たびこふれ

イタリア人も大喜び!「パスタが美味しい」ロス郊外オレンジカウンティのレストラン"Mangia Mangia"

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/29
最終更新日:2018/05/29

Views:

目次

アメリカでは美味しいパスタがなかなか見つからない。。。

日本は美味しいパスタ料理屋さんがたくさんあるので、舌が肥えてしまっているのでしょうか。アメリカで食べるパスタ料理は、美味しいものを食べた記憶がありません。アメリカでは、ソースと一緒に煮込んでしまう料理法なのか、ボニョボニョ、グニョグニョが普通の状態でサーブされることが多々あります。ちょっと固めに茹で、コシが保たれたアルデンテのパスタなんて、出会ったことがありません。また、素材の美味しさを生かしたさまざまな種類のソース、どれをとっても、なかなか納得のいくパスタ料理が見つけられませんでした。

でも、イタリア人が経営するお気に入りのお店が一つあります!

そんな中、一つだけお気に入りのイタリアンレストランがあります。ロサンゼルスの中心部よりは少し郊外のオレンジカウンティにあるので、おそらくガイドブックには載ったことがないのでは?でも、少しドライブしてでも、ここは行く価値がありますので、ご紹介しましょう。

イタリアのシチリア島から移民してきたイタリア人ファミリーが経営する、アットホームなレストラン。入店すると、イタリア人らしい人懐っこい笑顔で店員さんが迎えてくれます。オープンからすでに30年以上にもなるそうですが、地元の方でいつ行っても賑わっており、しかもイタリア系の方がお客様に多いところからも、その味が太鼓判を押されているのが一目瞭然です。

何を食べても外れナシ!大人数でのシェアがおすすめ!

今回注文したのは、「スパゲティー・ボロネーゼ」「トマトとバジルとガーリックのエンジェルヘアパスタ」「海鮮トマトパスタ」「マッシュルームと生ハムのクリームパスタ」と「ラザーニャ」。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

メニューにあるものすべて試したことがあるわけではないですが、どれを頼んでも外した試しがありません。中華料理と同じように、少し多めの人数で行き、いろんなものをシェアして試すというのがおすすめです。

最近は日本でもそうだと思いますが、レストランレビューサイトがあるので、そこでのコメントや写真を参考にすると、あまり外すことがありません。今回注文したものも、5品中全て5スターをつけたいほどの味。もちろんアメリカにありがちな茹で過ぎボニョボニョのパスタということはまずありません。

4.JPG

お店の名前は、「Mangia Mangia」。「マンジャ」とは、イタリア語で「食べる」という意味らしいのですが、重なると「さぁ、食べて!食べて!」のように促すときに使われるそう。イタリアの家庭料理が食べたくなったら、アメリカでも食べれますよ。って書いていたら、本当に食べたくなってきました。今日のランチは、ちょっとドライブして、ここに決定かな?

基本情報

店名:Mangia Mangia
住所:16079 Goldenwest Street, Huntington Beach, California

プロフィール画像
この記事を書いた人
SOLO
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/29
最終更新日:2018/05/29

Views:

この記事に関連する記事

アメリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.