たびこふれ

道南の名湯(八雲温泉)に浸かりホッと温まる

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/04/26
最終更新日:2018/04/26

Views:

北海道の温泉といえば登別温泉、定山渓温泉また洞爺湖温泉などが有名ですが、今回紹介するのは、太平洋と日本海二つの海を持つまち八雲町にある八雲(やくも)温泉「おぼこ荘」。

00100_180401_01.jpg

ここは雄鉾(おぼこ)岳の麓に湧く八雲温泉の湯を引く温泉宿。

松前藩時代に温泉が湧きだしたのが始まりといわれており泉質は、よく温まると評判の炭酸水素塩泉。鉄分が多いため、茶褐色で肌ざわりが柔らかく、美人の湯として名高いやわらかいお湯が特徴の温泉宿。

00100_180401_02.jpg

なんといってもここのおすすめは、大露天風呂。川沿いに作られた巨大な露天風呂で、春は新緑、夏は満天の星空、秋は紅葉、冬は真っ白に包まれた雪景色と、四季折々で絶景を眺めながらじっくりと温泉に浸かれるのだ。川の水音と絶景に包まれ、いつまでも入っていられるほど爽快!!

内風呂は、岩造りで風情たっぷり。大きな窓から絶景を眺められるのも魅力。温泉は宿泊せずとも日帰り利用も、午前11時から午後8時まで好きな時間に入れる。また無料休憩所や食事処もあるので、一日のんびり過ごせる。

客室は和室で、6帖、9帖、12帖と広さの異なる部屋を用意。部屋の窓からおぼこ岳が眺められる。ほかにも和洋室や、展望露天風呂付きの客室もある。ちょっと贅沢をしたいなら、展望露天風呂付きの客室がおすすめ。

夕食は、八雲町漁港で水揚げされた新鮮な海の幸のほか、山の幸をていねいに調理した会席料理。夏は、道南名物のイカが登場する。新鮮なイカは内蔵が見えるほど透き通っていて、身が大きくコリコリとした食感を楽しめる。

函館からちょっと足を延ばして行ける八雲温泉。温泉好きにはたまらない泉質で、訪れる価値大だ!

◆八雲温泉「おぼこ荘」

電話:0137-63-3123

住所:八雲町鉛川622

交通:道央自動車道八雲ICから約20分

URL: http://www.h-ffs.com/oboko/

プロフィール画像
この記事を書いた人
ダイスケ@Hokkaido
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/04/26
最終更新日:2018/04/26

Views:

この記事に関連する記事

北海道のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.