たびこふれ

マレーシアのカフェにあるスペシャルドリンクの名前、ご存知?

記事投稿日:2017/12/20最終更新日:2017/12/20

Views:

カフェでいろいろなドリンクをトライしてみて!

世界他国と同様、マレーシアもカフェブームとあり数々のカフェがオープンしているが、新しいスタイルからチェーンショップ、また、古くからの伝統コーヒーショプ、それをまたモダンバージョンに変化させたコーヒーショップなど、様々なタイプがあるのでカフェ巡りもなかなか興味が尽きない。

マレーシアの日中は気温30度を超える日が多く一年中同じ気候なので、 昼間から太陽を遮ったコーヒー店で、今ではエアコンのきいたカフェで、お茶を片手におしゃべりや商談、デート、勉強、ビジネス事務作業、はたまた面接と、最近では色々な使われ方をしている。

一般人がどんな様子でどんな事を話しているのか、言葉がわかれば耳を済まして観察してみるのもおもしろいかもしれない。

IMG_E2527.JPG


こちらの文化は、 普段にもお茶の時間はランチの他にも軽く取る。会社同士のミーティングやセミナーなどがあると、朝から夕方までの間に食事以外の時間にも数回、お茶の時間を取り入れるのが通常のおもてなしだ。

コーヒーでも紅茶でも、甘いコンデンスミルクをたっぷりと入れて作られ、またミルクがなくても砂糖を大量に入れる。知り合いの家族を見ても、大体のうちは砂糖の摂取量が月に5-7キロほどというから驚いてしまう。

コーヒーショップに入った時、甘いものが苦手な人は「クラン・マニス」(マレー語で「あまり甘くしないでください」という意味)と言って、甘さ控えめで注文することをお勧めする。でも、暑い国だからか、 その甘さが美味しくて、すぐに口が慣れてしまうのは恐ろしい。うだる暑さの中にいると、甘いものは常に身体が欲しているような感じだ。

IMG_E2528.JPG

マイケル・ジャクソンという名のドリンク

そんなマレーシアには、日本人にはあまりなじみのない飲み物が数多く存在する。中でもひと際ユニークなネーミングを持つのが「マイケル・ジャクソン」だ。

これは、白い豆乳の中に、細かく切ったさっぱりとした黒いハーブゼリーが入っている。

マイケル・ジャクソンというドリンク名の由来は、肌の色が黒から白に変化していった、米国人歌手マイケル・ジャクソンを揶揄してつけられたことにあるらしい。本人が亡くなってもドリンク名は残るのだからすごい。

ドリンク内にある黒いハーブゼリーはチンチャウという仙草ゼリーで、マレーシアではなじみ深いゼリーだ。苦くはないが、ほんのり漢方のような味がして、体のほてりを鎮めてくれるらしい。 ハーブドリンクやかき氷にもよく使われる。

地元のスーパーでも普通に売られている。

IMG_E2525.JPG

コーヒーと紅茶を合わせた「チャム」

その他には、コーヒーと紅茶を合体させたチャム。チャムは、エスプレッソのような濃厚マレーシアコーヒーにコンデンスミルクをたっぷり入れて、さらにマレーシア風ミルクティーで割ったもの。とにかくなんでも混ぜてしまうのがマレーシア人で、チャムは通常のコーヒーや紅茶のように、ホットまたはアイスで注文ができる。

コーヒーよりも紅茶の風味が強いのか、思ったよりもあっさりとした後味となっている。

「チャム」というのは、福建語で「混ぜ合わせる」という意味だ。中国南部から渡ってきた中華系マレーシア人の人たちの間から広まったとする説がある 。

別名「マイロ」

次は、ミロ。こちらでは、「マイロ」と呼ばれている。

一家に必ずあるドリンクで、またどこのコーヒーショップでもメニューにあり、コーヒーや紅茶のように注文できる。

さらにミロ好き甘党マレーシア人は「マイロ・ダイナソー(ミロの恐竜)」というミロの粉が山盛りになった巨大なミロを注文する人もいる。何故ダイナソーと言う名前が付いたのか?

IMG_E2524.JPG

これは一説によると、恐竜時代の背景イメージ+の 火山、そして噴火口=丸く円になったグラスの口に噴火塵のように見立ててミロの粉をぱらぱらと上に入れたのでは、といわれている。

水で溶けたミロドリンクと、湯で溶いでないミロの粉末、といっても少々固めのツブツブの食感がダブルで味わえて病み付きになるそうだ。

ここにいたら、普通の甘さでは物足らなくなってくるのだ。何にでもダブルでなくてはならなくなるので要注意!!

プロフィール画像
この記事を書いた人
YasminYoko
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/12/20最終更新日:2017/12/20

Views:

マレーシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.