たびこふれ

【ロシア】世界遺産の美しい町「ヤロスラーヴリ」。

記事投稿日:2018/04/30最終更新日:2018/04/30

Views:

ヤロスラーヴリ(Ярославль)はロシアの都市。

ヤロスラーヴリ(Ярославль)は、ヴォルガ川沿いに位置する河港都市で、11世紀の初め、キエフ大公国のヤロスラフ1世によってつくられた町です。

世界遺産に登録された美しい町。教会がたくさん!

町の歴史地区が2005年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。至る所に教会が点在し、散歩しているだけでも楽しめます。
トップ(1番上)のお写真は「預言者イリヤ教会( Церковь Ильи Пророка)」17世紀に描かれた内部のフレスコ画が有名です。

次にご紹介したいのはこちら。

00111_180401_02.jpg
「スパサ・プリアブラジェーンスキー修道院(Спасо-Преображенский монастырь)」
ヤロスラーヴリでいちばん古い修道院と言われています。

おみやげにおすすめ!おもちゃにもインテリアにも。かわいい「木製パズル」

この美しい町にある「ヤロスラーヴリからの木の民話」社では、子どもたちの想像力を育むような素晴らしい木製パズルやオーナメントを作っています。
00111_180401_03.jpg
日本でも数々の絵本になっている、ロシア民話「おおきなかぶ(Лепка)」の1シーンをモチーフにしたパズル。
おじいさんが一生懸命引っ張っても抜けなかったおおきなおおきなかぶ。おばあさん、孫娘、犬、猫、そして最後はねずみも手伝います...。よいしょ!よいしょ!さて、かぶは抜けたのでしょうか?

重金属を含まない、体に安全な「ネフスカヤ・パリートラ社」の塗料を使用。上に塗るワックスも、ラベンダーとユーカリオイルを配合し、ヨーロッパの安全基準をパスした「ビオファ社」のものを使い、ひとつひとつ丁寧に製作されています。木材は「白樺(菩提樹や松の一種の場合も)」を用い、角は面取りをし、子どもの手にやさしい手触りになっています。お子さまのおもちゃとしてだけでなく、インテリアとしても素敵な作品ですので、ヤロスラーヴリを訪れた時のおみやげとしてもおすすめです。

◎この記事を読んだ方へおすすめ◎

青い建物が多い街・タンボフ
ロシアの生活が感じられる素朴な土人形

プロフィール画像
この記事を書いた人
花井景子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/04/30最終更新日:2018/04/30

Views:

ロシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.