たびこふれ

観光バスでなくても気楽に観光バス気分を楽しめる市バスルート100!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/11/20
最終更新日:2017/11/20

Views:

観光地に行くと、多くの観光スポットを周る観光バスがあることが多いでしょう。ベルリンにもそうした観光バスがありますが、それを使わなくても、観光バスの様に使える市バスの区間があります。それはバスルート100です。バスルート100を使えば、安く手軽に多くの観光スポットを巡ることできます。

今回はそんなバスルート100の特徴について紹介したいと思います。

201771103.jpg

ベルリンの東と西の中心部を結ぶルート

ベルリン交通局が運行する市バス100系統が結ぶのはベルリンの東の中心部アレキサンダープラッツと、市の西の中心部である動物園駅。共に地下鉄や都市近郊鉄道の発着駅となるターミナル駅です。そんな駅に降り立てば、バスに乗るために乗り換えをすることなく、気軽に利用することができます。そのため、滞在時間が短くても時間を無駄にすることなく観光を楽しむことができるでしょう。

201701101.jpg

20171104.jpg

素晴らしい眺めを楽しむことができる2階建てバス

ルート100で運行されているのは2階建てのバスです。2階の席を利用すれば、ベルリンの市内の眺めを楽しみながら、移動することができます。観光バスは車窓を楽しめるように2階建てとなっているものが多いですが、移動のための交通機関である市バスでも同じ様に、その眺めを楽しみことができるのです。特に2階部分の最前列は、視界を遮るものはなく目の前に広がるベルリンの街並みをたっぷりと眺めることができます。

20171105.jpg

201706.jpg

ルート上にある多くの観光地

ルート100の路線上にあるのはベルリンを代表する観光名所の数々。例えば、テレビ塔、ベルリン大聖堂、博物館島、ブランデンブルク門、国会議事堂、戦勝記念塔、動物園など。いずれの場所にもバスの停留所があるため、気軽に降りて観光を楽しむことができるでしょう。もちろんバスから降りなくても、ただ乗っているだけで多くの観光スポットを車窓から楽しむことができるのです。

20171102.jpg

主要路線のためバスの本数が多い

このバスルートはベルリンの主要路線の一つであるため、本数が多いことも特徴となっています。周辺の道路の混雑状況によって遅れることもありますが、基本的には朝6時から夜12時までの間、およそ5分から20分の間隔で運行しています。そのためバスから降りてお目当ての施設を訪れても、次のバスを待つために多くの時間を費やす必要はなく、無駄なく観光を楽しむことができるのです。

20171108.jpg

観光バスのような魅力を持つ市バス

バスルート100は車窓の眺めが良く、本数も多いため、観光バスとして使うのにぴったり。何より市バスの価格であるため、価格も圧倒的に安く、7ユーロの一日乗車券を買えば、他の市バスの路線や、路面電車、地下鉄、そして近郊鉄道などベルリン交通局の交通機関も利用することができます。もしベルリンに観光に訪れたら、ぜひ手軽に観光を楽しめる市バスルート100を利用してみて下さい。

プロフィール画像
この記事を書いた人
林 清英
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/11/20
最終更新日:2017/11/20

Views:

この記事に関連する記事

ドイツのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.