たびこふれ

1泊2日 函館ご当地グルメを食べまくる

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/02/14
最終更新日:2018/02/14

Views:

こんにちはマコマナーゼ日出子です♪
現在札幌在住の私ですが、実は生まれも育ちも函館なんです!
今回は札幌から1泊2日、家族3人マイカーで函館に行って来ました。
私の愛してやまない函館ご当地グルメを地元目線で紹介致します♪
まずは函館観光の基礎知識から

1.jpg

函館観光の基礎知識

市内観光の移動手段

函館の街は端から端まで車で約30分。レンタカーやマイカーでの移動が便利ですが、コンパクトな街なので市電とバスだけでも主要な観光地には行けますよ♪
市電の一日乗車券、大人600円。通常運賃は210~250円なので、3回以上乗る場合はお得。日付がスクラッチ式。コインなどで乗車年月日を削って、降りるときに運転手に提示します。市電と函館バス共通一日乗車券もあります。こちらは大人1,000円。どちらも車内販売の他、ホテルフロント、市内コンビニでも購入できます。ただし空港連絡バスには利用できませんのでご注意を。

2.jpg

函館の気候

北海道最南端の函館は、比較的穏やかで過ごしやすい地域。夏は30度を超える日は数えるほど、冬も平均マイナス3度ほどで雪も少ない地域です。
ゴールデンウィークには五稜郭公園の桜が満開になり観光シーズンの始まりです。
夏は日中暑くなりますが夜はグッと気温が下がります。上に羽織る物1枚は必ずお持ち下さい。そして冬、外は寒いのですが建物の中は暑いくらいに暖房がきいています。
あまり厚着せず暖かいコートを着ていれば大丈夫!転んだ時のケガ防止になりますので帽子と手袋は忘れずに!

3.jpg

注意点

函館といえば「夜景」ですが、季節によって日没時刻に変動があります。観光や食事時間が左右されるのでご注意を。
特に夏は大忙し。日没は夜7時過ぎ、一旦ホテルに戻って夕食を食べてから見に行きます。添乗員をしていた時に、お風呂に入って浴衣で現れるお客さんがいました。山頂は夏でも気温低め、風邪をひきますからお風呂は戻ってからにしましょうね。
反対に冬の日没は4時過ぎ。夜景を見てからホテルに戻り夕食という流れになるでしょう
[パノラマ夜景.com]という便利なサイトがあります。行きたい日の夜景鑑賞ベストタイムを調べる事ができる他、アクセス情報などお役立ち情報ゲットできますyo! check it out!

函館ご当地グルメをご紹介

お待たせ致しました。今回私が食べたご当地グルメどど〜んと紹介致します♪

パーラーフタバヤのハンバーグ

私が愛してやまない老舗洋食レストラン「パーラーフタバヤ」

4.jpg

昭和時代にタイムスリップ♪

5.jpg

フタバヤといえばなんと言ってもハンバーグ!あま〜いデミソースのハンバーグなんです!その甘さに思わず「あま〜い!」と声が出そうになります。

6.jpg

ハンバーグ 800円
付け合わせの揚げたジャガイモ、ピーマン、目玉焼き、ケチャップ味のマカロニ、これがまた熱々の鉄板でちょっと焦げた感じのあま〜いソースと愛称抜群!ライスは別注文ですが、ライスを頼まずにはいられません。このあま〜いソースがライスに合うんです!
私を育ててくれたフタバヤのハンバーグ。今日も甘かったよ...ありがとう♪

<インフォメーション>
店名:パーラーフタバヤ
住所:函館市美原町1丁目7-1 MEGAドンキー2階
TEL:0138-45-1978
営業時間:10時〜20時半

回転寿司 函太郎(かんたろう)

函館に来たら「函太郎」(かんたろう)!新鮮なネタでレベル高し!
気に入ったのは「イカとガゴメ昆布の軍艦」

7.jpg

函館周辺の限られた海域で主に生育している「ガゴメ昆布」。その驚異的なネバネバとイカがマッチグ〜♪このネバネバが美容と健康に良いそうなのでお土産に買って帰らないと!

8.jpg

市内に何店舗かありますが私のオススメは宇賀浦本店。お店の目の前に津軽海峡が広がる絶景のロケーション。時期になればイカ釣り漁船の漁火が見られますよ♪

<インフォメーション>
店名:函太郎 宇賀浦本店
住所:函館市宇賀浦町14-4
TEL:0138-32-4455
営業時間:11時〜22時

あじさい

函館ラーメンの超有名店「あじさい」!塩ラーメンはあまりにも有名で・す・が〜
私は子供の頃から「あじさい」といえば、あんかけ焼きそばなんです!現在は五稜郭本店のみの提供とのこと。

9.jpg

あんかけ焼きそば880円

10.jpg

麺は細麺ストレート。麺にスパイシーなソースの味がほんのりして、麺の上に野菜などが絡んだ塩味の餡がのっていますが、麺自体にも最初から塩味の餡がからんでいます♪ありそうでない味なんです!一度食べたらファンになること間違いなし!

