たびこふれ

南アフリカで楽しむバードウォッチング!ケープシロカツオドリの群生地へ

記事投稿日:2017/10/10最終更新日:2017/10/10

Views:

南アフリカはクルーガー国立公園をはじめ数多くのサファリがあり、さまざまな動物を見て楽しむことが可能ですが、大きな動物だけでなくバードウォッチングを楽しむ人も少なくありません。

今回訪れたのは、ケープタウン国際空港から車で3時間ほどの場所にあるLambert's Bay Bird Island Nature Reserve。名前の通りたくさんの海鳥を見ることのできるスポットです。

港から徒歩で橋を渡り、鳥が群生する島へ向かいます。

EA_171001_01.jpg

橋の横には大きな消波ブロックが塀からはみ出して見えていますが、向こう側は大西洋。波は荒く、時折しぶきがブロックを超えて掛かるほどの勢いのため、ドキドキしながら進みました。

EA_171001_02.jpg

橋を渡りきると穏やかな浜が見えてきます。よく見てみると、浜は鳥たちが食べたムール貝の殻で埋め尽くされていました!日本では見ることのない光景のため、思わず写真を撮ってしまいました。

EA_171001_03.jpg

島はとても小さく、少し歩くとすぐに観察のための展望台に到着。早速登ってみました。

EA_171001_04.jpg

展望台から眼下の光景を見ればこの通り!数え切れないほどのCape Gannet(ケープシロカツオドリ)がいました。

南部アフリカの沿岸部を中心に生息するこの鳥は、南アフリカ3か所、ナミビア3か所にある群生地で主に観察することができるそうです。

EA_171001_05.jpg

今回この場所を訪れたのは9月初頭。南アフリカは春が来たばかりのタイミングです。この時期は求愛の季節で、ペアを見つけ巣を作っている様子を見ることができました。

また、10月以降には卵を見ることができ、その後11月ごろにはヒナが誕生します。このように、時期によって群生地の様子が変化していくのも面白さの1つですね。

EA_171001_06.jpg

加えて、ケープシロカツオドリの奥にはたくさんのアザラシもいました。この地域にはアザラシの群生地も多くあるそうです。

周囲は非常に静かで、ゆっくりと鳥やアザラシを見ることができるので、訪れる際には双眼鏡持参で時間をかけてのんびりと観察するのがオススメです。

EA_171001_07.jpg

周辺は観光地の多いエリアとは言えず到着までも時間がかかりましたが、ゆったりと自然を楽しむには最高の場所でした。また、港界隈にある数件のレストランはどこも賑わっており、バードウォッチングの後は沿岸部ならではの海の幸に舌鼓を打つのも良さそうです。

さらに、車で30分ほどの場所にはVredendalという街があり、ワインの産地としても有名とのこと。少しマイナーだけれど魅力的な南アフリカの観光スポットを楽しむには持ってこいのエリアかもしれません!

プロフィール画像
この記事を書いた人
村上萌
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/10/10最終更新日:2017/10/10

Views:

南アフリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.