たびこふれ

クジラが見られる!イルカが見られる!感動のハマナスボートツアー

記事投稿日:2012/12/02最終更新日:2018/02/23

Views:

西ケープ州、ケープタウンから車で1時間の場所にあるハマナス。
毎年8月から11月下旬、子育てのためにクジラがこの地方を訪れます。
9月末には、ライブ演奏、マラソン大会などのイベントが楽しめる
クジラフェスティバルも開催され、まさにクジラの街といった感じです。

EA_20121201_01.JPG街中にはこんなクジラのオブジェクトも!

海辺は遊歩道になっており、オシャレなレストランやカフェが並んでいて、
散歩するだけでも気持ちがいいところ。
おいしいシーフードを食べながら、この景色を堪能するのもいいですね。
ここからもクジラは見えるのですが、オススメはボートツアー。
さらに詳しく、より身近にクジラを見ることができるんです!

EA_20121201_02.JPG青い空の下クジラツアーに参加する一行

この時期ツアー毎日は出航しますが、混んでいるので事前に予約するのがベター。
ホテルやインフォメーションセンターでできます。
2時間、大人一人600ランド(約6000円)、飲み物、スナック付。

ただ、酔いやすい人は注意が必要です。
日によって違うそうですが、私が行った時、波は穏やかに見えたものの、
ザッブンザッブン...腰が浮くぐらい揺れました。

EA_20121201_03.JPGボートに乗り込みます。最大乗客数50人の小さなボード。


荒波に耐え沖に出たら、ハシゴで2階へ。
そこもかなり揺れるので、つかまってないと立っていられないぐらい。
落ちるのではないかとドキドキしながらも、必死にクジラを探します。

しばらくすると、「あ、あそこにいるぞ!」とガイドさん。
クジラを探す時は、波の中に見える白い泡を探す、とのことだそうですが、
私には全く見えませんでした。

ボートはそちらの方向へゆっくり移動します。
近くまでくると、確かにクジラのしっぽがちらり。
サザンライトホエールという種類で15メートルほどに成長するそうです。
生存期間は90~100年。

規則で近づける範囲は決まっているので、遠くから観察します。
しっぽが、ちらり。静寂・・・そしてまたしっぽがちらり。
ちょっと遠すぎて写真にも撮るのも難しいぐらい。

これはダメだということで、今度は他のクジラを探します。


そして今度は近くに見える白い泡、あれはクジラでは?と思ったら、
10匹以上はいたでしょうか?イルカの群れです!
イルカたちはまるでボートと遊んでいるかのように、数分間一緒に泳いでくれました。

EA_20121201_04.jpgボートと並走して泳ぐイルカの群れ

イルカたちが去って行った後、今度は2頭、お母さんと子供クジラを発見。
ボートを止め静かに観察します。
すると、今度は子供クジラがこちらに泳いできました!

子供...でも大きい!
生まれた時から5~6メートルとだけあって、近くで見るとすごい迫力です。
無邪気にボートにじゃれる子供クジラは、ボートの周りをグルグル回ります。
それにあわせて、乗客も揺れるボートの上をあっちに行ったり、こっちに行ったり...大慌て。
観察しているのは人間なのか、クジラなのか...という状態でした。

EA_20121201_05.JPGクジラの人間観察?

15分ほど、ボートの周りにいたでしょうか?
子供クジラが潮をふいたり、手やしっぽを振ったりする間、
常に下で子供クジラを見守るお母さんクジラ。
子供への愛は人間も動物も一緒なのですね...。
自然の神秘に大感動のツアー!これは絶対オススメです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
花田由衣
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2012/12/02最終更新日:2018/02/23

Views:

この記事に関連する記事

南アフリカのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.