たびこふれ

クリスタル・パレスでトライアスロン見学

記事投稿日:2011/09/27最終更新日:2018/03/07

Views:

ロンドンの秋空の下、とあるチャリティ団体主催のトライアスロン・イベントを見に行ってきました。
主催者は、「レオナルド・チェシャー・ディスアビリティ」という障害のある方たちを支援する団体。
会場となったのは、ロンドン南部のクリスタル・パレスで、
こちらの公園内にある国立スポーツ・センターの施設を利用しての開催となりました。
プライバシー保護の関係から、大会の模様自体はあまり写真に収められませんでしたが、
クリスタル・パレスの公園の様子を中心に、ご紹介したいと思います。

UK_1001_01.jpg

クリスタル・パレスの象徴ともいえる電波塔を眺めつつ、危うい空模様の下で大会はスタート。
応援スペースが取れないためだったのか、最初の種目、水泳(400m)は残念ながら、見学不可!
代わりに、オリンピック仕様のメインプールを見に行ってきました。
奥にはちゃんと飛込競技用の飛び込み台もありました。
プールが見下ろせるすぐ上の階では、体操競技の練習をする少女たちの姿が。
同じ建物内にはバスケット・ボールなどの競技が行える体育館はもちろんのこと、
スカッシュのコートやロック・クライミング・ジムなどもあり、
その施設の充実度はさすが、「国立」のスポーツ・センターならでは、です。

UK_1001_02.jpg

水泳が終わると、自転車競技(15km)へ。
ひとりで3種類すべてをこなす人や、3人でチームを組んで各1種目ずつ担当するグループ、
車いすでマラソンのパートを担当する人もいるなど、参加の形はいろいろ。
競技の切り替えの場となっている自転車置き場には、意外とリラックスした空気が流れていました。

UK_1001_03.jpg

自転車置き場の反対側には、サッカー場の向こうにゴールとなるスタジアムが。
サッカーのピッチが幅をきかせているあたり、さすがはイングランドの国立スポーツ・センターです。

UK_1001_04.jpg

最後のマラソン5kmは、公園内を走る素敵なコースとなりました。
雨もパラつき、観客(といっても、まだらでしたが・・・)には肌寒いくらいの陽気でした。

UK_1001_05.jpg

そして最後のフィニッシュ・ラインはスタジアムで。
参加者たちはここでメダルを受け取ると、記録を登録・確認するとともに、
取材班のカメラに応じていました。
解放された観客席の一部では、参加者の家族や友人たち、ボランティアのスタッフなどが、
日光浴を楽しみつつ、のんびりと声援を送っていました。

UK_1001_06.jpg

イギリスでは、この手のチャリティ・イベントは多く、
団体の認知度を上げるだけでなく、関連した募金活動などで効果を上げています。
実際、私の知り合いの中にも、自分の支援するチャリティ団体の活動に参加して、
たとえば、「○月×日のチャリティ・マラソンに出るからよかったら募金してねー!」なんて声をかけてくる人たちが結構たくさんいます。
余談ですが、こちらでは、テレビのクイズ番組に芸能人・有名人が出演する際、
獲得賞金は募金するのがお約束となっています。
自分が支持している団体を紹介し、なぜ支持するのか、
募金がどう使われるのか、などを公言した上で、クイズに挑戦するのです。
イギリスに初めて来たときには、立派だなあ、と思ったものでしたが、
こちらでは、当然でしょ?というスタンスです。
さて、日本のタレントさんたちは、どうなんでしょうね?

プロフィール画像
この記事を書いた人
ハル・リーチ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2011/09/27最終更新日:2018/03/07

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.