<インフォメーション>
店名:あじさい 五稜郭本店
住所:函館市五稜郭町29-22
TEL:0138-51-8373
営業時間:11時〜20時15分

ラッキーピエロ

人気ナンバーワンはチャイニーズチキンバーガー。確かに美味しいけど食べづらい!
私のおススメはエビチリバーガー♪

11.jpg

プリプリの海老が4匹入っていますよ♪
故 岸朝子さんも、エビチリバーガーイチオシ「おいしゅうございます」と言ったとか言わなかったとか....
そして飲み物!北海道といえば「ガラナ」

12.jpg

チャイニーズチキンは単品で注文します♪

13.jpg

最近はハンバーガー屋さんというより洋食屋さんといった感じで大変混み合っていますが、朝イチか夜遅くに行けば並ばずに買えますよ。

函館自由市場 「コーヒー マルシェ」

14.jpg

市電「新川町」電停の目の前にある函館自由市場は地元密着型の市場。規模は小さいけど買い物するには十分。
イートインスペースがあり市場で買った刺身、惣菜など座って食べられます♪
そして市場には飲食店も入っていますよ。
海鮮丼やラーメン屋さんなど朝から営業していますが、私のおススメは「コーヒーマルシェ」。
市場で刺身などを買ってきて食べられる喫茶店ですが、海鮮丼や定食などもやっていて1番人気は「銀ダラ定食」1,300円

15.jpg

「自由海鮮丼」好みのネタを伝えればマスターが市場にネタを買いに行くという新鮮さ!オススメの自家製イクラ、ホタテ、ホッキ貝をチョイス♪(時価、今回は2,000円)

16.jpg

なんと豪華な朝食なんでしょう♪ホッケが大きいこと

17.jpg

味も素晴らしいですが、なによりマスターの接客が素晴らしい!
函館に来たらまた会いに行きたくなるような、そんなマスターです♪

<インフォメーション>
施設名:函館自由市場
住所:函館市新川町1-2
営業時間:8時〜17時半(コーヒーマルシェは7時〜16時)
定休日:日曜(市場もコーヒーマルシェも)

焼きだんご 銀月(ぎんげつ)

市電「湯の川温泉駅」から歩いて3分。函館で知らない人はいないでしょう。
一番人気は焼きだんご 1本108円

18.jpg

もっちりとやわ〜らか〜い食感が特徴で醤油・ごま・あんの3種類。私のイチオシは醤油♪日持ちしませんがイートインできますよ。

<インフォメーション>
店名:銀月
住所:函館市湯川町2丁目22-5
TEL:0138-57-6504
営業時間:8時30分〜17時30分
定休日:不定休

リーズナブルで便利なホテル

スーパーホテル函館

函館といえば湯の川温泉。温泉でゆっくりと過ごすのも良いですが、なんせ今回のテーマは食べまくりの旅。素泊まりでリーズナブルなホテルを国内ホテル料金比較サイトで探し予約しました。

19.jpg

「スーパーホテル函館」トリプルルーム大人2名、子供(小学生)1名でなっなっなんと!9,000円♪1人30,00円ですよ!しかもビジネスホテルにもかかわらず温泉大浴場があります!そんなに広くありませんが、あるだけありがたい♪
余談ですが、うちの愛犬「ロンちゃん」のホテル宿泊代 1泊3,800円!人間よりもロンちゃんの宿泊代の方が高いのです( ̄◇ ̄;)

20.jpg

そして、お部屋がおもしろ〜い♪
ダブルベット一台とロフトがあります。息子大喜びでロフトとっぴ〜‼︎
けっして部屋は広くありませんが3人で9,000円ですからno problem♪

<インフォメーション>
ホテル名:スーパーホテル函館
住所:函館市松風町1-10
TEL:0138-22-9000
アクセス:市電「松風町」徒歩2分、函館駅から徒歩8分

お気に入りの場所「函館市熱帯植物園」

21.jpg

湯の川温泉街の一角に「函館市熱帯植物園」があります。毎年12月から5月までサル山では温泉に入るサルの姿が見られます。
サル山には約90匹のサルがいますが温泉好きは7割ほどなんですって♪

22.jpg

23.jpg

気持ち良さそ〜♪

<インフォメーション>
施設名:函館市熱帯植物園
住所:函館市湯川町3丁目1-15
TEL:0138-57-7833
営業時間:4月〜10月 9時30分〜18時、11月〜3月 9時30分〜16時30分
入園料:大人 300円、 小中学生 100円

最後に

今回は1泊2日の旅でしたが主要観光地には行けたし美味しい物もた〜くさん食べられて充分堪能できました。少し足を伸ばして大沼公園に行ってみたいとか、もっとゆっくりじっくりと巡りたいという方は、もう一日あると良いと思います。観光・温泉・グルメ 魅力満載の函館、皆さんも足を運んでみて下さいね♪
プロフィール画像
この記事を書いた人
マコマナーゼ日出子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/02/14
最終更新日:2018/02/14

Views:

この記事に関連する記事

北海道のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.