たびこふれ

ココがあのシーンに使われた撮影地!映画【関ヶ原】ロケ地巡りへ!♪ ~彦根城編~

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/10/16

Views:


みなさま、こんにちは。

早速ですが、映画【関ヶ原】のロケ地巡り。今回、紹介させていただく撮影地は『彦根城』!

20171011_hikone_01.jpg

国宝として指定されている彦根城は、前回紹介させていただいた天寧寺さま同様、現在、放送中の歴史ドラマで注目を浴びる"井伊家"ゆかりの場所!

(⇒前回のブログはコチラ)

今年の3月18日(土)~12月10日(日)まで彦根城の一帯で【国宝・彦根城築城410年祭】が開催されており、平日のお昼過ぎ、さらに雨模様にも関わらず多くの観光客で賑わっておりました!

さて本題のロケ地についてですが、ここ彦根城では2つのシーンを撮影されたようです。

先ずはコチラ【太鼓門櫓】!

20171011_hikone_02.jpg

映画をご覧になられた皆さま。このアングルで少し思い出していただけましたでしょうか??

20171011_hikone_03.jpg

そうです!関ヶ原の戦い後に石田三成が縄にかけられ、東軍の武将たちに皮肉を浴びせられるシーンです。この場所を大津城の一部に見立てて、撮影されたそうです。

石田三成と小早川秀秋がお互いの心情を伝えあうシーン・・・。実に印象的でした。

三成になりきって撮影をしたかったのですが、ちらほら観光客の方も通られ、恥ずかしさから勇気がでずただ、しゃがんでパチリ!

20171011_hikone_04.jpg

後日、会社の先輩が三成になりきって同じ場所で写真撮影をしていてその写真を見せてもらったのですが、どう考えてもその写真の方が紹介させていただく写真に相応しかったので、やはりこういう時は恥ずかしがらずに、思い切ってなりきってみることが大事だと痛感しました。(※本記事を読んでくださっている皆さま、中途半端な写真で申し訳ございません!)

シリアスなシーンではありましたが、皆さまも現地に行かれた際は是非、三成になりきって撮影をしてみてください!

そして、冒頭でもお伝えさせていただいておりましたが、現在彦根城では【国宝・彦根城築城410年祭】が開催されており、その一環で、城内の天秤櫓では映画「関ヶ原」特別展も開催されておりました。(※特別展は9月18日(月・祝)で終了しております。ご注意くださいませ。)

20171011_hikone_05.jpg

特別展の中では、劇中で登場する東軍(徳川家康・井伊直政)の甲冑や小道具の数々などの展示、映画の予告映像などのコーナーが設けられており、既に映画を観られた方も、これから観られる方もお楽しみいただけるよう工夫されておりました。

20171011_hikone_06.jpg

残念ながら、こちらの特別展は既に終了しておりますが、【国宝・彦根城築城410年祭】期間中はあらゆる場所で映画を問わず彦根城の魅力をお楽しみいただける展示やイベントを行っているようですので、是非お立ち寄りください♪

では、お待たせいたしました!彦根城2つ目の撮影場所はコチラ!

20171011_hikone_07.jpg

・・・。

20171011_hikone_08.jpg

・・・。

こちらは西軍が根拠地とした大垣城に見立てて、石田三成が出陣するシーンを撮られたそうです。

う~ん。どのシーンだったか。。。うっすら覚えてはいるけど...。記憶に残っていない...。といった方も少なくないのではないでしょうか?私もその一人です。。。

それもそのはず、今回の映画「関ヶ原」は非常に動きのある映画、且つ迫力あるシーンが数多くあるため、余程の衝撃があるシーンでないと、1回の鑑賞では全てのシーンを記憶に残すのが少し難しいのではないかと思います。公開終了までに映画館に駆け込める方!是非もう一度、また違った視点から楽しんでみてください♪


そして、みなさま。彦根城を訪れたら、お忘れいただきたくないのが【夢京橋キャッスルロード】!彦根城からすぐの場所にあり、おみやげもの屋さんやお食事処などが軒を連ね観光客で賑わうエリアです!

ちょうどお昼時だったため、1軒のうどん屋さんに入りました。その名も【麺匠 ちゃかぽん】さま。決め手は店頭にて目立っていた"近江肉うどん"の文字!この文字に惹かれて入り、店内でメニューを見ると彦根ならではの魅力的なおうどんが・・・。

私たちが選んだメニューはこちら!一代目(初代藩主) 直政公をイメージした"赤鬼うどん"

20171011_hikone_10.jpg

ピリッと辛い特製のつけだれにつけていただく、釜揚げうどん。付け合わせで出てくる甘辛く煮た近江牛は絶品でした!

続いて、二代目(直政の庶子・二代目藩主)直孝公をイメージした"赤鬼うどん"

20171011_hikone_09.jpg

こちらは、湯がきたての熱々うどんに上等な近江牛のしゃぶ肉をのせ、そのうえから、赤味噌ベースの特製だし汁を注ぎいれいただく贅沢なおうどん。見てください!この"近江牛"の大きさ!素晴らし過ぎます!

そして、見るだけで食欲が掻き立てられる"近江牛にぎり寿司"

20171011_hikone_11.jpg

とろけるようような柔らかさと甘みのある近江肉。。。胃袋が許すかぎり、お召し上がりいただきたい一品です!

さて、いかがでしたでしょうか?今回の目的はロケ地巡りだったため、町歩きもかけ足になってしまいましたが、彦根のまちは1日かけてゆったりお楽しみいただける魅力満載の観光地です!何度行っても飽きない風情ある街並みと歴史がそこには広がっております。

一度訪れたことがある方も、また違った魅力を再発見しに出かけてみませんか?

映画【関ヶ原】ロケ地巡りのお話は次回でラスト!ロケ地と巡りと言っておきながら、ロケ地ではなく、どうしても訪れたかった石田三成のゆかりの地へ行ってまいりました!旅のお話に最後に相応しい、石田三成の人生がスタートした場所です。

お楽しみに!

プロフィール画像
この記事を書いた人
あかり
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/10/16

Views:

この記事に関連する記事

滋賀のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.