たびこふれ

ラスベガス特集①ラスベガスでしか買えない!Ethel Mチョコレート

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2014/02/06
最終更新日:2018/03/01

Views:

ひさびさにラスベガスへ行ってきました。そこで今回と次回は、ラスベガスのお店を紹介したいと思います。

まず今回ご紹介するのはEhel M Chocolates。ラスベガスにしか店舗がないため、ベガスへ行ったら必ず買っています。

今回このブログを書くにあたり初めて知ったのですが、実はこの会社、M&Mやスニッカーズ、ダブ、トウィックスなどの
人気チョコレートブランドを持つ、大手マーズ・グループの一ブランドでした。それだけなら特別なことはないのですが、
1900年代初めに同社を創業したフォレスト・マーズ氏は、そもそも母親のエセル・マーズさんから、チョコレート作りを学んだとか。

そして1981年に会社を子供たちに譲り、引退してネバダ州ヘンダーソンで暮らし始めたフォレスト・マーズ氏が、
母親のレシピどおりのチョコレートを作るために立ち上げたのが、このエセルMなのだそうです。

以前はホテルや店、レストランが立ち並ぶラスベガスのメイン通りストリップや、大手ホテル内にもいくつも店があったのですが、
現在では空港を中心に店舗展開しているようで、私も帰りの飛行機に乗る前に、店に立ち寄りました。

LA_20140201_01.jpg

店内にはさまざまなチョコレートが並んでいて、どれにしようか迷ってしまいます。

LA_20140201_02.jpg

LA_20140201_03.jpg

LA_20140201_04.jpg

正面のガラスケース内には、1個売りのチョコレートがずらり。箱で買わずに、好きなものをひとつずつ選ぶのもお勧め。

LA_20140201_05.jpg

ここのサインにも書いてありますが、エセルMのチョコレートは、ヘンダーソンにある工場で製造されています。
この工場では無料ツアーも提供されており、工場の製造過程が見学できるだけでなく、チョコレートの試食もありますので、
時間と興味のある方はぜひ。私も以前、行ったことがあります。

LA_20140201_06.jpg

そして私が買ったのがこれ。数種類のトリュフの詰め合わせにしました。

LA_20140201_07.jpg

空港には何店舗もありますので、チョコレート好きの方は試してみてください。

http://www.ethelm.com/default.aspx

Ehel M Chocolates

>「ラスベガス特集②女子大興奮?のショー「Chippendales」」はこちらから!

プロフィール画像
この記事を書いた人
岡真由美
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2014/02/06
最終更新日:2018/03/01

Views:

この記事に関連する記事

アメリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.