たびこふれ

カリビアンブルーの海とマヤ遺跡の奇跡のコラボ!トゥルム遺跡では美しいビーチで海水浴を楽しもう♪

記事投稿日:2017/09/08最終更新日:2017/09/08

Views:

皆さまこんにちは!次の海外旅行の行き先は、やっぱり南国のビーチ?それとも古代のロマンを感じる遺跡観光?どちらか迷った時には、こんな行き先はいかがでしょうか。

トゥルム遺跡

メキシコのユカタン半島を中心に多く広がる古代マヤ文明遺跡。どの遺跡もジャングルのど真ん中にあるイメージですが、他とは違った景観を持つ珍しい遺跡がトゥルム遺跡です。カンクンから南に128kmの場所に位置するトゥルム遺跡は、目の前にはカリビアンブルーの海という絶好のロケーション!白いビーチとグレーの遺跡とのコントラストが、他の遺跡にはない美しい景観を生み出しています。

13世紀から15世紀頃に繁栄したトゥルム遺跡は、マヤ人が居住した最後の都市の一つです。トゥルムという言葉はユカタン語で「フェンス」「壁」を表し、取り囲む壁によりトゥルムの砦を侵入者から守っていました。降臨神を崇拝するための重要な場所であり、約1,500人の住民が生活していたといわれています。

トゥルム遺跡

他のマヤ遺跡と比べて敷地面積は比較的コンパクトで、観光で訪れても1時間ほどですべてを見て回ることができます。また遺跡の中からビーチに降りていくことができ、遺跡の観光後にそのまま海水浴を楽しむこともできます。遺跡は暑い日には35度近くまで気温が上がるので、汗をかいてすぐにカリブ海に飛び込めるなんて至福のひと時!必ず水着も持参してくださいね♪

ビーチと遺跡のコラボという南国ムード漂うトゥルム遺跡は、欧米人から特に人気が高く、メキシコでテオティワカン遺跡とチェチェンイツァ遺跡に次いで、3番目に訪問客が多く訪れる人気の観光スポットとなっています。

トゥルム遺跡

またすぐ近くには、鍾乳洞とつながる神秘的なエメラルドグリーンの泉「グラン・セノーテ」があります。太陽の光が洞窟内に差し込むと、まるでカーテンのように光が水中で輝き、シュノーケリングでは100m先まで透けて見えるほどの透明度です。トゥルム遺跡からは5kmほどの距離にあるので、こちらもセットで訪れるのがおすすめですよ。

プロフィール画像
この記事を書いた人
南まい
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/09/08最終更新日:2017/09/08

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.