たびこふれ

日本人旅行者にもおすすめの雲南料理が北京でも食べられますよ♪

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2017/12/13

Views:

都で、雲南料理をご賞味あれ

せっかく中国に来ても多くの都市を遊べない...そう悩んでしまうあなたにおすすめ。
天下の台所とも言われる都で、地域の食を堪能してみてはいかが?
北京ダックや宮廷料理なども人気ですが、ヘルシーに美味しいものが食べたい時には雲南料理がおすすめです。
北京は北緯40度線が通っていますが、雲南省は北緯20度台とかなり南方に位置します。そのため気候はもちろん採れる食材、味付けもすべてが異なるのです。日本人には比較的好まれる味付けで、外れは少ないと思います。
今回は、有名なチェーン店「雲海肴」にやって来ました!

F27B5EBC-4C26-4852-AF23-F3DA8237185C.jpeg

店内の様子も雲南風。店員さんの服装も、食器もこだわりがあるお店です。隣のお客さんを気にする必要がない間取りなので、落ち着いてゆっくり食べることができます。Wi-Fiも無料です。

雲南で採れる食材をふんだんに使っています

236FC6F6-3FCC-4CE8-8606-8620EDBE08D9.jpeg

日本のポテトサラダとは全く違う食感でした。(9元=約144円)※1元=約16円

お店イチオシ「雲南過橋米線(うんなんかきょうべいせん)」

4206DF97-A4E7-4718-8C84-5BD0BD980CF1.jpeg

トレイに12種類の食材を小皿に分けて食卓まで持って来てくれます。食べられない食材はないか聞かれ、目の前で8時間じっくりことこと煮込んだ白いスープと一緒にしてくれます。栄養豊富で、さっぱりしていました。

BE7F208B-64A8-41B3-84A0-DF4BC49F4038.jpeg

日本ではほとんど見ない、お米でできた麺です。うどんでもそうめんでもなく、なじみはないけど、なんだか素朴なお味でつるっと食べやすい!

31BD0591-1614-4025-B018-034D5AF2CEF7.jpeg

各自取り分けて食べます。食欲をそそるその見た目もよかったです。(46元=約736円)

876F8A3E-EA4F-4F6B-A7F9-CB16DE547567.jpeg

「オリーブオイルで炒めたジャスミンとたまご」です。お花畑のような香りが口に広がります。(42元=約672円)お値段は少々お高め。

デザートもバラエティ豊か

DD19D426-8DA5-4419-8ADA-B320FC5F9F82.jpeg

今回はこちらのパンでもない、餅でもない、面白いデザートを注文しました。初めて口にしたときは、あ!クロワッサンだ!っと感じました。しかし触感はもちもちしており餅にも近いかな、っという印象です。ミルク味でほんのり甘く、食べやすかったです。(2個で10元=約160円)

「牛肝菌」は細菌ではありません。

お店の看板にも堂々と書かれている、「牛肝菌」というキノコも美味しいです。

雲南省に住む人口の3分の1は少数民族で、25もの少数民族がいます。その中でも、彝(イ)族という、少数民族が住んでいる場所でよく採れるそうです。1年の内、採るシーズンは2か月間だけ。夜中に山に入って何時間もキノコたちを探してようやく採集します。人為的な農業ではなく、質素な感じがまたいいんだと思います。炒め物でも煮物でも、いろいろな料理があるので、この文字を見かけた際にはぜひ頼んでみてください☆

<インフォメーション>

・店名:雲南料理『雲海肴』
北京市内に50店舗以上ありますが、今回伺ったのは、東直門にある店舗です。
・住所:東直門外大街48号北京銀座商場B1階です。
・アクセス:地下鉄「東直門」駅のC出口を出てすぐに銀座というデパートがあります。探しやすいです☆
・サイトURL:http://www.yunhaiyao.com/

プロフィール画像
この記事を書いた人
現地記者:A
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/12/13最終更新日:2017/12/13

Views:

中国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.