たびこふれ

当日予約も可能!「ミラブス」でリマ観光をより楽しく

記事投稿日:2013/04/19最終更新日:2018/03/01

Views:

リマ市内で時折目にする赤いダブルデッカー、それが「Mirabus/ミラブス」です。
リマにおける観光バスの代名詞にもなっているこのミラブスは、
ペルー初の本格的な日帰りツアーバスとして、2005年に登場しました。
リマ新市街と旧市街をぐるりと巡る「Lima de Día (リマの一日ツアー)」や
ライトアップされた美しい街並みを楽しむ「Lima de Noche Iluminada (リマのイルミーネーション・ツアー)」など
ダブルデッカーを使った個性溢れる10コースの他、旧市街の歴史地区をひと回りする観光列車
「Centro Historico de Lima A Todo Tren (リマ歴史地区・みんなの列車)」や
ディスコ仕様の貸切バスで夜の街を駆け抜ける「Mirabus Fiesta/ミラブス・フィエスタ」などが用意されています。
スペイン語だけでなく英語も堪能なプロの観光ガイドが同乗するため、欧米人旅行者にも人気。
当日予約が可能な上に運転手・ガイドともに丁寧で、気持ちよく参加できると評判です。

PE_20130415_01.jpg




新市街観光の中心地「Miraflores/ミラフローレス区」にあるツーリスト・インフォメーション。
ケネディ公園の裏手、ビルヘン・ミラグロッサ教会の横に位置しています。
リマを巡る旅はここから始まります。

PE_20130415_02.jpg





開放的な2階席。もちろんシートベルトも完備されています。
座席は全席指定ですが、参加者が少ない時は自由に移動もできます。
また、1階席もあるので、風の強い日や雨の日も安心。
とはいえ、リマは一年を通して滅多に雨が降らない海岸砂漠性気候。
こうした2階建てバスでの観光がぴったりな街ともいえます。


さて早速バスツアーに参加してみましょう!

PE_20130415_03.jpg




今回参加したのは、「Santuario de Pachacamac (聖地パチャカマック・ツアー)」。
火曜日から日曜日まで、朝10時に出発する4時間ほどのコースです。
ミラフローレス区からバランコ・チョリージョス両区を抜け、アンデス文明を代表する貴重な遺跡へと向かいます。
ちなみに、こちらは100年近い歴史を誇る会員制スポーツクラブ所有のテニスコート。
太平洋を臨むコートで爽やかな汗を流すなんて、リマッ子もなかなかおしゃれですね。

PE_20130415_04.jpg




30分ほど走ったところで、「Pantanos de Villa/パンタノス・デ・ビジャ」が見えてきました。
ここは野鳥や渡り鳥など野生動物のオアシス。
湿地面積は約263ha。遠目ながら、シラサギなどの水鳥を眺めることもできます。

PE_20130415_05.jpg




「El Complejo Arqueológico de Pachacamac (パチャカマック考古学遺跡群)」に到着。
広大な遺跡の中を、バスはガイドの説明に合わせてゆっくりと進みます。
目線が高いと周囲をよく見渡せるし、何より気持ちがいいですね!

PE_20130415_06.jpg




インカ時代に造られた「Templo del Sol (太陽神殿)」。
今も発掘調査が続けられており、遺跡の修復作業をする人たちをあちこちで見かけました。
ここからは、ルリンの街とどこまでも広がる大海原を一望することができます。


この後ツアーバスは、ペルーの近代文化に触れるとても興味深い場所に
私たち観光客を連れて行ってくれたのですが・・・
これはまた次のガイド記事でご紹介しますね。ご期待下さい!

PE_20130415_07.jpg




こちらはミラブス社・社長のエドガー・レアーニョさん。
港町カリャオで潜水艦に乗るツアーや、夜の墓地を訪ねる「リマ版・肝試しツアー」など、
次々と新しいコースを考案しています。
現在は、地中海のマルタ島から輸入した水陸両用バスを改造中だとか。
次の夏にはまた新しいコースでお客様に楽しんで頂きたいと語ってくれました。


「ツアーバスは高いというイメージがあるようですが、そうではありません。
ミラフローレスを周るコースは1時間10ソレス(約360円)、旧市街を周る列車はたったの5ソレス(約180円)です。
一人では遠くてなかなか行けないカリャオやパチャカマック、さらに夜の街もミラブスなら安心して楽しむことができます。
まずはインフォメーションで訪ねてみて下さい。きっとご満足頂けるコースがあるはずです。」


観光客の安全を第一に考え、これまで無事故で運営してきたというエドガーさん。
特にカリャオや墓地のコースでは、地元警察に警備を依頼しているそうです。
こうした気配りは、旅行者にとって何よりのサービスですよね。
日帰り観光バス「ミラブス」をうまく利用して、リマ観光をおもいっきり楽しんで下さいね。


★Mirabus★
チケット売り場 : A ミラフローレス区ケネディ公園の裏手(ツーリストインフォメーションのブースにて販売)
           B アルマス広場、リマ市役所横の小道(観光列車のみ)
チケット販売時間 : A 毎日/9:00~17:00 B 火曜~日曜/2:00~19:30
予約&問い合わせ : AB共通 +51-1-242-6699/476-4213
ツアー開始時間 : コースによるが、「Lima de Dia」が9:30発で一番早い。
※ここでご紹介したコースの他、シェラトンホテルでフォルクローレ・ショーとビュッフェを楽しむものや、
噴水公園で光と音のショーを見学するコースなどもある。
ウェブサイト : http://www.mirabusperu.com



プロフィール画像
この記事を書いた人
原田慶子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2013/04/19最終更新日:2018/03/01

Views:

ペルーのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.