たびこふれ

原始時代にタイムスリップ!ニュージーランドの名もなき野湯!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/01
最終更新日:2018/05/01

Views:

先日友達と話していた時に面白い話を聞いた。
ニュージーランドのロトルアの南に名もなき野湯があるらしい。その友人曰く、その温泉は冷たい川と熱い川の中間にあり、The secret spotと呼ばれたり、橋の下にあるのでThe bridgeと呼ばれたり、Hot and coldと呼ばれたりしている謎のスポットがあると、、、気になる!
ということで行ってきた。

オークランドから車を走らせること約4時間、ワイオタプと呼ばれる地域に差し掛かる。その友人の話によるとワイオタプに行く途中の小さい橋の下をおりて行くとそこにあるらしい。

あった。普通の小さい橋で特に目印しなどはないが、そこら中に車が停まっていたのですぐわかった。車で海水パンツに着替え、タオルを持って降りていく。声が聞こえるが、結構盛り上がっている。ん?意外と有名なスポットなのか?そこには2つの川が交流している部分があり、みんなそこでのんびりと川に浸かっている。童話に出てくる森の中でいろいろな動物達が水浴びしているような、なんだかシュールな光景だ。

写真1.jpg
のんびりと川につかる人たち

なんでも2つの川のうち一つが熱い川、もう一つは冷たい川でその交流している部分はだいたい40度前後で非常に"いい湯"だという。
自分も入ってみる。なんだか変な感じだが、なかなかいい湯だ。あったかい川に浸かるというのも変な感じだ。試しに熱い川の方に行ってみた。

写真2.jpg
熱いっ!

うっ!思ってたより熱い!犬を連れてきているおじさんや若い人たちなどもいて、とてもアットホームな空気が流れている。

写真3.jpg
主人があがるのを待つ犬

周囲の音も鳥の鳴き声と川のせせらぎがゆっくりと流れ、今自分がどこにいるのかわからなくなる。完全なる現実逃避である。ストレスのスの字もないとはまさにこの事である。そしてここはどこかの会社が運営しているわけでも、国が管理している施設でもないため、当然無料である。ニュージーランドではヒッチハイクやバスなどで旅をしているバックパッカーが非常に多いので、無料のここはバックパッカーたちがたくさん来るそうだ。そして、マオリ族が戦闘で傷ついた体を癒していたのも、このような各地に存在する温泉のような場所だったらしい。このような話を聞くと、自分も太古から伝わるマオリ族のパワーに守られたような気持ちになる。しかも無料。なんていいところなんだ、The seacret spot。観光本やlonely planetには当然載っていない完全ローカルなスポット、名もなき野湯、その名もThe bridge。ロトルア周辺に来た際にはぜひこの橋の下に立ち寄ってマオリ族のパワーを感じて欲しい。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kotaro Jonathan Arata
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/05/01
最終更新日:2018/05/01

Views:

この記事に関連する記事

ニュージーランドのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.