たびこふれ

昭和30年代の商店街が、廃校となった小学校の中に復活!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/02
最終更新日:2018/03/05

Views:

こんにちは!たびこふれ編集部のシンジーノです。

岩手県花巻に「オトナの秘密アジト」あり!

その"オトナの秘密アジト"は岩手県花巻市で廃校となった花巻市立前田小学校の中にあります。
その名も「昭和の学校」!

CIMG0078.JPG

本当の意味で下駄箱です。

CIMG0080.JPG

入口入ってすぐ右に駄菓子屋があります。実際に買えますよ。

CIMG0079.JPG

ハンドルで絞る洗濯機(右にかごが付いてるやつ)子供の頃、家にもありました。

CIMG0082.JPG

このミゼット、ちゃんと走るそうです。

CIMG0083.JPG

なぜ「昭和の学校」は廃校の中に作られたのか?

その答えは次の白板に書いてあります。

CIMG0091.JPG

こちらが「昭和の学校」校長先生の照井 正勝さんです。

CIMG0081.JPG

この学校は照井校長と女性スタッフの2人だけで運営されています。照井校長は、もともと学校の先生だったわけではなく、若い頃から20種類以上の仕事をされていたそうです。いつの頃からか地元花巻の地域起こしをしたいと思うようになりましたが、資金が少なかった為、空き施設の有効活用を思いたったそうです。この昭和の遺産達は20年以上かけてたったひとりでコツコツと収集してきて、現在10万点が展示されていますが、実際には20万点以上コレクションがあるそうです。開校当初はお客さんや応援者も少なく、運営が苦しい時期もあったそうですが、口コミなどで広まり、繰り返し来校する人たちも増えて最近ようやく軌道に乗ってきたそうです。

では学校の廊下を歩き始めてみましょう。

CIMG0084.JPG

う~ん、なんとも学校っぽいですね。見学順路はこの最初の通路でいつも渋滞が起こるようです。通路の両側に昭和が詰まっています。・・・しかし・・・これも序章に過ぎないことが後でわかります。

CIMG0085.JPG

ここ、ちょっと苦い薬の匂いがするんです。本物の薬が置いてありました(売ってはいません)

CIMG0086.JPG

昭和といえばホーローの看板ですね。

CIMG0093.JPG

量が多くて展示しきれないそうです。(たしかにちょっとごちゃごちゃしてる(笑))

CIMG0094.JPG

昭和30年当時の価格例です。

CIMG0097.JPG

これで終わりか?と思いきや、「昭和の学校」のメインは2階にありました。2階に上がってみましょう。

CIMG0101.JPG

2階には商店街が20軒以上連なっていました。

CIMG0102.JPG

正に「3丁目の夕日」のような世界が広がっていました。

CIMG0103.JPG

CIMG0104.JPG

小路の突きあたりにはラーメン屋が・・・

CIMG0105.JPG

CIMG0106.JPG

カメラ屋さん。これだけでひとつの博物館になりそうです。

CIMG0107.JPG

ブロマイド屋さんです。

CIMG0109.JPG

お茶屋さん

CIMG0110.JPG

割れたガラスをテープで貼ってましたね~。映画黄金期のポスターも。

CIMG0111.JPG

邦画の対面には洋画のポスターも。

CIMG0112.JPG

CIMG0113.JPG

こんなたばこ屋さん、ありましたね~

CIMG0114.JPG

雑貨屋さん。おばあちゃんが出てきそうです。

CIMG0119.JPG

お茶の間とちゃぶ台といえば・・・「巨人の星」ですよね。

CIMG0120.JPG

床屋さん。これを見て横溝正史の金田一耕助シリーズを思い出すのは私だけ・・・?

CIMG0121.JPG

瀬戸物屋さん。

CIMG0124.JPG

これは・・・小間物屋?

CIMG0125.JPG

昔はスーパーなんかなくってこんな雑貨屋さんでなんでも売ってましたね。

CIMG0126.JPG

洋品屋さんです。カンコー学生服、懐かし~い!

CIMG0127.JPG

「つるしの服」って言ってましたね。既製品とか古着の意味ですよね。

CIMG0129.JPG

本屋さんです。こういう本の置き方、されてた、されてた!

CIMG0133.JPG

レコード店です。

CIMG0135.JPG

CIMG0137.JPG

照井校長が「この学校をやっていてよかったなあ」と感じる時は、お客さんが団体で来られて見学中に、2階から笑い声が聞こえることがあるそうです。きっとお友達同士で、あの頃の懐かしい気持ちにもどって笑いが起こるのでしょう。ある時はシニアのお客さんが来られた時、2階のステレオで舟木一夫の「高校三年生」をかけたりすることもあるそうです。そうしたらお客さん全員で大合唱になるそうです。お客さんがこの「昭和の学校」を楽しんでくれている、そう感じる時、「この学校を作ってよかったなあ」としみじみ感じるそうです。

この場所で「高校三年生」かけたそうです。涙ものです。

CIMG0136.JPG

展示物が多くて時間内に見ることが出来ず、一旦は団体ツアーで来て、後日自分だけで訪れるリピーターも増えているようです。また懐かしい昭和というと50代以上というイメージがありますが、20代~30代のお客さまも増えているそうです。

また照井校長は地域がもっと賑やかになるようにと、新たな取組みもされています。それは地元の子供たちが遊ぶことができる「沢」を作っているそうです(それも自腹で)照井校長がひとりで立ち上げたこの「昭和の学校」これからもずっと続いてほしいと思います。私もどっぷりの昭和の空間に浸って豊かでしあわせな時間を過ごすことができました。照井校長、ありがとうございました!

照井校長のメッセージです。

CIMG0100.JPG

CIMG0139.JPG
玄関の自動販売機も昭和の学校ヴァージョンでした。

昭和の学校の公式サイトはコチラ

プロフィール画像
この記事を書いた人
シンジーノ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/02
最終更新日:2018/03/05

Views:

この記事に関連する記事

岩手のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.