たびこふれ

上海蟹が丸わかり!旬や値段はもちろん、陽澄湖付近で安く食べたい人から高級カニラーメンまで詳しく紹介します!

記事投稿日:2017/11/01最終更新日:2018/11/07

Views:

とうとう待ちに待ったこの季節がやってきました!

北京と言えば北京ダック、では上海と言えば?それは「上海蟹」でしょう!レストランでは一年を通して食べられますが、上海蟹の旬はちょうどこれからの10~11月です。上海蟹の食べ方が分からない人にも上海蟹を気楽に味わえるお店を紹介します。

目次

上海蟹とは?

中国では「上海蟹」ではなく「大闸蟹(ダージャーシエ)」と呼ばれます。

蘇州近くの陽澄湖(ようちょうこ)で獲れた上海蟹が最も有名で高級ですが、太湖(たいこ)の上海蟹もリーズナブルで美味しいので人気があります。大きさは日本の蟹ほど大きくはなく(10cm程度)、カニの身よりも主にカニみそを楽しむ食べ物です。中国では「九雌十雄(旧暦9月のメス、10月のオス)」と言われ、10月頃には濃厚な黄色の卵が詰まったメスが、11月頃にはねっとりした白子がいっぱいのオスが美味しいとされています。どちらも違った美味しさがあり、私はオスもメスも大好きです。

上海市内のスーパーの上海蟹コーナーの様子

SHA_20171101_01.jpg

大々的に上海蟹の絵が飾られているのが目を引きます。

SHA_20171101_02.jpg

紐で結わえられた状態の蟹がサイズ毎に並んでいて、手前にはカニみその様子が分かるように半分に切った蟹がサンプルで置いてあります。32.8や118という赤い数字は蟹1匹の値段で、小さいものは2两(两=50g。これは2两なので100g)からありました。ここに並んでいる物よりもさらに大きい物が欲しければ、隣の水槽の中から蟹を選んで紐で結わえてもらいます。

上海蟹をどこで食べる?

私は毎年スーパーで購入して自宅で蒸して食べていますが、友達や出張者の方を案内するときはレストランへ行くことが多いです。せっかくこの時期に来られたなら、また初めて上海蟹を食べるという事であれば、やはり上海蟹フルコースをお勧めします。

上海蟹の専門店

SHA_20171101_03.JPG

上海には上海蟹の専門店がいくつもあります。「成隆行蟹王府」王宝和上海餐庁」「新花城蟹粉館」が有名です。日本人に人気があるのは「孔乙己酒家」でしょうか。また日本人オーナーのお店で日本語が通じる「妃香酒館」というところもあります。

お店によって値段は違いますが、大体300元前後(約5,200円/2018年4月現在)から上海蟹のコースがあります。コースメニュー例として、前菜、蒸し上海蟹、カニグラタン、カニみそ豆腐、季節の野菜の炒め物、カニみそ小龍包、カニみそとカニの身のあんかけご飯など。これでもか!というくらいの上海蟹オンパレードですね。

フルコースでなくても今の時期なら蒸した上海蟹を提供しているレストランがたくさんあります。カニを剥いて提供してくれるお店もあります。

上海蟹の養殖場レストラン

安くたくさん食べたい!という方は陽澄湖のほとりにある「巴城という場所へ行くのがおススメ!巴城は上海蟹の名産地で、ここへ行けば上海蟹を養殖しているお店が何軒もずらーっと隣り合っています。オスとメスを1対(いや2対?)と、田舎料理と一緒に食べるのも一つです。

SHA_20171101_12.JPG

店員さんが蟹のカゴに自ら入って蟹を取ってくれます。

SHA_20171101_13-thumb-autox667-26958.jpg

その場で蟹を紐で結わえて、蒸されて出て来ます。

罫線.png

【上海一口メモ】
中国らしさを色濃く残す庶民的な雰囲気の上海。日本からの飛行時間は約3時間30分、時差はマイナス1時間ですので、気軽に行くことができます。上海タワー(上海中心)や上海ヒルズなどの超高層ビル群もあれば、黄浦江を挟んだ向かいにはレトロな洋館が立ち並ぶ外灘(わいたん)エリアもあるなど、上海は見所いっぱいです。格安ツアーから豪華ホテルに泊まるツアーまで、たくさんのプランが用意されています。

<時間と費用>(目安)
●旅行日数:3~5日間
●飛行時間:約3時間30分(羽田~上海)
●ツアー費用:約30,000円~約160,000円

上海はどんなツアーがあるか、まずは探してみてはいかがでしょうか?

