たびこふれ

メキシコのスーパーマーケットって?

記事投稿日:2014/06/29最終更新日:2018/02/28

Views:

スーパーマーケットと言えども、大型店舗、中型店舗、小型店舗(コンビニを含めて)とある訳だ。

大型店は、やはりウオーマート(Walmart)、コメルシアル・メヒカーノ(Comercial Mexicana)、ソリアナ(Soriana)、チェドラウイ(Chedraui)など。

大型店でも、会員制のサムズクラブ(Sams club)、コストコ(Costco)

中型店は、スペラマ(Superama)、スメサ(Sumesa)、ボデガ・アウレラ(Bodega Aurrera)

コンビニなどの小型店 7-イレブン(7-Eleven) オックソ(OXXO)、サークルK(Circulo K)、エクストラ(Extra)など

コンビニについては、また書く機会があるという事で、今回は大型店、中型店について。

スーパーマーケット大型店というのは、大型、どっでかいお店で、なんでも売っている。

食料はもちろん、テイクアウトお惣菜、日用雑貨、衣類、靴、かばん、文房具、おもちゃ、雑誌、道具、薬品、電化製品、家具etc....。

要するに何でもある訳だ。大型スーパーは、大きな駐車場が必ずなければならない。

人々は、たいがい車で来て、一週間分の食料用品などを買ってゆく。その他なんでもある訳だから、なんでもここで間に合うと言えば間に合う訳だ。

MX_20140701_01.JPG

MX_20140701_02.JPG

テイクアウトのお惣菜、秤売り。隣にファーストフードでお惣菜など買って食事のできるコーナーもある。

MX_20140701_03.JPG

観光客が大型スーパーに行く利点とは。メキシコの人々の生活の様子を知れるかも?
メキシコの衣食住。特に食は興味深いと思う。メキシコ独特の珍しい食べ物を見られるし、お土産になるような食べ物、お酒などもゲットできる。

衣は高級品ではない、庶民の衣である。

だが、メキシコ人好みのカラーの衣類などがあって、ちょっと日本の感覚と違ったものに出くわして、意外と面白い買い物ができるかも??

住に関しては、スーパーでは、それほどと言うほどのものはないだろうが。

スーパーは言葉が話せなくっても、店の人にあーだこーだ邪魔される事もなく、自分の見たいものを手にとって、好きに見て歩ける事がいい!

MX_20140701_04.JPG

南国のフルーツなども山積み。量り売りなので、少量でも買えるので、珍しいフルーツ是非買って食べてみよう。

好きな量を袋に入れて、そのままレジに持ってゆくと計かって、会計できる。

MX_20140701_05.JPG

チーズやハム類も種類が沢山あって興味深い。

MX_20140701_06.JPG

肉など。兎に角、何でもパーケージが大きくって、日本の人はびっくりするかも。

大型スーパーへ行くには、時間の余裕があって、社会見学的目的もある人が行くといいと思う。

いろいろ見て回って、買いたい物が見つかったら買おうと言うような。

時間がない人が一つの物を買いたいからという理由で行くには、大きな店内を探し回って時間の無駄をするかも。

食料品などが特に目的の人は中型スーパーがお勧め。

ほとんどの食料は中型スーパーに揃っているし、店もそれほど大きくない訳だから、探し回る無駄が省ける。

お土産になる様な、サルサやテキーラなども勿論、ちょっと変わった唐辛子レモンたっぷりのお菓子などもゲットできて便利。

南国の珍しいフルーツやら、メキシコならではのサボテンやら、品数豊かなチーズやらハムやら、食に関しては十分社会見学ができる。

MX_20140701_07.JPG

テキーラなどお土産にするなら、スーパーで買ったらいいでしょう。

今は手荷物にできませんからスーツケースに丁寧に梱包して入れる。

免税店で買うよりスーパーの方が安いし、アメリカなど経由して行く場合は、免税店で買っても、通過できませんので。

MX_20140701_08.JPG

ビールなど、ホテルで飲もうって買うのもいいです。(ホテルの冷蔵庫のビールは高いし。。)でも、パケージ6個入りです。

MX_20140701_09.JPG

メキシコサルサや唐辛子の缶詰など、種類も豊富で、安いし、いいお土産になるかも?

さて、スーパーへは、大きなカバンやナップサックなどの荷物は店内に持ち込みができない。

荷物預けに預けたり、スーパーによってはロッカーもあるので、ロッカーに入れていく必要がある。

ロッカーはたとえば5ペソコインを入れて鍵を掛け、取り出した時にコインが返ってくる方式の物である。

ただし、荷物を預けるにあたって、預ける荷物には貴重品は入れない!

この大きな荷物を持って入場できないのは博物館などでも同じだから、ナップサックの他に、お財布やらカメラくらいは入る小さめのカバンを持ち歩く事も必要だろう。

MX_20140701_10.JPG

物を買うか買わないかは、見て回ってからであるが、入り口に置いてある買い物カートを持って入るのがいい。

いざ買いたくなって、手に品物を持つのは意外と不便なものである。

MX_20140701_11.JPG

レジでの支払いの仕方は、日本とそれほど違いはない。

ただし、ドルは使えない。ペソの現金かクレジットカードで。

買い物の品物を袋に入れてくれる人がいる。入れてもらったら、数ペソのチップをあげてください。

彼らはスーパーからお給料をもらっている訳ではなく、お客さんのチップが収入である。

MX_20140701_12.JPG

スーパーも結構楽しいところですよ。

最近はメキシコの民芸品などのお土産を買うより、スーパーで、メキシコならではの食料やお酒などをお土産に買う人が多い気がします。

MX_20140701_13.JPG

スナック菓子やメキシコならではの唐辛子、レモン入りお菓子などもいかが?

MX_20140701_14.JPG

日本食、オリエンタルコーナーなどもあります。スシ流行ですからね。

MX_20140701_15.JPG

スナック菓子なども一般にパケージが大きいのですが、レジの近くにはお手ごろサイズがあったりします。

プロフィール画像
この記事を書いた人
サッチー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/06/29最終更新日:2018/02/28

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.