たびこふれ

北海道・空知(そらち)エリアでおいしいワインと出合う

記事投稿日:2017/11/25最終更新日:2017/12/25

Views:

昨今、国産ワインの人気がじわじわと上昇中。山梨県や長野県など、日本産のワインもある程度の認知度はあったものの、近年は温暖化の影響もあり、ワインに相応しいブドウが栽培できること、そしてフランスやイタリアで修業した若手醸造家が増え、ますます勢いに乗っています。

北海道ワインもそのひとつ。特に空知エリアは、ワイン造りにピッタリな気候と風土を持ちあわせていることもあり、全国的に注目される造り手が魅力的なワインを生み出しています。

広大な北海道、空知エリアと聞いてもパッと理解できる人はかなりのツウでしょう。札幌から車で北上すること約1時間、岩見沢市や三笠市、滝沢市辺りを空知エリアといいます。

00100_171002_011.JPG

このエリアには約8件のワイナリーがあり、ほとんどのワイナリーで、見学や試飲などが楽しめます。また、どこのワイナリーも見晴らしの素晴らしいロケーションにあり、北海道の雄大な風景を眺めることができるのも大きな特徴です。

以前から、いくつかのワイナリーを訪れているのですが、今回、三笠にある「TAKIZAWA WINERY」さんを初訪問。

00100_171002_02.JPG

こちらは、開墾から10年以上をかけて2013年にワイナリーをオープンした比較的若手のワイナリー。特徴は、農薬や肥料を極力使わず、土地自身の力をもってブドウを育てているところ。決して大きなワイナリーではないのですが、アットホームな雰囲気のなか丁寧な対応で、ワインの事をいろいろと教えてくれるので初めて訪れる人にもおすすめです。

00100_171002_03.JPG

00100_171002_04.JPG

00100_171002_05.JPG

今日は、フレッシュなタキザワ・ロゼ、ミネラル感たっぷりの旅路、クリーミーな泡と素朴な果実味のあるナイアガラの3種をテイスティング。540円とリーズナブルに3種のワインを飲み比べできます。

いろんなワイナリーを巡りたいけど、時間がない。。。というときは、空知ワインをはじめ世界のワインが約400種類以上も揃う「空知ワインステーション」へ。岩見沢駅からも近いので、気軽に立ち寄れます。ワインにあう旬の素材をいかした料理もいただけるので、北海道ワインとともにのんびり時間を過ごすのもいいでしょう。

なかには、直売所ナシ、見学不可というワイナリーもあるのでお目当てのワイナリーを訪問する際はHPなどで事前に確認を。

「TAKIZAWA WINERY」

住所:三笠市川内841-24
電話:01267-2-6755
営業時間:4~11月の10~16時
休み:火曜(要確認)
交通:JR峰延駅から車で約15分

「空知ワインステーション」

住所:岩見沢市4条東1-6-1 ホテルサンプラザ1階
電話:0126-25-8825
営業時間:11~22時(日曜・祝日~17時)
休み:無休
交通:JR岩見沢駅から徒歩約10分

プロフィール画像
この記事を書いた人
はなこ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/11/25最終更新日:2017/12/25

Views:

北海道のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.