売していますのでお土産にもどうぞ!

■施設名:スターバックス・リザーブ・ロースタリー上海(中国名:星巴克臻选烘焙工坊

・住所:上海市静安区南京西路789号
・アクセス:地下鉄上海地铁2号線、12号線、13号線南京西路駅から徒歩
・営業時間:毎日7:00-23:00
・HP:http://roastery.starbucks.com.cn/

プロフィール画像
この記事を書いた人
阿信&しゃんはいさくら
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/28
最終更新日:2018/07/28

Views:

この記事に関連する記事

中国のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.