たびこふれ

雨の日のニューヨークの過ごし方

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/12
最終更新日:2018/07/12

Views:

日本では、各地で、平年より早い梅雨明け宣言が発表されましたね。ニューヨークに梅雨はありませんが、それでも運悪く雨に遭遇してしまうと、セントラルパークの散策や五番街、ソーホーのショップ巡りなどをせっかく計画していても、諦めるか、傘を差してってことになってしまいますよね。少々の雨ならまだしも、雨脚がきついと出かけるのもはばかられます。そこで、雨の日にお薦めのニューヨークの過ごし方を紹介します。

目次

美術館でゆっくり絵画鑑賞

短い滞在だと、行きたいところがいっぱいあって、美術館で長い時間を過ごすのは、なんだか時間がもったいないような気がしてしまいます。でも、雨だとすっぱり諦めて、美術館でじっくりと絵画鑑賞に時間を費やすことができます。

やっぱり1番のお薦めは、メトロポリタン美術館。他にもホイットニー美術館やグッゲンハイム美術館も有名どころ。ミッドタウンのホテルに泊まっているのなら、徒歩で行ける近代美術館(MOMA)もお薦めです。美術館では絵画鑑賞だけでなく、ショップでお土産を買ったり、併設されたカフェやレストランでランチというのもいいですね。美術にはあまり興味ないという方には、アメリカ自然史博物館や911記念博物館などもあります。

NY1.jpg
© Kate Glicksberg/NYC & Company

デパートやモールで雨に塗れずにショップ巡り

傘をさして買い物バッグを下げて、あっちこっちのショップに行くのはちょっと大変ですね。風や雨脚の強い日などは、傘を差したり閉じたりするだけでも大変。雨でびしょ濡れになってショップに入るのも気が引けます。でも、デパートやモールだと、傘をささずに一カ所で買い物ができてしまうので便利です。

ニューヨーカーに人気のデパートはブルーミングデールズ、そしてバーニーズ、ちょっと高級なサックス・フィフス・アベニューなど色々。デパート以外にも、コロンバスアベニューにあるタイムワーナーセンターはお薦め。人気のショップだけでなく、地下にはホールフーズ・マーケットがあり、上階にはミシュランの星獲得レストランや気軽にグルメサンドイッチが食べられるブション・ベーカリー、コロンバスアベニューを眺めながらお酒が飲めるセンターバー、5階にはジャズクラブもあって、ビルの中だけで昼も夜も長時間楽しめます。

NY2.jpg

ニューヨークに来たらやっぱりミュージカル

「雨が降ったからといって、突然ミュージカルに行くと言ってもチケットが取れないでしょう」と思われる方もtkts(チケッツ)のブースに行けば、当日の売れ残ったチケットが20~50%引きで安く買えます。チケッツのブースは、タイムズスクエアやリンカーンセンター、サウスストリートシーポート、ブルックリンのメトロテックセンター1番地の4カ所にあります。大人気でチケットの入手が中々難しいといった演目以外では、当日、劇場のボックスオフィスで買えることもあります。その場合、関係者用にリザーブしてあった良い席がゲットできたりすることもあります。

NY3.jpg

日本の傘をお忘れなく

ところで、天気予報で、アメリカ滞在中が雨の予想になっていた場合は、折りたたみ傘を持って行きましょう。もちろん、アメリカでも傘は売っていますが、作りが日本製のようにしっかりしていません。ちょっと強い風が吹くとすぐに壊れてしまうことも。アメリカでは、少々の雨なら、傘を差さずに歩いている人が結構います。

日本だと、服についたフードはファッションのためで、あまり実用的に使う人はいませんが、アメリカでは雨の日はフードをかぶるだけで大丈夫という考えの人が多いのに驚きです。「傘いらないの?」と聞くと、「フードがついてるからいらない」と言って、フードを被ってバッグや足元がびしょ濡れになっても平気で雨の中を歩いて行きます。日本人にはちょっと理解できない感覚ですね。

NY4.jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
ナツコ・H
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/12
最終更新日:2018/07/12

Views:

この記事に関連する記事

アメリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.