たびこふれ

フォトジェニックなキューバの古都、ハバナに次ぐ都市のトリニダーってどんな街?

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/16
最終更新日:2018/05/16

Views:

キューバってハバナ以外になにがあるの?という方必見!!今回は、カリブ海にある島国キューバの古都である「トリニダー(トリニダード/Trinidad)」についてご紹介します。

首都ハバナよりビアスールのバスで約6時間、または乗合のタクシーで約5時間のところにあるトリニダーの旧市街は、サトウキビのプランテーションのあったロス・インヘニオス渓谷と共に世界遺産に登録されております。

1.思わず写真に撮りたくなる!カラフルな街並み

トリニダーの1番の魅力はなんといっても、昔ながらの石畳にカラフルな建物がずらりと並ぶ街並み!ただでさえ時の流れがゆっくりなハバナよりもまた一段とのんびりした街です。街を散策していると、道でギターを弾いて歌っているおじちゃんや、それを聞いて踊っている人々がいて、散歩しているだけでも、普段の大変な日常のことなんか忘れられます(笑)コンパクトな街なので、徒歩でまわれるのも魅力の一つです!

ちなみに、1枚目の写真の風景はキューバの硬貨「0.25CUC」に描かれている場所です。硬貨の絵を頼りに歩いてモデルの場所を探してみるのも楽しいですよ。

image2.png

image3.png

2.トリニダーに来たら、おすすめはホースライディング!

カサ(宿)の人に頼んだらすぐに予約してくれるホースライディングがおすすめ!宿の前まで馬車が迎えに来てくれます。その馬車にのって街の郊外へ行くと馬が待機してくれていて、そこから乗馬がスタートです。(料金:16CUC)

image4.png

山の奥をどんどん進み、時には泥の中、時には小川を突っ切り、ひたすら進むこと約1時間半~2時間(馬の機嫌により時間にはかなり変動があります)、休憩のサトウキビジュース屋さんに到着!目の前でサトウキビを絞ってくれて、レモンとあわせたジュースで意外とサッパリしていてめっちゃおいしいです。

image5.png

さとうきびを飲んで生き返ったらゴールはもうすぐ!!ゴール地点の森の奥の滝壷には、ちょっとしたバー(小屋)もあって、のんびりするも良し!滝壷へ飛び込むも良し!

image6.png

image7.png

参加の際は、水着(着替えるところはないので着ていった方が良いです)、長ズボン(日焼け防止と虫よけに)、汚れてもよい服(泥がめっちゃ跳ねます)は忘れずに!!

3.憧れのカリブ海へ!!

image8.png

トリニダーの中心部から約12キロ地点に「アンコンビーチ」というビーチが広がっています。アクセス方法は、タクシーで行くか、自転車を借りてサイクリングしながら行くかですが、おすすめはもちろん自転車!(タクシーで行くと、ビーチ付近でタクシーは絶対に通らないため、帰るときのために待機してもらう必要があります。)カサの人に頼めばレンタサイクル屋さんを紹介してくれます。私は1日レンタルで3CUCで借りることができました。

こちらのビーチは人も少ないので、ゆったりと波の音を聞きながら、贅沢な時間を過ごすことができます。海の家でドリンクを買ってのんびりしても。

往復25キロ程の長い道のりですが、途中の景色が最高なので一切気になりません!!ビーチへ行く途中の左手に広がる湖では野生のフラミンゴの大群も見ることができるので探してみてくださいね。ただし、この湖近辺には蚊が大量にいるので、虫よけ対策をしっかりしてください。私は帰り道、自転車で通り抜けただけで35か所かまれ大変なことになりました。。。

4.お役立ち情報

① 両替

トリニダーで日本円からCUCに両替をしたい場合、普通の両替屋さんでは日本円の取扱いがなく、両替ができません。私が訪れた際(2017年10月)は中心部にある「Banco financiero internacional」のみ日本円からの両替ができました。

② おすすめカサ(民宿)

小さな町であるトリニダーですが、カサ(民宿)は約200個もあります。その中でも今回私が滞在したおすすめカサをご紹介いたします。

image9.png

■Leonard's house (通称:レオヤミの家)

【料金
・オフシーズン:5CUC
・シーズン中:10CUC

「レオ」と「ヤミ」という夫婦がやっていて、日本人が多いカサとして有名です。おすすめポイントは何と言ってもレオとヤミの人柄!とても優しく面倒見の良いお二人と娘さんが滞在中おすすめスポットを教えてくれたり、いろいろ相談にのってくれます。

朝食、夕食も追加で頼むことができ、キューバで食べた食事の中でレオヤミの家で食べた食事が一番おいしかったです。

image10.png

朝食も夕食もボリュームたっぷりで、朝食を食べたら昼食がいらないくらいなので、コスパもGOOD!朝食で出てくる作り立てのマンゴージュースが美味しくて毎朝の楽しみの一つでもありました。夕食は豚肉、鶏肉、カニ、ロブスター、魚の5種類から選んで伝えておくと、その食材を使った料理を作ってくれます。特にロブスターは絶品なので是非食べてみてください!

image11.png

トリニダーの魅力、感じていただけましたでしょうか?

タイムスリップしたかのような街で歴史を感じ、人々の温かさに触れ、カリブ海でのんびりし、自然を楽しみ、旅の良さを改めて感じることができる・・・そんな場所です。次の長期休暇は是非足を延ばしてみてはいかがでしょうか?!

この記事を読んだ方におすすめ

プロフィール画像
この記事を書いた人
佐藤和
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/16
最終更新日:2018/05/16

Views:

この記事に関連する記事

中南米その他のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.