>>>上海のツアーを探す(外部サイトへリンクします)
罫線.png

高級!蟹いっぱいのラーメン専門店

今年の我が家は2歳の娘がゆっくり上海蟹を食べさせてくれそうにないので、自分でカニを剥く必要がなく、カニみそいっぱい!カニの身がいっぱいのラーメンを食べに行くことにしました!

SHA_20171101_04.jpg

その名も「蟹家大院」。こちらは4人掛けのテーブルが4つ、2人掛けテーブルが4つほどのお店です。

SHA_20171101_08.jpg

席に座ると甘い生姜茶とピーナッツと一緒にiPadのメニューを持ってきてくれました。

SHA_20171101_05.jpg

メニューは何と2つのみ!

SHA_20171101_09.jpg

蟹肉肉:72元(約1,300円※)と蟹黄金:360元(約6,300円※)です。

※2018年4月現在換算レートにて
※時間帯によって酔蟹(よっぱらい蟹)があるようですが、この時はありませんでした。

この麺を1杯ずつ注文しました。

SHA_20171101_07.jpg
<蟹肉肉>

蟹肉肉の方は5~6匹分の上海蟹の脚の肉をふんだんに使った一品。

SHA_20171101_06.jpg
<蟹黄金>

蟹黄金は6匹のオス、6匹のメスのカニみそと脚の肉を使ったラーメンです。上海蟹12匹分です!確かにこちらは見た目がメスの卵のおかげで黄金に輝いています!

どちらもほのかに甘いスープに具がたっぷり入っており、蟹肉肉は上海蟹の身の味が、蟹黄金の方はカニみその味がしっかり感じられます。細い麺と具がからまってとても美味しいです。(麺の量は100gですが、足りなければ追加できます。黒酢も置いてありました)

この2杯で上海蟹が18匹分ということは、何年分かの上海蟹を一度に食べたことになります。大変貴重な1杯を頂くことができました。

私たちは平日の開店時間と同時に入店しましたが、12時頃にはお店は満席。外で待つ人の他にも雑誌社の方が取材に来ていたり、テイクアウトでラーメンを頼む人が来たりと人気があるお店だという事が分かりました!

SHA_20171101_11-thumb-700xauto-27004.jpg

※ちなみに中国では上海蟹は体を冷やすので、食べる時は生姜茶や紹興酒など体を温める飲み物と合わせます。体を冷やすビールと一緒に頂くのは良くないと言われています。

基本情報

▼蟹家大院(凱旋店)
住所:上海市凱旋路1266号
電話番号:52300008
営業時間:11:00~21:30

▼蟹家大院(外灘バンド店)
住所:上海市广东路59号(外灘三号の近く)
電話番号:69697777
営業時間:11:00~21:30

皆さんも今が旬の上海蟹を食べに、是非上海へ遊びに来てくださいね!

SHA_20171101_10.jpg

罫線.png

【上海一口メモ】
中国らしさを色濃く残す庶民的な雰囲気の上海。日本からの飛行時間は約3時間30分、時差はマイナス1時間ですので、気軽に行くことができます。上海タワー(上海中心)や上海ヒルズなどの超高層ビル群もあれば、黄浦江を挟んだ向かいにはレトロな洋館が立ち並ぶ外灘(わいたん)エリアもあるなど、上海は見所いっぱいです。格安ツアーから豪華ホテルに泊まるツアーまで、たくさんのプランが用意されています。

<時間と費用>(目安)
●旅行日数:3~5日間
●飛行時間:約3時間30分(羽田~上海)
●ツアー費用:約30,000円~約160,000円

上海はどんなツアーがあるか、まずは探してみてはいかがでしょうか?

>>>上海のツアーを探す(外部サイトへリンクします)
罫線.png

プロフィール画像
この記事を書いた人
きさる
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/11/01最終更新日:2018/11/07

Views:

中国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.