たびこふれ

実はトルコってオリーブ作りが盛んなんです!11月以降が新作の狙い目!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/02/10
最終更新日:2018/02/10

Views:

トルコはオリーブ作りが盛んです。

エーゲ海と地中海を有していますので、その気候はオリーブにぴったり。

あまり知られていませんが、かなりの量のトルコのオリーブがオリーブオイルで有名な他国に輸出され、それを絞ってその国のオリーブオイルとして売っているところもあります。

自国の生産だけでは足りないそうです。それだけ、トルコのオリーブは質が良いということもあると思います。

オリーブがなくては始まらない

IMG_0285.jpg

オリーブは、トルコには欠かせないモノ。

塩気がきついので、パクパク食べるモノではありませんが、朝食には必ず出てくるモノで、言うなれば、日本の梅干しのような位置付けです。

IMG_1434.jpg

味もクオリティも様々で、私は個人的には緑のモノが好きです。

中に赤ピーマンが詰まっているモノや、チーズを詰めて漬けたものなどもあります。これがワインとよく合うので、お酒のおつまみとしても最高です。こんな風に市場では販売されていて、キロ単位で買います。

そして、オリーブオイルがなくてはトルコ料理ははじまらない!と言われるほど実は大事な食材です。

IMG_3615.JPG

トルコでは、このようなメゼ:前菜(ペルシャ語の軽食というマゼが由来だそうな)が数多くあります。

それらはオリーブオイルで調理されており、冷めてもとても美味しいのです。どれも野菜の甘みとオリーブオイルの風味が最大限に生かされていて美味です。また、オリーブオイル多めで調理されており保存が効くため、どこのレストランでも必ず数多く用意されています。

小皿に並べてお盆でサーブされてきますので、そこから好みのモノを自分でチョイスします。

11月以降が狙い目

IMG_1433.jpg

オリーブオイルといってもピンキリですので、我が家でも日々色々なメーカーを試しています。

お気に入りのお店があったのですが、残念なことに閉店してしまい、現在は市場で買っています。買う時期によっても味が違ったりするのですが、今期一番のお気に入りは、これです。

我が家の地域で毎週開かれる屋内市場に出店しているオリーブ屋さんのコールドプレスのエクストラバージンオイル。目につくように、新モノ!と表示されています。

今期の搾りたてということで、その鮮度も抜群で香りよく、パンと一緒に味見させてくれますので、気に入ってすぐに5リットル買いつけました。エグみもなく、とてもまろやかでした。

このように瓶に入れてくれます。大体11月ごろから、その年収穫されたオリーブがオイルとなり、新作として出回り始めます。スーパーなどはもう少し遅いでしょうが、市場や直売店は早めに販売されるようです。

スーパーのオリーブオイルも悪くはありませんが、やはりこういうところのものの方が風味も断然良いので、ご旅行の際に訪れてみるのも良いと思います。見るだけでもとても面白いですよ。

瓶に入れられているモノ、一斗缶(小さいモノもあり)もありますので、お土産にも良いと思います。

特にトルコの場合は、調理はもちろんですが、サラダやパンにつけて生で食べることも多いので、そのまま食べた時のオリーブオイルの風味はとても重要です。

IMG_1435.jpg

最近は、長生きしたければ地中海式食生活を見習えと言われているほど、オリーブオイルの有効性は証明されています。

トルコにお越しの際は、ぜひ、トルコのオリーブ&オリーブオイルをお試しください!

プロフィール画像
この記事を書いた人
河合亜希子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/02/10
最終更新日:2018/02/10

Views:

この記事に関連する記事

トルコのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.