たびこふれ

行き先は名古屋市内のみ!!ぎゅぎゅっと名古屋2日間

記事投稿日:2017/12/17最終更新日:2017/12/17

Views:

★「行きたくない街1位」の名古屋や真実や如何に?

2016年6月に行われた観光文化交流局の「都市ブランド・イメージ調査」で、「最も行きたくない街」に選ばれたという噂の名古屋へ。
いつも旅先ではとにかくウロウロしたい私ですが、今回は名古屋の魅力をたっぷりと体感すべく、【名古屋市内だけの観光で1泊2日】というテーマで行って参りました!

★まずはここ!大人も子供も楽しい「名古屋港水族館」

名古屋港水族館には、日本の水族館では此処と千葉の2ヶ所しかいないレアな海の生き物が見られます。

171031_ogawa_IMG_0092.jpg

その正体はシャチ!! タレントさんの「知らない世界」を紹介するテレビ番組でも紹介されたことがあるそうで、とても人懐こく可愛らしかったです。登場時にはおじぎもしていました!

また、外さずご覧頂きたいのがマイワシのトルネード。マイワシの群れる習性を利用し、餌のあげ方も工夫することで、このトルネードを創り出すそうです。
フィーディングタイムは開始時間が決まっておりますので事前に要チェック!

171031_ogawa_IMG_0108.jpg

★名古屋といえば「名古屋城」、戦国武将もおもてなし

到着後早速、名古屋おもてなし武将隊と忍者隊の方々がお出迎えしてくれました。
左から忍者隊、足軽さん、徳川家康殿と加藤清正殿です。その他織田信長・豊臣秀吉など名だたる武将も日ごとに出陣されているそう。

171031_ogawa_IMG_0131.jpg

コンクリート造りと囁かれている名古屋城ですが現在、本丸御殿の木造復元工事が行われており、来年2018年に全貌が公開予定となっております!こちらは現在公開されている「対面所」のお部屋で十分煌びやかですが、現在工事中の上洛殿はもっと煌びやかとのこと・・・来年が楽しみですね!

171031_ogawa_IMG_0152.jpg

★名古屋最新のホットスポット「LEGOLAND(R) JAPAN」

2017年4月1日にオープンしたばかりのレゴランド(R)。平日の訪問でしたがファミリーや遠足のお子さんが多くいらっしゃいました!
お子さんも楽しめるアトラクションが色々ありますが、一番テンションがあがってしまったのがこちら・・・

171031_ogawa_IMG_0219.jpg

名古屋、東京、大阪、京都を代表する建築物が総数10,496,352個のレゴ(R)で再現されている「Miniland」!上の写真は名古屋市科学館です。

171031_ogawa_IMG_0224.jpg

こちらは梅田のスカイビル。お隣にご家族がいらっしゃいますが、大きさがお分かり頂けますでしょうか。どれも小さなレゴ(R)ブロックで形造られていて圧巻です。

★名古屋めしを代表する名物「ひつまぶし」

旅先でのグルメは欠かせませんよね、ということで頂いてきました「ひつまぶし」。
1回目はそのまま、2回目は薬味をのせて、3回目はお出汁をかける食べ方で3通り楽しめます。ふっくらした鰻と甘みのあるタレの染みたご飯を味わう、シンプルな1回目の食べ方が一番好みでした。

171031_ogawa_IMG_0237.jpg

(味わうことに夢中で最初の写真のみ・・・)

★「リニア・鉄道館」で超電導リニアの模擬体験も!

埼玉、京都にも鉄道博物館がありますが、愛知の鉄道館はリニアや新幹線に特化しています。
2027年開業予定のリニア中央新幹線に先駆け、超電導リニアの車両展示やミニシアターで時速500kmの世界の模擬体験も行われています。

171031_ogawa_IMG_0183.jpg

そして大人気なのがN700系新幹線、在来線のシミュレータ!!運転体験は人気過ぎて時間帯ごとに抽選制・・・当選者発表時は学校の合否発表並みに人が集まるそうです。

171031_ogawa_IMG_0195.jpg

N700系新幹線、実物大の運転台!モニターにリアルな景色が映し出されます。運転席座ってみたい!!

★1泊2日じゃ足りない!魅力万歳の名古屋

上記の他にも名古屋市内には歴史ある「熱田神宮」、行ってよかった工場見学1位(TripAdvisor)の「トヨタ産業技術記念館」、世界最大級のプラネタリウムで有名な「名古屋市科学館」、国宝の源氏物語絵巻が展示されている「徳川美術館」もあれば名古屋めし「きしめん」、「味噌煮込みうどん」などグルメも盛りだくさんで、今回の旅行では足らないくらい魅力がたくさん詰まっている街でした!
名古屋市内は交通網も発達していて車なしでも移動ラクラクです。次回の旅行に是非、名古屋へ!

プロフィール画像
この記事を書いた人
国内現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/12/17最終更新日:2017/12/17

Views:

愛知のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.